« ヨコハマ・オープン・ポートフォリオ・レビュー
フォト・フェスティバルは日本の写真を変えられるか?
| トップページ | お金をかけるライフスタイルとの決別
アーティストは新しい生き方を提示する »

2010年1月26日 (火)

速報 2009年写真集人気ランキング
不況でも根強い定番写真集人気

Blog

アート写真コレクションの人気分野として定着しつつあるフォト・ブック。アート・フォト・サイトでは毎年写真集人気ランキングをネットでの売上冊数をベースに算出して発表している。2009年の速報データが揃ったのでその一部を紹介し、傾向を分析してみたい。

まず、外部環境を見渡してみよう。リーマン・ショック以降の世界経済は大きく変化した。それまでの金余りから供給されていたリスクマネーが消滅し、一時期は元気だったベンチャー企業の元気がなくなくなった。情報革命などともてはやされたけれど、今までの商売の方法が単にネットに置き換わっただけの感じ。大手マスコミは大きな変化に直面しているものの、ビジネスの世界では昔と同じように大企業がしぶとく生き残っている。
アート写真市場も景気悪化の影響を大きく受けた。市場規模が縮小し資産価値が確立した作家の代表作しか売れなくなってきている。金余りのリスクマネーが霧散して、現代アート系写真の勢いがなくなった。

しかし、2009年の写真集売り上げは予想外に健闘した。新刊でのベストセラーはなくなったものの、売上高、冊数ともに2008年の約10%減にとどまっている。それらは2007年よりは良い数字なのだ。年間に約10%の円高が進んだことを考慮すると売上は微減ともいえるだろう。売り上げの背景にはアート系出版社の巧みなマーケティング手法があったと思われる。米国でサブプライム・ローン問題が発覚したあたりから、彼らは評価が定まった写真集の、新版、再版に力を入れるようになった。2009年のランキングを見渡すとその戦略が見事に成功していることが一目瞭然なのだ。

アート市場と同様に、顧客はイメージ、内容がわからない新人、中堅の新刊写真集を買わなくなった。作品と比べ値段が安い写真集でさえ彼らはリスクを取らなかったのだ。一方、完売した絶版本の新版、普及版、定番本の増刷など、すでに評価の定まった写真集群が売上を支えたのだ。出版社はアート写真趣味の人の心理をかなり明確に読み取っている。特に、アート写真文化の歴史が浅い日本ではこの傾向が顕著だった。
純粋の新刊で売れたのは、ブルース・ウェバー、ティム・ウォーカー、マーク・ボースウィックなどのファッション系が中心だった。イメージ重視のファッション系写真集は内容の当たり外れが少ないからだろう。

1位はロバート・フランクの歴史的な写真集「The Americans」。2位はスティーブン・ショアーのロングセラーの「Uncommon places」。その他、ダイアン・アーバス、ウィリアム・エグルストン、リー・フリードランダーの写真集の定番がランクインしている。
ウィリアム・クラインの「Rome」の新版、プレミアム写真集の先駆けになった、ヘルムート・ニュートン「Sumo」の普及版もよく売れた。
中堅、若手でランクインしたのは、私が個人的に好きな、エドガー・マーティンズの「Topologies」だけだった。この本は私がコマーシャル・フォト誌で連載していた世界のファインアート・フォトグラファーで昨年に紹介した。普段はあまり反応は聞こえて来ないのだが、彼の写真集には若い人中心に多くが興味を持ってくれた。コマーシャル写真と現代アート写真の要素を兼ね備えたヴィジュアルが日本人に受け入れやすかったのだと思う。しかし、彼は非常に深遠なコンセプトを追及している知的な写真家でもある。より抽象度が増した新シリーズの新刊が最近発表されたので、近日中に紹介したい。

現状は真のすぐれた作品が吟味されている過渡期だと私は認識している。2007年くらいまでは空前の金余りを背景に、新しいアート写真表現が市場に紹介されてきた。現代アートの視点から、伝統的なアート写真も再評価された。多文化主義の流れで日本を含む欧米以外の写真家にスポットライトが当てられた。景気が良いと気分は浮つきがちになる、本質を見極めるというよりも売れれば勝ちというような市場性が優先されがちだ。一転してマネーが回らなくなると、誰しも冷静に作品の真の価値を見極めるようになる。
その影響を受けているのが、評価が未確定だったが勢いで売れていた現代アート系の作家なのだろう。彼らのコンセプトは社会との接点が肝になる。時代の価値観が急激に変化したので、作品コンセプトが新時代にまだ追いついていないのではないだろうか。
しかし常日頃主張しているように、アートが好きな人は不況でも興味をなくすことはない。作品の見立てが従来よりも厳しくなるだけだ。実際に不景気でも写真集は相変わらず売れているのだ。
ポジティブに考えれば、このような状況はアートの質がレベルアップする良いきっかけになるのではないか。アートの歴史を見ていると、景気の良い時に多様な作品表現と多くの新人が登場してきて、景気悪化時に生き残り戦争が繰り返されてきた。この混乱期を生き延びた写真家は21世紀の写真史におけるクラシック候補となるだろう。

2009年の人気写真集ランキングは近日中に発表します。

|

« ヨコハマ・オープン・ポートフォリオ・レビュー
フォト・フェスティバルは日本の写真を変えられるか?
| トップページ | お金をかけるライフスタイルとの決別
アーティストは新しい生き方を提示する »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170909/47395714

この記事へのトラックバック一覧です: 速報 2009年写真集人気ランキング
不況でも根強い定番写真集人気
:

« ヨコハマ・オープン・ポートフォリオ・レビュー
フォト・フェスティバルは日本の写真を変えられるか?
| トップページ | お金をかけるライフスタイルとの決別
アーティストは新しい生き方を提示する »