« Black & White Scapes展が今週スタート!
いま新鮮に見える小さなモノクロ風景写真
| トップページ | 写真ギャラリーの目的別活用法
キャリアにより異なるアプローチ »

2010年2月23日 (火)

名作写真誕生の背景は?
"The Contact Sheet"を読み解く

Blog

優れた写真集はヴィジュアルで楽しむ一種の知的娯楽だと思う。写真集の中で写真家が自分の世界観を世に問うのがフォトブックと分類される本。(フィルムメーカーなどがサービスとして行っている個人のアルバムなどを写真集にしたものとは異なります。)それらは低俗な文化が横行する中で視覚を通して知的好奇心を刺激してくれる。フォトブックでは作家のメッセージの読み取りが重要となる。私は写真を個別にじっくりと眺めないようにする。写真の配列により生み出されるリズム感のほうを意識する。そして最後にエッセーや解説に目を通す。最初は心で、最後に頭で見る(読む)ように心がけている。優れたフォトブックは、内容とともに外見のブックデザインも秀逸。一種のアート・オブジェクトとして持っているだけで幸せな気分になる。

実際はそのような優れた本は少ないので、写真展カタログや解説本を資料用として購入する方が多くなる。英文が多いので読破には時間がかかる。まわりには読まなくてはいけない本が常に何冊も積まれている。フォトブックと違いそれらの本はかなり頻繁に読み直す。
最近、何回も目を通す本が"The Contact Sheet"(AMMO Books、2009年刊)だ。これはコンタクトシートの紹介を通して、名作誕生の背景を考察しようというもの。セレクトされたイメージがフルページで紹介され、次くページにそれが生まれたコンタクトシートが収録されている。著者のスティーブ・クリスト氏は、元々は写真家で、現在は同書を出版したAMMO Booksの出版者でもある。たぶん写真好きの人が持つ、有名写真家の名作が生まれたコンタクト・シートを見たいという素朴な欲求からこの本が生まれたのだと思う。それぞれの写真には、写真家のキャリア解説とともに作品が生まれた背景、写真家本人のコメントも紹介されている。
さて本書は、著者が自分の興味を追求して作り上げたのだが、編集にはたいへんな時間と苦労があったことが想像できる。ドキュメンタリーから、ファッション、アート系まで、幅広い分野の写真家のバランスよいセレクションは見事だと思う。とくに、権利関係に神経質なファッション系のピーター・リンドバーク、ジャンルー・シーフ、ミッシェル・コント、アート・ケイン、ウィリアム・クラクストンなどを収録できたことが同書の大きな魅力になってる。アートの一形態としてファッション写真を取り上げたことで写真家の協力が得られたのだと思う。
個人的に面白かったがピーター・リンドバーク。2006年にイタリアン・ヴォーグ用に撮影されたコンタクトが収録されている。これはとても不思議なイメージだ。二人の女性が、一人は乳母車をもう一人が赤ん坊を抱えてLAのストリートを歩いている。奇妙なのは、トレンド系のファッションをまとなった彼ら全員が防護マスクのようなヘルメットをかぶっていることだ。リンドバークによると、作品のアイデアは世界最大の温室効果ガス排出国であるアメリカが京都議定書を締結しなかったことを意識したということだ。地球上で呼吸できなくなり、女性が美しさを都市のストリートで見せられなくなった未来をイメージしたそうだ。20世紀のファッション写真は、時代の気分や未来像を提示するメディアとして注目されるようになった。
21世紀になり、優れたファッション写真はさらにもう一歩進んで、その社会的背景や前提条件までもを切り込む存在に進歩してきたのだ。

ロベルト・ドアノーの代表作品"市庁舎前のキス"も興味深い。この写真はライフ誌の「パリの恋人たち」というシリーズのために1950年に撮影されたもの。当初はストリートで偶然撮影されたスナップと考えられていたが、90年代以降に、撮影されたモデルの主張から演出された写真だったことが明らかになっている。コンタクトを見ると、ドアノーがカップルを様々な場所で演技させて撮影していることが分かる。

本書には、アート・ケイン、ウィリアム・クラクストン、ミッシェル・コンテ、エリオット・アーウィット、ナン・ゴールディン、ドロシア・ラング、ジョエル・マイヤービッツ、リチャード・ミズラック、マーティン・パー、ソール・ライター、ポール・アウターブリッジ、チャック・クローズ、エド・ルシェ、ジャンルー・シーフ、ピート・タナー、アントン・コービンなど多分野で活躍する約40の写真家が紹介されている。

なんで欧米ではこのような読者目線の面白い写真集が出てくるかというと、質の高い本なら値段が多少高価でも購入するアート写真ファン市場が確実に存在するという考えが前提にあるからだ。多くの読者が文化支援の一環という意識で写真集を購入していることもある。薄利多売が前提の日本とは根本的に出版哲学が違う。優れた編集者がいて、大きな儲けを考えなければアート系写真集出版もビジネスとして十分成立するのだ。
"The Contact Sheet"はそんな欧米写真集業界の懐の深さを感じさせてくれる1冊だ。
http://www.artphoto-site.com/b_596.html

|

« Black & White Scapes展が今週スタート!
いま新鮮に見える小さなモノクロ風景写真
| トップページ | 写真ギャラリーの目的別活用法
キャリアにより異なるアプローチ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170909/47644217

この記事へのトラックバック一覧です: 名作写真誕生の背景は?
"The Contact Sheet"を読み解く
:

« Black & White Scapes展が今週スタート!
いま新鮮に見える小さなモノクロ風景写真
| トップページ | 写真ギャラリーの目的別活用法
キャリアにより異なるアプローチ »