« 「フラワー・パワー」参加作家の解説
斎門富士男 理想郷(アルカディア)を求めて
| トップページ | 気をつけろ!
「惨めなオヤジ」に見えるギャラリスト »

2007年12月11日 (火)

「フラワー・パワー」参加作家の解説
テリ・ワイフェンバッハ・見る人の心が映る写真

Gallery_exh_075_5
©Terri Weifenbach/RAM

「Flower Power」展の案内状に使われている、赤いチューリップが咲き乱れているイメージを撮影したのがテリ・ワイフェンバッハだ。
私の記憶が定かなら、彼女の作品が日本で展示されるのは、たぶん90年代後半に当時表参道にあったバーソウ・フォト・ギャラリーで開催された「In Your Dreams」展以来だと思う。実は2008年に彼女の2002年刊行された写真集「Lana」を中心とした個展開催を予定している。今回の「Flower Power」でも、個展のプロローグとして何か作品を展示しようと考えた次第だ。作品は2番目の写真集「In Your Dreams」から選んだ。作品発表後かなりの時間が経過しており、また総エディション数が14枚と少ないので有名イメージはかなり売れていて値段が上昇していた。彼女の作品は大判の20X24inch (約50X61cm)、フレームは24X30inch(約61X76cm)になってしまう。他作品との兼ね合いもあるので今回は5点を展示することとした。イメージと価格を考慮してかなり悩んだが、彼女らしい明るくカラフルで空気感があるイメージが上手くセレクションできたと思う。

見る人が色々な感じ方ができるのは良い作品の証拠。彼女の写真はお客さんから色々な意見が聞けて楽しい。強烈な色に一種の狂気の怖さが見える、ピントが1点に合っているからか瞑想感を感じる、春の光の中でワクワクしてくる気分、自然のリズムを取り込んでいて癒される、などだ。彼女が写真で自らの正気を保っている部分があるならば、狂気と癒しは作品に共に存在するはずだ。これらは、見る人のいまの心の状態が反映された意見なのだろう。

以下が作家解説になります。来廊の際のご参考になさってください。

(ギャラリーでの展示内容を転記)
テリ・ワイフェンバッハは1957年米国生まれ、自然風景をカラー写真で撮影するアーティストだ。多くのアーティストは、僻地へ旅し、見る側にインパクトを与える風景や珍しいオブジェをモチーフに選び出そうとする。しかし、彼女の作品は現在住んでいるワシントンD.C.郊外の自宅裏庭、公園周辺でほとんど撮影されている。モチーフも身の回りの当たり前の、空、花、木、昆虫、木葉、小枝、草などが中心。彼女の作品は写真テクニックの常識を覆していることも特徴だ。ほとんどピンボケの画面の中に、シャープなピントがあった部分が存在する、何か夢の中のようなイメージを作り出している。太陽の光が照りつける緑溢れる自然の中で瞑想をしたらきっと彼女の写真のようなイメージが目の前に出現するのだろう。瞑想をする時は呼吸を整えて、薄目がちにすると良いといわれている。目を僅かしか開いてないので遠くの明るい風景はぼやけて見え、近くの部分にまぶたの動きで焦点が合ったり、合わなかったりして、像が光の点滅とともに踊る。まさに彼女のカラー作品の世界そのものではないか。
写真技術にこだわる人は、ピントが一部しか合っていないイメージに戸惑いを感じるかもしれない。しかし、彼女の写真は室内にいながら私達を青空と太陽と緑の中の瞑想世界に誘ってくれる。ヒーリング系音楽を聞いているような感じになるのだ。その素晴らしさは50X60cmという大判イメージでこそ引き立つ。写真集では味わえない世界をぜひ本展のオリジナルプリントで実感していただきたい。
彼女は今まで以下の3冊の写真集を発表している。初期の本は売り切れで、いまや高価なレアブック扱いだ。作品はCenter for Creative Photography(アリゾナ)などの全米の美術館にコレクションされている。
アート・フォト・サイトは、2008年に彼女の個展「Lana」の開催を予定。

・「In Your Dreams」
90年代前半の作品24点を収録した1997年刊行の初写真集。
・「Hunter Green」
2000年に発表された、90年代後半に撮影された作品30点を収録。女優の内田也哉子が序文を寄せている。
本展の展示作品は同シリーズよりセレクション。
・「Lana」
2002年に刊行。『Lana』という北イタリアの村で撮影された35点を収録。

|

« 「フラワー・パワー」参加作家の解説
斎門富士男 理想郷(アルカディア)を求めて
| トップページ | 気をつけろ!
「惨めなオヤジ」に見えるギャラリスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170909/17340918

この記事へのトラックバック一覧です: 「フラワー・パワー」参加作家の解説
テリ・ワイフェンバッハ・見る人の心が映る写真
:

« 「フラワー・パワー」参加作家の解説
斎門富士男 理想郷(アルカディア)を求めて
| トップページ | 気をつけろ!
「惨めなオヤジ」に見えるギャラリスト »