« 速報 写真集人気ランキング
何でロバート・フランク"The Americans"はすごいのか?
| トップページ | アート写真のフォト・ブックになりえるか?
日本人写真家による2+1冊の写真集 »

2009年1月27日 (火)

渋谷・カワイイ・スタイル
今週始まるNAOKI写真展の見所

Blog
(C)NAOKI

先日、大手オークション・ハウスのアート写真担当者と会う機会があり、日本が招待国となった昨年のパリフォトの話を聞いた。日本のアート写真を世界に発信する大きなチャンスだったが、残念ながら現地コレクターたちには大きな盛り上がりがなかったそうだ。オークション専門家は、まず森山大道、荒木経惟に続く目新しい作家がいないことを指摘した。そして、目玉になるような彼らのヴィンテージ作品が出展されず、大判サイズによる最近の作品が大量に出たこともやや期待はずれだったらしい。
これは不況の影響でもある。いつでも買える、エディション数や流通量が多いモダンプリントへの需要は市況悪化時にはどうしても減退する。もともと欧米コレクターは作品の希少性、市場での流通量を非常に気にかけるのだ。しかし一方で、日本の新刊写真集は値段もとても手ごろなので非常に人気があったという。

欧米で商売するには彼らの価値観を知っている必要がある。欧米コレクターは外国作品に対して西洋にない独自性を求める傾向がある。文化が異なる国の、その違いが反映された作品を愛でるのだ。しかし21世紀の世界では独自の文化のみが継承されている国など存在しない。みんな欧米の影響を受けており、文化は混血化しているのだ。
日本も文明開化以来西洋の影響を受け、独自文化は衰退していった。戦後にその流れが加速化した。しかし、外人はいまでもフジヤマ・ゲイシャ的な日本らしさを求めるのだ。外国ギャラリーからは今でもヤクザの写真や刺青のヌード作品などに対する照会がある。戦後生まれの現代に生きる日本人は、西洋人が好む伝統的日本文化に違和感を感じる場合も多い。欧米で評価されている日本人写真家が国内一般客にあまり人気がない理由もここにある。いくら評判が良いと聞いても、自分が理解できないアート作品にお金をだしたくないからだ。

しかし、現代日本人でも親しみを感じる日本の伝統的な美意識も存在する。そのひとつが「カワイイ」という感覚なのだ。村上隆などの現代アート作家がフィギュア作品を制作したことで世界的に注目された感覚だ。
NAOKIは今回開催する個展で「カワイイ」をテーマに写真作品を制作している。理想像をイメージして制作する現代アートとは違い、写真は実際の人物を撮影する。理想的なボディーラインを持つモデルをキャスティングして、ファッション、ヘアメイクまで手がけることが可能なNAOKIだからこそ作りあげられた快作といえるだろう。今回の展示は彼の約25年のキャリアを回顧しつつ、21世紀最先端の日本のファッションイメージを提示する試みとなる。以下が、写真展の見所となる。

(会場内の掲示より)
・NAOKI  1980年代
若かりしNAOKIは1983年ごろからファッションの本場ミラノで写真家キャリアを開始します。彼は、世界から集まるデビュー前後のモデルたちを撮影していました。彼女たちの魅力を引き出した写真は瞬く間に評判となります。当時の新人モデルたちの間ではNAOKIに撮られることが成功へのパスポートという伝説が出来上がりました。

・NAOKI  1990年代
写真集「ORDINAL」(1995年刊)収録写真は、街の景色が大きく変貌したバブル崩壊後の東京で撮影されています。現在は既に消えてしまった、昭和の雰囲気が残る数々のシーンを背景に、彼が見出した無名時代の江角マキコなどを起用して取り組んだスナップショット的作品です。

・NAOKI  2000年代
現在進行形の「DOUBLE」シリーズは、渋谷のストリートやスタジオでモデルの瀬畑茉有子などを起用してコスプレ姿で撮影された作品です。NAOKIは「クール・ジャパン」を標榜する現代アート作家がテーマにする「カワイイ」という美意識を作品に取り入れています。現代アート作品では、理想化されたフィギュアを描きますが、NAOKIは写真でストレートに表現しています。おたく文化の背景にある「カワイイ」は日本古来の美意識で、「幽玄」、「侘び」、「さび」の延長上にあります。その不完全さ、未熟さを愛でる眼差しは成長と拡大を目指す新自由主義経済への疑問符を投げかける感覚です。グローバル化経済における市場万能主義の行き過ぎを世界にアピールする日本発のメッセージでもあります。
また、この感覚が反映された作品には、マンガやアニメに親しんでいる現代日本人もリアリティーを感じることができるのです。
(以上抜粋)

「渋谷・カワイイ・スタイル」は、1月29日(木)から開催。初期作品から9点、90年代作品から6点、最新作から15点を展示する。1メートルを超える大作も3点制作した。ぜひ多くの人にNAOKI・ワールドを見ていただきたい。
2月15日には、トークショー、3月15日にはファッション写真の現場を体験できるワークショップも開催予定。

詳細はギャラリーホームページをご覧ください。

|

« 速報 写真集人気ランキング
何でロバート・フランク"The Americans"はすごいのか?
| トップページ | アート写真のフォト・ブックになりえるか?
日本人写真家による2+1冊の写真集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170909/43873510

この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷・カワイイ・スタイル
今週始まるNAOKI写真展の見所
:

« 速報 写真集人気ランキング
何でロバート・フランク"The Americans"はすごいのか?
| トップページ | アート写真のフォト・ブックになりえるか?
日本人写真家による2+1冊の写真集 »