« 木村伊兵衛写真賞
高木こずえ氏の受賞理由を考える
| トップページ | ソウル・フォト2010
韓国アート写真の現在 »

2010年4月25日 (日)

アンセル・アダムスの名作の価値
ヴィンテージはモダン・プリントの7.5倍

Blog

アート写真の名作のとなると、同じネガから様々な大きさのプリントが、長い期間にわたって数多く制作される。写っているのは全く同じイメージなのだが、プリント年によってその市場価値にはかなりの差がある。いわゆる、撮影されてから短い時期に制作されたヴィンテージ・プリントとその後に制作されたモダン・プリントだ。
昨年12月に興味深い出来事があった。この2種類のプリントがニューヨークのスワン・オークションで入札されたのだ。作品は写真界の巨匠アンセル・アダムスがキャリア絶頂期の39歳の時に撮影した代表作"Moonrise, hernandez, New Mexico,1941"。日本語表記は"月の出,ヘルナンデス,ニュー・メキシコ"。写真好きで知らない人はいないだろう。1948年制作のヴィンテージ・プリントはアダムスの友人だったValentino Sarra氏のコレクションからの出品。最終的に36万ドルで落札された。一方、60年代にプリントされたモダンプリントは48,000ドル。2作品の価格差は約7.5倍だった。
名作"Moonrise"には、過去にも同じような機会が何回かあった。同作の最高値は景気が良かった2006年秋にササビーズNYでつけた609,600ドル。この時も60年代のモダンプリントが同時出品されており、33,600ドルで落札されている。価格差はなんと約18倍だった。通常は状態などにより4~7倍程度。2006年のヴィンテージは彼のアシスタントを勤め、生涯の友人だった写真家パークル・ジョーンズのコレクションからの出品だった。好景気だけでなく、抜群の来歴と、同じようなプリントが10枚程度しか存在しないという希少性から入札は過熱したのだ。

ヴィンテージ・プリントの定義は関係者の間でも意見が完全に一致しているわけではない。だいたい撮影後1年程度の期間内にプリントされた作品がヴィンテージといわれることが多い。古い時代の写真の場合は、撮影後、5年~10年くらいが含まれる例もある。
通常、ヴィンテージプリントの数は本当に限られる。昔は1枚の写真が何十年後に高価になることなど誰も想定していなかった。プリントは面倒な作業なのでだいたい1枚か2枚くらいしか存在しないものなのだ。 ワインとおなじように単純に昔に制作されたものをヴィンテージと誤解する人もいる。 たとえば、1950年代に撮影された写真が1970年代にプリントされたとする。確かにいまから30年以上前にプリントされた作品は古いという意味ではヴィンテージ。しかし正確には撮影から20年後に制作されたモダン・プリントなのだ。上記の1941年撮影の"Moonrise"は、1948年12月にネガの再処理が行われているという。私は専門家でないので技術的なことは詳しくわからないが、本作の場合それ以前のプリントはヴィンテージ扱いされることが多い。もし本当に撮影直後制作のプリントがいま市場に出ると世界中の美術館やコレクターの競い合いになりかなりの高額になるだろう。

現代作家を買う場合はヴィンテージかどうかは特に心配無用だろう。いまではエディション制度で制作枚数が限定されている場合が多いので希少性はある程度担保されている。またクオリティーも厳密に管理されているのでエディションの若い方が価値が高いということはない。 しかし、現代アート系写真のようにエディション数を極端に少なくしている作品には注意が必要だろう。ヴィンテージ・プリントが希少性で高額になることを逆手にとって、 制作数を少なくし、サイズを大きくすることで販売価格を高価にしているのだ。人気がでればすぐに価格上昇するので投資目的の人が好む傾向にある。しかしキャリアが浅い作家の場合、いくら高額でも価格自体に既に本源的な価値があるわけではない。将来の可能性という時間的価値があるだけなのだ。人気が全くでない可能性もある。作品価格は年月経過の中で作家キャリアが評価されるに従って上昇するものだと思う。コレクション初心者にはこの種の写真はあまりおすすめできない。
その点、小振りのアート写真は新作価格が安いので一般人向けの民主的なコレクション対象だと思う。ちなみに、上記の"Moonrise"のモダンプリントは、70年代には1000ドルにも満たない金額で売られていた。いまは安い現代作家の写真作品でも、将来に夢を見れる可能性を十分に秘めている。コレクションはライフワークとして楽しめる高度な知的遊戯なのだ。

|

« 木村伊兵衛写真賞
高木こずえ氏の受賞理由を考える
| トップページ | ソウル・フォト2010
韓国アート写真の現在 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170909/48178443

この記事へのトラックバック一覧です: アンセル・アダムスの名作の価値
ヴィンテージはモダン・プリントの7.5倍
:

« 木村伊兵衛写真賞
高木こずえ氏の受賞理由を考える
| トップページ | ソウル・フォト2010
韓国アート写真の現在 »