« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月30日 (火)

アート写真市場の現在
注目のオークション・シーズン到来!

Blog

4月になるとニューヨーク春のアート写真オークションが始まる。まず最初に、いままでの市場状況の推移を簡単にまとめておこう。リーマンショック後の相場最悪期は2009年春のオークション。主要ハウス4社の総落札金額は急減して約615万ドルだった。専門誌の「ザ・フォトグラファーズ・コレクター」によるとこれは1997年秋並みの水準という。ピークだった2007年秋が3750万ドルだったので、1年前と比べるわずか約16%の規模に縮小したことになる。カタログが明らかに薄くなっていたのが印象的だった。その後、2009年秋のオークションでは売上が約1528万ドルに回復した。これはほぼ2004年春の約1600万ドルと同じレベルになる。2010年春前までの市場は、とりあえず底割れは回避されたもの、回復の勢いは決して強くないといった感じだろう。

様々な方面からの情報を総合すると、今年のいままでの相場状況は強弱が入り混じったミックスといった感じ。最近特に感じるのは、情報発信者によって状況認識と相場見通しがかなり違うということだ。たとえば、アート・フェアーで聞かれるコメント。主催者側からの発表はだいたい、不況なのに多くの熱心なコレクターが来て売り上げもそれなりにあったというもの。しかし、実際の参加業者からは強弱入り混じった様々な意見が聞こえてくるのだ。さすがにギャラリー名は明かしていないがネガティブな自虐的な意見さえも聞こえてくる。ディーラーはだいたいポジティブなことしか言わない。アート商売はイメージが大事だ。売り上げが悪いギャラリーとの風評が立つと、コレクターや作家への悪い印象を与えてしまう。だから、作品が売れた時は、騒ぐのだが、売れなかったときは黙っている。なかなか本音や実情は表面化してこない。 「今回のフェアーではギャラリーの作家をアピールできたし、新しいコレクターとのコンタクトが多くできた」などのコメントはポジティブにもとれるが、つまり作品が売れなかったこいうことなのだ。
実はアート写真といっても、そのカテゴリーは多岐にわたっている。ディーラー、コレクターも、もはや全ての分野を網羅することは不可能で、大体専門分野を持っている。どうも各分野ごとに状況がかなり違うことが様々な発言が出てくる背景のようなのだ。 売り上げ傾向はセカンダリー市場と同じで、評価の定まった良質の作品は順調に売れており、新人や若手の作品は苦戦しているようだ。在庫の質と取り扱い作家の知名度がディーラーの業績に大きく影響を与えている感じ。 老舗は順調だが、新進ギャラリーは苦戦するという構図なのだ。ネガティブな発言が聞こえてくるというのは、厳しい環境で本当に悪戦苦闘している業者が増えている証拠かもしれない。

では、最近行われたアート・フェアーの状況はどうだろうか? 参加者数の変化を見ると市場動向を推し量ることが可能だ。主要なアート・フェアー参加には多額の費用がかかる。今年は知らないが、2007年のフォトグラフィー・ショウのブース料金は9600ドルだったと記憶している。参加コストが回収できないとギャラリーにとってはかなりの負担になるのだ。先週ニューヨークで開催されたフォトグラフィー・ショーの参加数は73と昨年とほぼ同じだった。単価の安いアート写真は他分野のアートと比べて不況の影響は少ないという意見もある。しかし、今年もAIPADメンバー以外のゲスト展示者の参加や、複数ディーラーが一つのブースに共同参加した例もあったそうだ。やはり好況時とは内情はかなり違う印象だ。
販売実績についてはまだ多くの情報は集まってないが、全体的に低調だったと聞いている。ディーラーの多くは意識的に比較的低価格の作品を持ち込んでいたそうだ。

ここにきてオークション市場をとりまく雰囲気は決して悪くないと思う。為替は比較的落ち着いているし、ニューヨークの株価はリーマン・ショック直前のレベルまで戻している。その背景は、不況下の過剰流動性が背景で、さらにそれが進めば金利上昇につながるという非常に危ういものでもある。しかし、投資家の被っていた多くの含み損が減少していることは明らかだ。まだ今春のカタログ内容は精査していないが、出品数はほぼ横ばい。コレクション一括セールは、クリスティーズがアービング・ペン作品70点、とThe Bio Collection約120点を行うくらいだ。ただしフィリップスでは、昨秋より約50点増えて約350作品が入札される。現代アート、コンテンポラリー系が増えている感じだ。落札予想価格は、全体的に若干高くなっている印象を感じる。冬から春にかけての経済状況の変化がオークションにどのような影響を与えるだろうか。オークション・シーズンは4月13日のササビーズからスタートする。

| | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

アート・ディラーの経験則
写真家の覚悟とは

Blog
(C)Nobuo Nakamura
「ハーレムの瞳」より "Girl and Mercedes, Harlem, 1983"
マフィア・ボスの女。教会の前で撮影したので「撃たれることはないだろう」と思ったそうだ。

