« "Two in one in England"
現在につながるハービー・山口の初期スナップ!
| トップページ | 2010年のギャラリー・スケジュール »

2009年12月22日 (火)

資本の原理がシビアに働く時代
楽天化するアマゾン内の古書店?

Blog
Printed Matter Inc.

ニューヨークでは、専門性の強いニュータイプのショップしか生き残れない

90年代の後半に、ニューヨークのマンハッタンは資本の原理が厳しく働く街だという話をよく聞いた。それは、家賃と売り上げの関係が非常にシビアという意味。この時期に、家賃上昇によりギャラリー街がソーホーから倉庫街だったチェルシー・エリアに移っていった。
特に激変したのが古書店業界だった。ネット普及による競争激化と利益率急低下でマンハッタンの古書店の閉鎖や移転が相次いだ。不況や環境変化で儲けが減っても家賃を半分にしてくれる家主などいない。まして借金して建築している物件なら賃下げには限界がある。だから、高家賃地域のビジネスはかなり高い利益率がないと継続が難しい。土地が限られるマンハッタンはそんな経済原則が最もシビアに働いている町なのだ。

東京も家賃が高い。現在のデフレ状況がさらに続くと、経費支出の大半を家賃が占めるギャラリーは、十分な利益を上げることが困難になるだろう。実際、今年になって家賃の高い地区のギャラリーは閉店が増加している。今後、東京の中心部で営業できるギャラリーは、不動産を所有、他業務との兼業、企業系、スポンサー付きなどに限られると思う。
特に交通の便がよい場所でないと成立しないレンタルギャラリーはその傾向が強まるだろう。最近のニューヨークでは、不況による売り上げ不振で川向うのブルックリンなどへ移転するギャラリーが多いと聞く。東京でも販売目的の商業ギャラリーは、家賃の安い地区で継続していくしかないだろう。これは家賃よりも写真展に予算を使うということ。場所が多少不便でもコンテンツが良ければ顧客は集まってくれるのだ。
実は前回のデフレ期に私たちのギャラリーは代官山から目黒通り近くに移転した。いままで継続できたのは家賃が安かったからだ。

日本の古書店はさらに大きな構造変化に直面しているようだ。彼らはネットが普及しても海外業者のような大きな影響をいままでは受けなかった。それは、ネット検索が容易なアルファベット表記の洋書と比べて、漢字が入る和書は検索が難しかったことによる。古書店の検索エンジンのようなものも存在していたが、使いにくくほとんど役に立たなかった。
しかし、そんな状況が最近変化してきたようだ。最近相次いで写真集を取り扱う古書店のオーナーたちと話す機会があった。みんな一同に経営環境の厳しさを嘆いていた。根本的原因は現在日本が置かれているデフレ状態にあるのだが、それに加えて今になってネットの存在が業者間の競争を激化させているようなのだ。
みんなが指摘するのはアマゾン・ジャパンの躍進だ。アマゾンは新品本だけを販売していたが、マーケット・プレイスという古書、絶版本を扱うカテゴリーもある。当初は、掲載タイトルも参加業者も少なくあまり役に立たなかった。それが最近、国内の古書店の参加が急増している。それも地方にある古書店がかなり積極的に在庫をアップするようになってきた。ポイントは地方は家賃が安いので、神田の専門業者などよりもかなり安く価格提示していることだ。ネットは価格が比較可能なので、相場にかなりの低下圧力がかかってきたらしい。洋書でも海外の業者が数多く参加するようになってきた。本の状態の表示が非常に簡単なので高額なものは手を出しにくいが、一般の人でも大体の相場がわかるようになった。要は、アマゾンのマーケット・プレイスが絶版写真集を検索し販売する一種のプラットホームの役割をはたすようになってきたのだ。古書店を集めた楽天市場のような感じだろうか。
東京神田の古書店街は日本中で知られている。その魅力は専門店の豊富な在庫にあったと思う。知らない間に、それを凌駕するくらいの全国どころか世界の古書店の在庫を網羅する巨大なヴァーチャル古書店が生まれつつあるのだ。家賃の高い都市部の古書店はかつてのマンハッタンの店のように間違いなく影響を受けるだろう。
お会いした古書店主の一人は、最近店舗を閉じて、ネット専業に業態を転換したという。アマゾン中心に在庫を出品しているが、売り上げは店舗時代とあまり変わらないそうだ。店頭では人の目に留まらずに売れなかった専門性の強いタイトルが、探している人の検索に引っ掛かって売れることが多いそうだ。売上が同じなら店舗の家賃がかからない分利益率ははるかに高くなる。しかしネットでは誰でも取り扱える商品の場合は果てしない価格競争となる。どれだけ専門性をもった商品の品揃えができるかが生き残りのキーになるのだろう。

ニューヨークでは、レア・ブックだけでなく、オリジナル・プリントやポスターも一緒に取り扱う専門店が生き残っている。古書店のニュータイプの登場だ。日本でも変化の兆しは感じられる。写真作品を扱う古書店や、レアブックを扱うギャラリーが増えている。家具やインテリア小物とともに写真集を扱うショップもある。これからの古書店主はショップ・オーナーの視点が求められると思う。本だけでなく、より幅広い分野の目利きが必要になるだろう。

|

« "Two in one in England"
現在につながるハービー・山口の初期スナップ!
| トップページ | 2010年のギャラリー・スケジュール »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170909/47087267

この記事へのトラックバック一覧です: 資本の原理がシビアに働く時代
楽天化するアマゾン内の古書店?
:

» 個展等貸し画廊レンタルギャラリーgallery情報ネットナビ [個展等貸し画廊レンタルギャラリーgallery情報ネットナビ]
個展等貸し画廊レンタルギャラリーgalleryの情報です。 [続きを読む]

受信: 2009年12月23日 (水) 14時49分

« "Two in one in England"
現在につながるハービー・山口の初期スナップ!
| トップページ | 2010年のギャラリー・スケジュール »