« テリー・ワイフェンバック写真展
「アナザー・サマー」を考えてみる
| トップページ | インテリアとしての写真作品
Tokyo Lifestyle Photo »

2010年5月25日 (火)

アート写真の行動原理
あなたにパッションはあるか?

Blog
現在開催中のTerri Weifenbach 展示風景

アート業界でよく聞く言葉にパッションがある。和訳すると、激しい感情、熱心さ、情熱、ただ好きという以上の意味だろう。アーティストにとって、継続して作品を制作し続けるには情熱が必要不可欠だ。以前、アート制作上重要な言葉として「覚悟」を上げたが、類似した感じだろう。
パッションは、ディーラー、コレクターにも使われることが多い。ディーラーの場合、アートはお金儲けのビジネスとしては魅力的ではないが、好きでパッションがあるから続けているということ。マスコミに登場するようなリッチなディーラーは現代アートの世界のごく一部の話なのだ。プライマリー・ギャラリーの経営方法を記した本には、成功の素養はビジネスセンスとアートへのパッションで、パッションがない人はギャラリーを開くべきではない、とまで書かれている。
また、オークションハウス・クリスティーズのウェブサイトには、顧客が自分の興味のあるアート分野を選ぶ箇所に、あなたのパッションは?と書かれている。その下にいくらまでの金額が使えるかのカテゴリーがある。何かを買うにはエネルギーが必要だ。それも高額なアートを買い続けるには単に好きだけでは続かない。
アートは作る側も、売る側も、買う側も好きであるとともにパッションがないと継続できない。これがコモディティー(一般商品)の売買との違いなのだ。

パッションの背景にはどんな思いがあるのだろうか?
アート関係者の話には、愛だの、世界平和だのがちりばめられる。さすがにアートが世界を変えるなどとは思っていないが、少しばかり浮世離れした発言の半分くらいは嘘偽りのない思いなのだ。単なる好きを超えて、ひとつでも優れた作品を送り出して世の中を少しだけでも良くしよう、それに協力しようという強い思いがある。アートはビジネスであると同時に当事者が社会的使命を感じるかが問われる。これは欧米社会に根付いているチャリティーの精神と通じるのだろう。

好景気の時には、見栄がはれる、もうかるという見通しで新規業者がアート業界に参入する。しかし、彼らにはパッションがないのでビジネス的に成功しないと継続する動機を失ってしまう。自分でやってみるとはたから見ているよりもうまみのない商売だと気付くのだ。企業が新規事業として取り組んでも成功しない理由はここにある。
実は私がこの仕事を始めたのは、単に写真を取り扱うのがカッコよくて、ビジネス的にも有望と考えたからだった。最初のころは赤字は出さなかったが儲けはほとんど出なくて苦しんでいた。当時の著名評論家に、全然儲かりません、と愚痴をいったら、そんなのは当たり前だ、と一喝されたのをよく覚えている。なんで今でも続けているかというと、その後の多くの尊敬できるアーティストとの出会いを通して世の中でのアートの可能性を信じられるようになったからだ。

単なる偶然かもしれないが、ここ数年、私の周りにパッションを持った比較的若い世代の人が集まってきた。写真文化が育っていない地方都市で写真ギャラリーを開く、空いている不動産物件を写真展示や啓蒙活動のために提供する。インテリア空間での作品展示を通して写真を広い層にアピールしようとする人などだ。 近日中に、アート・フォトグラフィー・アソシエイツ・ジャパンというアート写真普及活動を行う非営利団体の立ち上げも計画されている。
彼らにはそれぞれの思いがあり、自らの功名心や経済原則だけで行動しているのではないことは明らかだ。しかしアートではパッションとともに、アーティストと関係者間でのプロとしての相互リスペクトも重要になる。(リスペクトについては改めて触れたい) アートを利用してのビジネス展開にパッションがあるだけでは成功しないのだ。このへんが通常ビジネスとはやや違う点となる。彼らのパッションを無駄にしないために、私も可能な限り協力やアドバイスを行っていきたい。

日本では、いままで写真家が中心になってアート写真の普及活動が細々と行われてきた。しかし、アーティストの作品に付加価値をつけて販売するのは第三者が行う仕事。今回の動きで特徴的なのは、すべて写真をコレクションしたり、見せる側におきていること。やっとアート写真での作家以外の周辺分野の仕事が認知されてきたようだ。日本のアート写真の将来にもやっと明るい道筋が見えてきたのではないか。

|

« テリー・ワイフェンバック写真展
「アナザー・サマー」を考えてみる
| トップページ | インテリアとしての写真作品
Tokyo Lifestyle Photo »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170909/48455350

この記事へのトラックバック一覧です: アート写真の行動原理
あなたにパッションはあるか?
:

« テリー・ワイフェンバック写真展
「アナザー・サマー」を考えてみる
| トップページ | インテリアとしての写真作品
Tokyo Lifestyle Photo »