« 写真展放浪記 パオロ・ロヴェルシ写真展 | トップページ | 最近読んだ本
"芸術起業論"村上隆 »

2006年6月22日 (木)

ニック・ワプリントンの写真集を購入

Waplington_coverニック・ワプリントン(Nick Waplington)は1965年英国生まれ。1991年にApertureから刊行された初写真集"Living Room"で一躍有名になった。イギリスの労働者階級2家族の日々の生活を自然体で撮影したものだ。被写体たちがカメラの存在を全く意識していないことが印象的だった。リチャード・アベドンが彼の仕事を評価し、写真集のためにエッセーを書いたことで注目された。現在は、レア・フォトブック扱いで古書市場ではかなり高価になっている。

今回久しぶりにワプリントンの新刊"You Love Life"を購入した。彼にとって8冊目の写真集だそうだ。 タイトルの"You Love Life"は、"You love life as much as we love death"というセンテンスから引用されているとのこと。これは、2003年のスペイン列車爆破事件に際して、アルカイダ側の目的に共感する人がウェブサイト上で行った発言だ。後日、この文章を米国大統領が、"You choose life while we choose death"のように読み替えて解釈されたということだ。
ワプリントンは、似ているようだが、様々な解釈が可能なこの二つの文章が頭から離れなかったそうだ。このことがきっかけで本書の制作を思いついたとのことだ。
約20年間の自分の人生と選択を振り返り、非常にプライベートな写真をセレクションすることで上記二つの文章の意味を自分なりに解釈したのがこの写真集なのだ。
ややコンセプチャルだが、欧米作家は時代のインサイダーであろうという強い姿勢を持っている。しかし、政治的なメッセージと個人のプライベート・ショットとをうまくかみ合わせて表現するのは非常に難しい作業なのだと思う。

ハードカバー、カラー78点が収録、限定1000部で入手した本は作家のサイン入りだった。

|

« 写真展放浪記 パオロ・ロヴェルシ写真展 | トップページ | 最近読んだ本
"芸術起業論"村上隆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170909/10632049

この記事へのトラックバック一覧です: ニック・ワプリントンの写真集を購入:

« 写真展放浪記 パオロ・ロヴェルシ写真展 | トップページ | 最近読んだ本
"芸術起業論"村上隆 »