写真家中村ノブオは作品が売れるごとに、自分が初めて私どものギャラリーを訪れたことを思い出すそうだ。恐れ多いことに、彼は以前から私どものギャラリーの存在を気にしていて、近くまで来たが場所が分からないで帰ったことが何度かあったそうだった。
彼の人生のポリシーは、自分が行動して新たな可能性を開くことだという。その典型的な例が、1970年にコネもないニューヨークに単独で渡り、自らのカだけで写真家キャリアをスタートさせたことだろう。誰も過去にやっていないことに挑戦しようと、80年代に8X10"のカメラで開始した「ハーレムの瞳」シリーズにも同様の強い意志が感じられる。
アートの世界に挑戦しようと考えた時も、自らで情報収集と市場調査を行い道を切り開こうとした。光栄にも私どものギャラリーのドアを叩いてくれた。

中村との会話から、ギャラリーで行う写真展に意外な傾向があることに気付いた。これはあくまでも確率で絶対ではないが、過去を思い起こすとギャラリーから初対面の写真家にお願いして行った写真展は失敗することが多い。逆に、写真家からのアプローチがきっかけで行った写真展はうまくいくことがなぜか多い。写真家との出会いを思いだしてみると、現在のギャラリー取り扱い作家は最初に彼らからコンタクトしてくれた人が多いのだ。

私たちは、日本で数少ない商業写真家のアート作品を取り扱うギャラリー。普段から写真家からのコンタクトは非常に多い。その中で、取り扱い作家たちに何か特徴があったかを考えてみた。彼らはギャラリーのポリシーや仕事内容をよく調べ、発信しているメッセージを知っている人たちだった。アート・ビジネスを自分の知らない分野と理解し、協力を依頼するようなスタンスなのだ。だから、よく話し合うことができ、信頼関係を構築しやすかった気がする。互いに同じ目的意識が持てるような感じだ。それが結果にあらわれるのかもしれない。
写真家を紹介されることも多いが、これにも経験則がある。写真家による紹介はほぼ間違いがない。プライドが高いアーティストが推薦する人はだいたい能力のある人だ。そのような紹介の機会は大事にしている。

逆にギャラリーから写真家にお願いする時は、この人の写真展をやれば作品が売れる、注目を浴びるといった、エゴが背景にあることが多い。ギャラリービジネスは、写真家とディーラーとの共同作業だ。どちらかが主張しすぎるとだいたいうまくいかない。ディーラーはそれ自体が仕事だから作品は売りたいのだが、商業写真という仕事のベースがある写真家は必ずしも販売に真剣でないかもしれない。 ディーラーの思いは、場合によってはエゴの押し付けになりかねない。この場合どうしても両者の取り組み姿勢の違いが出てしまう。ディーラーのマーケティング力だけでは作品は絶対に売れないのだ。
ある有力写真ギャラリーは、どんな著名写真家の写真展でもギャラリー側からはお願いしないことで知られている。私が若い時は、新しい作家を見つけようとしない姿勢はおかしいと思ったりしたものだ。しかし、今になってみるとそのポリシーが長いギャラリー経営の経験から導かれたものであることが良く理解できる。

このような経験則を中村に話してみた。すると一言「写真家の覚悟の違いかな」という言葉が返ってきた。それは写真展で多くの人に自分のメッセージを伝えて作品を買ってもらう、という覚悟かなと軽く受け取った。
続いて彼から、「ディーラーはどんなうまいセールストークで写真を売るんですか」と冗談交じりで尋ねられた。「写真は営業トークでは売れません。まずお客さんが写真に感動することが第一、心が動いた人には作品をよりよく感じるように、少しばかり情報を提供するんです」と普段考えていることを話した。その時に、ふとさっきの「写真家の覚悟」とは、作品制作時の覚悟なのだとという答えが天から降りてきた。
中村にしてみれば、当時は危険なハーレムで8X10"で作品に取り組むという覚悟。自分が心から撮りたいというテーマがあり、覚悟を決めて取り組んだ作品に作家は絶対的な自信がある。これは写真家だけに限らない。自信がある人は自分の中に基準があり、自らを客観視できる。自分のやりたいこと、できること、できないことが明確に見えているのだ。だから、作品の評価など気にせずに自信を持ってギャラリーに営業できるし、専門外のアートビジネスでは相手を信頼して一任する余裕があるのだろう。
冒頭の経験則は、覚悟を持って取り組んだ作品を持つ写真家からのアプローチで行った写真展はうまくいくことが多いという意味だったようだ。
オーディエンスの感情を揺さぶる作品の背景には写真家の覚悟がある。感覚重視で制作された作品が多い中、中村の作品はいまでも新しい世代のファンを引き付けている。

| | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

2010年ギャラリー情報アップ・デート
ソウル・フォト2010など

Blog

ゴールデン・ウィークの期間はソウル・フォト2010に出展する予定だ。今回が3回目の開催で今年から国際的フェアーになるそうだ。招待国はスペイン、日本からは現在東京都写真美術館で個展開催中の森村泰昌が招待作家となる。
ギャラリーにとってアート・フェアーは二つの意味を持つ。情報面では収集と発信、ビジネス面では販売と仕入だ。私どもが欧米で開催されるアート・フェアーに参加しないのは、現地が求める種類の日本人作家を抱えていないからだ。西洋人は自分たちとは異なる価値観を持つ外国文化を好む傾向が強い。彼らが考える「日本的」とは、現代に生きる日本人がリアリティーを感じるものと隔たりがある。
私たちのギャラリーは、日本人が憧れる西欧的なドライな感覚を持つ作家の取り扱いが中心だ。そのような作家は本家本元の欧米には数多くいる、日本在住作家の場合だと情報発信面で勝負にならない。それゆえ海外アートフェアーは、優れたセカンダリー作品の仕入と、新人作家を見つけるための情報収集の場だった。ネットでの情報収集が可能になる前は、オークションとともにかなりの頻度で訪問していた。

しかし、アジアで開催されるアートフェアーとなると事情が違ってくる。それは、多くのアジア人は欧米文化への憧れを持っており、日本人がカッコいいと感じる作品は彼らにとっても同じではないかと考えるからだ。
また、ソウル・フォトの運営に今後期待が持てると感じられたのも参加動機のひとつ。 日本の場合、個人や組織間の利害関係が複雑に絡み合う。大きな目的のために私欲を捨ててみんなが協力することは非常に難しい。その点、韓国は官民一体となってイベントを成功させようとする強い意図が感じられる。 韓国の仁川空港に日本のハブ空港を奪われている、といわれているが、同じようなことがアート写真市場でも起きる可能性があると思う。東京でなくソウルがアジアのアート写真の中心地になるかもしれないという予感がする。 しかし、実際の状況は現地に行かないとわからない。今回は、市場調査も兼ねて参加することにしたのだ。

5月中旬からは、米国人女性作家テリ・ワイフェンバックの新作展「アナザー・サマー」 を開催する。昨年秋に加瀬亮氏が編集・ディレクションを行うサンダーストーム・プレスから刊行された同名写真集よりカラー作品がセレクションされる。写真集は瞬く間に完売したが、会場では若干数を販売できる見込みだ。
9月にはトミオ・セイケ、年末にはナオキの個展を予定している。
その他、数々の楽しみなプロジェクトが同時進行中。詳細が決まりましたらご案内します。

| | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

世にも残酷な写真展?
「Black & White Scape」展

Blog
(C)Nobuo Nakamura

「Black & White Scape」では国内外の複数作家の銀塩写真を展示している。ある来廊者から、この写真展は残酷ですねという感想がよせられた。本展の出品作が8X10"大判カメラから35mmまで、様々なフイルム・サイズで撮影されている。それゆえプリント・クオリティーの差が歴然としてわかるという趣旨のようだった。
そのような視点での写真展の見方もあると思う。しかし、今回ギャラリーが考えた作品展示の趣旨は少し違うところにある。逆説的だが、アート写真の作品評価軸はカメラ・フォーマットやプリント・クオリティーだけではないことに気付いてほしいのだ。アートの前提は見る人を感動させられるかどうかにかかっている。20世紀のアート写真の場合、印刷では再現できない銀塩プリントの美しさ、クオリティーがそのための大きな魅力と考えられていた。その最高峰がアンセル・アダムスのオリジナル・プリントだ。しかし21世紀の現在、プリント・クオリティーの作品評価上の重要度が低下してきているのだ。写真作品も現代アートの影響でよりコンセプト志向となった。写真家の投げかける時代に対するメッセージの重要度が増してきたのだ。つまり、今回はあえてアンセル・アダムスを展示することで、写真の価値観が揺れ動いている事実を象徴的にアピールしたかったのだ。
また以前触れたように、彼についても高品質の風景写真作家というステレオタイプ以外の見方をしてほしいとも考えている。

できる限り来廊者の感想を聞くようにしているが、彼らの見方や解釈が非常に様々なのが面白い。写真を撮影する人は、写真クオリティー、イメージを優先して見ている感じだ。一方で、写真をコレクションしている人は、写真を作家の世界観に導かれる入り口としてとらえ、そのうえでイメージ、プリントテクニックを考慮して総合的に評価しているようだ。かれらからは作家のバックグランドやキャリアの質問が多い。前者は作品を目で、後者はさらに頭と心でも見ているといった感じだろうか。

