« 約40年前の写真評論書
「現代写真の名作研究」(吉村信哉)
| トップページ | 「レア・ブックコレクション2009」
渋谷・アート・フォト・マーケット
今年も渋谷パルコで開催!! »

2009年4月28日 (火)

仙台に新しい写真ギャラリー
地方独自のビジネスモデルは成功するか?

Blog
グランドオープンの準備が進む仙台のKalos Gallery

過去に数多くの写真ギャラリー創設に関わってきた。オーナーがギャラリーを開始する動機はだいたい大きく二つに分けられる。自分の感性を表現する場所としてギャラリーをとらえ、採算は中長期的に考える人。そして、純粋にビジネスとして取り組む人だ。比率は前者のほうがやや多い印象だ。短期的なお金儲けの手段として考えるならギャラリーは割に合う商売ではない。現在の日本では、写真を販売するだけで収益を上げることは非常に難しい。だいたいギャラリーの存在が認知されて、売れるようになるまでに数年はかかる。最近は経済環境が悪いのでさらに時間がかかるだろう。経費が売り上げを上回る最初の期間を、どのように生き延びるかが生き残りのキーポイントなのだ。海外でも、新規オープンの現代アートギャラリーは5年で80%が廃業するという。だから多くの企業がギャラリーを新規事業としてスタートしても続かないのだ。半期ごとの決算があり、株主に説明責任を持つ企業には馴染まない業務だと思う。私どもの開催するワークショップでも繰り返しこの点を解説している。

しかし、視点をビジネスの効率性一辺倒から変えると違う面が見えてくる。ギャラリーは個人事業主として独立する手段でもある。収入はサラリーマンより少ないが、もし写真やアートがとても好きならば、好きなことに関わりながらできる仕事だ。自分が生きるうえで何が大事なのかが分かった人なら、肥大化した日常生活をスリムにして、本当に自分の大事な物だけにお金を使う生き方は可能だろう。それができれば、収入が減っても生活の質は落ちることはない。会社に雇われている見えないプレッシャーがない分、精神的には非常に気楽だ。私もサラリーマンから、ギャラリーをオープンしたときは本当に晴れやかな気分だった。年月が経つと、次第に自由がとても重たく感じられるようになるのだが・・・・・・。

今度、仙台でオープンするKalosギャラリーのオーナーは純粋にビジネスとして業務を展開する。多くの人はどうしても最初は見栄を張りたがるのだが、彼は質実剛健の考えを持っている。ここは、最初は企画展を行いギャラリーの知名度の浸透をはかるが、その後は地元のアマチュア写真家へのサービス提供を業務の中心にする予定なのだ。仙台には、写真専門のギャラリーがないので、展示スペース提供を主な業務にしていく。また、ただ単に場所を提供するのではなく、より高いレベルの写真作品が制作できるように、各種ワークショップも企画していく予定。これは、かつて東京では成り立っていたビジネス・モデルだった。しかし、遊休不動産の有効利用で展示スペースが増え、また家賃が高い都市部ではもはや新規参入でのこの種の業務は困難になっている。地主のギャラリーオーナーでさえ最近は撤退が多いのだ。しかし、家賃が断トツに安く、同業がまったく存在しない地域ではまだ十分にビジネスとしての可能性があると思う。風光明媚な自然が多い東北地方には、写真がうまくなりたい人、展示したい人が数多く存在する。しかし、学んだり、展示する場所は存在しないのだ。不況の世の中、多くの人が趣味へ使うお金も絞り始めている。しかし、これから先に景気の底割れがないことがわかれば、みんな自分の好きなことには選択的にお金使い出すようになるだろう。写真が趣味の層にうまくアート写真の啓蒙活動ができれば、将来的に有名作家のオリジナルプリントも売れるようになると思う。
今後、東京で行っているファインアートフォトグラファーズ講座や、近日中に開始するオンライン・ギャラリーのポートフォリオ・レビューの仙台開催を検討している。今後のビジネス展開が非常に楽しみだ。

Kalosギャラリーのグランド・オープンは5月19日(火)。オープン企画は、横木安良夫写真展「Teach your children」を開催。7月4日、5日には横木安良夫のトークイベントとワークショップを開催する予定です。
http://www.kalos-gallery.com

|

« 約40年前の写真評論書
「現代写真の名作研究」(吉村信哉)
| トップページ | 「レア・ブックコレクション2009」
渋谷・アート・フォト・マーケット
今年も渋谷パルコで開催!! »

コメント

意外でした。ギャラリーという形で、一部にでも生活の糧を得るケースがあると知りました。好きな事を仕事にできれば最高ですもんね。

投稿: いのうえ | 2009年4月29日 (水) 07時09分

いのうえ様
コメント、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: Yoshiro Fukukawa | 2009年5月 1日 (金) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170909/44823818

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台に新しい写真ギャラリー
地方独自のビジネスモデルは成功するか?
:

« 約40年前の写真評論書
「現代写真の名作研究」(吉村信哉)
| トップページ | 「レア・ブックコレクション2009」
渋谷・アート・フォト・マーケット
今年も渋谷パルコで開催!! »