« トミオ・セイケ トークイベント
「トイレットに写真を」 & 新作制作の背景
| トップページ | アート写真市場の動向
注目される秋のニューヨーク・オークション »

2009年9月29日 (火)

日本の地方はどうなるのか?
会津柳津への旅

Blog1
圓蔵寺

先日、馬頭の広重美術館に行ったことを書いた。その後は足を少し伸ばして福島県会津柳津の「福満虚空蔵尊 圓蔵寺」へ向かった。ここは約1200年の歴史がある弘法大師にゆかりのある寺。高台にある本堂舞台からの只見川の眺めが絶景で、会津の民芸品「あかべこ」の由来とも言われている開運撫牛という置物があることでも知られている。
以前、高速道路やバイパス沿いにフランチャイズの画一化された大規模商業施設が次々と誕生していることを書いた。日本の地方風景がかつて米国で起きたように急速に均一化しているのだ。前に紹介した写真家ジェフ・ブロウスが写真集「Approaching Nowhere」(Norton、2006年刊)で訴えているような状況が日本でも起きている。
先日、藤原新也の写真集「俗界富士」(新潮社、2000年刊)を見直す機会があった。彼は聖なる山として表現される富士をあえて人々の生活目線から捉えている。そのなかには、店舗が立ち並ぶロードサイド沿いの風景もある。しかし、撮影された90年代はまだ地域色が豊かで、美的ではないとしても個性的。目新しいのはまだコンビニくらいだ。グローバル経済の波が本格的に日本をも巻き込みはじめるのは21世紀以降のことだ。

さて今回は高速道路よりも離れた地方部をたずねたのだが、そこにはまったく違った光景が展開されていた。なんで地方の状況に興味があるかというと、変化を見つける視点はアート作品を制作する上でのヒントになるからだ。私は特に地方経済の専門家ではないので思い込みなどがあるかもしれないが、都会からの旅人として感じたままを書いてみたい。

Blog2
会津柳津にて

まず街道沿いには廃業した温泉や宿泊施設などのリゾートブームの陰りを象徴するシーンをあまた見かける。高度経済成長期の負の遺産だ。そして町の中心部にはこれもお約束になった感のある寂れた商店街がある。馬頭も会津柳津もそんなやや寂れた印象だった。
それと対照的にギャップを感じたのは、少し離れた場所に新しく立派な「道の駅」が建てられていることだ。これは道路整備予算や地元市町村が受け取る様々な補助金で作られる公営のドライブイン。「駅の道」の前後の道路沿いには廃業した小規模ドライブインが立ち並ぶ。無料の大規模で新しい休憩施設のほうが利用者には便利だ。民間は太刀打ちできないだろう。そして、二つの町には偶然かもしれないが立派な美術館も建てられていた。

今回は幾つかの「道の駅」に立ち寄った。みやげ物をさがしてみたが、取扱商品にあまり個性がなかった。日持ちするような、乾物、漬物、名産品を使用しアイデア重視で製造された商品群、そして地元で採れた野菜類が定番だ。私の個人的な印象では、「道の駅」は地元振興の考え方中心に運営されている感じだった。施設内のレストランなどのサービスは、利用者のニーズではなく地元従業員の利便性を優先している。本来サービス業は手間のかかる仕事を行いお金を得る職業のはずだ。また民間では考えられない、無駄が多いスペース利用も感じられた。いわゆる、都会ではもはやあまり見かけないお役所仕事になっているのだ。
政権が変わり、予算配分の大幅な見直しが行われるという。政策の目玉である子育て支援や高速道路無料化が行われれば、今までのように特定財源から地方部への予算配分の仕組みも変化するのだろう。日本では官製企業、政府外郭団体、官相手の企業に勤める人は就業人口のなかでかなりの割合を占めると聞く。不況などでも比較的安定していた彼らが今回の政権交代で大きな影響を受けると思われる。今後、予算が減る中で彼らが生き残るには、利用者のニーズや満足を高めることを考えなければいけないだろう。いままでは税金のおかげでぬるま湯的な経営をしていた公共施設が今度は厳しい生き残り競争に直面することになるのだ。

しかしよく考えると、「道の駅」を作るような地方振興は地方も都市部と同じように経済成長を目指せという戦後の発想だろう。もはやそれが不可能であるのは明らかだ。箱物などのハード面ではなく、ソフト面つまりアイデアで相応の地域振興を考える時期に来ているのではないか。
たとえば南会津の前沢曲家集落などは、茅葺の古民家が山間に立ち並ぶだけの場所だがとても魅力的だった。都会からの旅行者は地方に都会的なものを求めないのだ。
また意外だったのが、「道の駅」には年配者のグループが多くいて、「福満虚空蔵尊 圓蔵寺」などには、若いデート中のカップルが目立っていたこと。古い観光地はなにか昭和の残り香があり、若者が良く使う言葉で表すと「いい感じに」寂れていた。私も、古い観光名所には懐かしさを感じた。このへんに何か地方活性化のヒントがあるのではないだろうか。

|

« トミオ・セイケ トークイベント
「トイレットに写真を」 & 新作制作の背景
| トップページ | アート写真市場の動向
注目される秋のニューヨーク・オークション »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170909/46345982

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の地方はどうなるのか?
会津柳津への旅
:

« トミオ・セイケ トークイベント
「トイレットに写真を」 & 新作制作の背景
| トップページ | アート写真市場の動向
注目される秋のニューヨーク・オークション »