アート写真との接し方は、音楽の世界と比べてみるとわかりやすいかもしれない。時代を超えて支持されるミュージシャンは、必ずしも天才的なテクニックや歌唱力を持つ人とは限らない。彼が発しているメッセージなどの世界観と心を揺さぶる楽曲が総合的に判断され、味があるなどという表現で愛でられている。そしてミュージシャンのファンは過去のアルバムをずっと聴いている。蓄積された情報をベースに新曲の判断を下すだろう。写真もギャラリーの個展で1枚を見ただけでは評価できない。見る人の持つ情報量と思考の蓄積によって感じ方が左右されるのだ。今回展示している、ハービー・山口の桜のある風景は、彼のロンドンを始め一連の作品やメッセージ類を経験したことがない人には良さが伝わらないだろう。ナオキの東京風景も、彼の写真哲学を知り、ファッション写真、渋谷カワイイ・スタイルなどの作品を見たことがないと理解不能だと思う。

ベテランのコレクターによると、イメージ、クオリティー、そして作家の評判だけで作品を買うと後で後悔することが多いという。それらが無意識化でき、さらに作家のメッセージにも思いをはせることができれば作品を本当に自然に見られるようになるということらしい。それは、世間の評判ではなく自分自身の作品評価の基準が持てることでもある。しかし、そのような優れたセンスは自らが経験を積んで、努力しないと身に付かないことなのだ。
「Black & White Scape」はあらゆる経験レベルの観客が楽しめる作品セレクションになっていると思う。多くの人の視覚、思考、感情が刺激されて、少しでもアート写真理解力の向上につながれば幸いだ。

| | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

写真ギャラリーの目的別活用法
キャリアにより異なるアプローチ

Blog

日本には数多くの写真ギャラリーがある。同じギャラリーと呼ばれていてもその種類と目的は様々だ。
最も一般的なのは場所貸しを行うレンタルギャラリー。その性格はよく理解されている。 しかしカメラメーカーなどの企業系ギャラリーと、商業ギャラリーとの違いはあまり知られていない。前者は、企業の広報活動の一環業務で年間予算で運営されいることが多い。作品販売も行うことはあるが企画ごとの採算はあまり考えていない。宣伝効果を優先するので観客動員が重要になる。かつては文化支援を目的とするギャラリーが流通系企業により数多く運営されていた。 残念ながら最近の不況でこれらはほとんどなくなってしまった。企業系ギャラリーでは、審査さえ通れば写真家は販売など考えずに比較的自由に作品展示を行える。

一方で、商業ギャラリーは写真のアートビジネスを行っている。それはギャラリーと写真家による共同事業。写真を美術品の一種として取り扱い、販売する。顧客と写真家をつなげるためにギャラリーは写真展プロデュースも手掛けている。アートというと何か違う世界の話のようだが、広告に置き換えるとギャラリーが広告代理店で、写真家が制作プロダクションのようなものともいえる。写真展成功のためには両者の綿密なコミュニケーションが必要となる。
商業ギャラリーの特徴は作家を長期的な視点で支援することにある。営業活動の継続を通じて作家のブランディングを行っており、写真展はその一環なのだ。販売が目的なのだが、最初の写真展では大きな成功は求めない。作家が認知されるのには長い時間がかかり、複数の個展を通じて顧客が増えていけばよいというスタンスなのだ。その前提は、作家の継続した作家活動にあることはいうまでもない。
作家の作品市場作りも商業ギャラリーの重要な仕事だ。写真展を開催していない期間でも、取り扱い作家の営業活動を行っている。第三者のコミットにより写真家の市場での作品価値が担保されるのだ。販売価格も、相場、同キャリアの作家との比較からギャラリーが決めることが多い。
また訪れる観客の種類がかなり違うことも知ってほしい。メーカー系ギャラリーは観客動員が多く、アマチュア写真家の割合が高い。商業ギャラリーは観客動員が少なく、コレクターや美術愛好家が観客の中心になる。

職業としての作家を目指すならば、それぞれのギャラリーの違いを意識して目的に合わせて付き合うべきだろう。それは写真家のキャリアの段階によって違ってくると思う。
キャリア初期の人に重要なのは知名度の向上。より多くの人に作品を見てもらい、自分の写真を通じたメッセージが思う通りに伝わるかの検証が必要になる。その一環として、貸しギャラリーでの個展開催、観客が多い企業系ギャラリーや各種写真賞に挑戦して作品露出を増やすことが重要だ。
複数の個展経験があり、写真集が出版されている段階の人なら商業ギャラリーを意識した方がよいだろう。本格的に作家として認められるためには第三者によるブランディングが必要だからだ。

| | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »