« (コレクション・ガイド)
ギャラリーのようなインテリア
アート写真のある空間
| トップページ | (アート写真最前線)
不況下のオークションとギャラリー店頭市場 »

2009年11月24日 (火)

次回展 "Two in one in England"
現在準備進行中 ! 12月2日スタート!

Blog

ギャラリーの次回展は、12月2日(水)より、ドイツ人写真家で現在フランス在住のヨーガン・シャドバーグとハービー・山口の二人展"Two in one in England"を開催する。
ちなみに、タイトル一部の"Two in one"は、ハービー・山口が趣味としているバイクから連想して彼がつけたもの。エンジンからの2本の排気パイプがひとつになってマフラーにつながることを意識している。
二人の関係は、1975年のロンドンにさかのぼる。シャドバーグは南アフリカで活躍していたが、アパルトヘイト政策などもあり当時はやむなく欧州に移り住んでいたのだ。一方、山口青年は自分探しのためにロンドンに滞在していた。キュレーター、編集者、写真教育者の仕事をしていたシャドバーグはハービー・山口の写真の才能を最初に見出した人物なのだ。彼はシャドバーグ写真グループの暗室を使用することを許可されるとともに、写真に関わる様々なことを教わったという。シャドバーグとの出会いがなければ、現在の写真家ハービー・山口は存在しなかったかもしれない。彼こそは、パンクの精神を教えたジョー・ストラマーとともに、ロンドン時代のハービー・山口に多大な影響を与えた最重要人物なのだ。写真展開催に至るまでの詳しい経緯や見所は、プレスリリースを読んでいただきたい。

実は昨年の秋に、ヨーガン・シャドバーグとハービー・山口の二人展を予定していると紹介した。当初、写真展は今年春に開催予定だった。しかしハービー・山口の川崎市市民ミュージアムでの写真展が決まり、彼らがギャラリーでの同時期の写真展開催に難色を示したことで時期を秋に変更した。 作品がギャラリーで販売されることを気にしたようだ。確かに美術館での個展開催はその作家の作品の資産価値をあげることになる。アート写真市場が未成立の日本ではあまり関係ないと思うが、美術館側もそれだけ彼の作品の市場性を認めていたのだろう。

ヨーガン・シャドバーグの作品はかなり前からギャラリーに届けられていた。60年代後半に英国グラスゴーで撮影されたモノクロ銀塩プリント約15点だ。ヒューマニストの視点で撮影された写真はハービー・山口へ影響を与えていることが明確に感じられる。彼の未発表・初期作品といってもたぶん誰も疑わないだろう。プリントもとてもきれいに仕上げられている。暗室作業でのこだわり精神も間違いなくハービー・山口につながっていると思う。作品の一部は、アサヒ・カメラ12月号のグラビア・ページに掲載されている。

一方、ハービー・山口は11X14インチの銀塩プリント約20点を展示する。彼が1973年に渡英したとき、最初の約6ヶ月はイングランド南東部の海辺の都市ブライトンに住んでいた。シャドバーグと出来るだけ同じ時期の作品ということで、写真展用に当時のネガを見直してもらったのだ。本人によると直感でよいと感じた写真をプリントしてみたとのこと。代表作の1枚に「School Friends」というイメージがあるが、ほとんどが同時期に撮影された未発表作品。得意のポートレート、ストリート・シーン、シティースケープ、ランドスケープが巧みにセレクションされている。

この時代の英国社会は英国病といわれる経済の停滞期だった。国有化政策などで国際競争力が低下し、貿易赤字、財政赤字に苦しんでいた。当時の国民生活はかなり困窮していたというイメージが強いが、彼の写真を見ていると違う印象を受ける。政府は厳しい状況だったが個人は案外幸せだったのではないかと思えてくる。二人の一連の作品からは、社会全体がかもし出す安定感、秩序、余裕のようなものが感じられる。それは、街のたたずまいであり、被写体の労働者階級と思われる人たちのきちんとした身なりやファッション、そして笑顔だ。誰もが地域、会社、家族などの中で自らの役割があった時代なのだろう。低成長期だったので物質的にはアメリカよりも恵まれていなかったと思うが、それぞれの人に居場所があったので生活の先行きに不安感はあまりなかったのだろう。幸福度は必ずしも経済成長とリンクするわけではないのだ。特に若かりしハービー・山口の写真は、いまと同じようにそこに住む人たちの何気ない笑顔を見事に引き出している。彼の未来の成功を暗示しているかのような素晴らしい作品だ。

その後、英国もサッチャー政権の経済政策により「規制緩和」と「民営化」へと大きく方針転換される。自由な生き方や物質的な幸福を多くの人が求めるようになり社会状況が変化するのだ。伝統的なコミュニティーが崩壊した現代社会では、誰しも居場所が不安定でそれが精神的なストレスになっている。だから、今回のような古きよき時代の写真に私たちは魅了されるのだろう。いま、シャドバーグがグラスゴーの写真をセレクションし、ハービー・山口がこの時代のネガを見直そうと思ったのも、単なる過去の思い出の再発見ではなく、時代の価値観の大変化を感じとっているからだと思う。 現代社会を違う視点から見直すきっかけにして欲しいという思いが感じられる。
ちなみに、ハービー・山口の次のプロジェクトは渡英前の写真の本格的な見直しとのことだ。私たちが、よりリアリティーを感じる古きよき日本の写真でメッセージを投げかけようとしているだろう。来年秋に大規模な写真展と写真集出版が予定されているという。

写真展"Two in one in England"は12月2日(水)~来年2月6日(土)まで開催。

|

« (コレクション・ガイド)
ギャラリーのようなインテリア
アート写真のある空間
| トップページ | (アート写真最前線)
不況下のオークションとギャラリー店頭市場 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170909/46849411

この記事へのトラックバック一覧です: 次回展 "Two in one in England"
現在準備進行中 ! 12月2日スタート!
:

» 写真展情報 [必撮!勤め人]
★谷中、E-P1+MMF-1+D.ZUIKO25mm、モノクロ化&トリミング 先日、丸の内で開催されたハービー・山口さんのトークショーで、 この写真展の経緯を聞いたが思わず「運命だ……」と呟いてしまった。 同時に「この写真展は見逃せない」と思った。 期間が長いけど早目に行きたいな。 ※ハービー・山口&ヨーガン・シャドバーク写真展 「Two in One in England -1975年ロンドンの出会い-」 会期:12月2日(水)~2月6日(土)日月休【休廊:12月29日~1月... [続きを読む]

受信: 2009年12月 3日 (木) 00時20分

« (コレクション・ガイド)
ギャラリーのようなインテリア
アート写真のある空間
| トップページ | (アート写真最前線)
不況下のオークションとギャラリー店頭市場 »