« 何でライアン・マッギンレーはすごいのか?
「Photography After Frank」から読み解く
| トップページ | 写真展での情報発信とは
作品コンテンツが伝わりはじめる! »

2010年7月27日 (火)

メイキング・ギャラリー・スペース
広尾にアート写真の情報発信拠点がオープン

Blog

7月30日にグランド・オープンするインスタイル・フォトグラフィー・センター(IPC)の内装と展示がほぼ完成した。全体が約52.5坪あるスペースにギャラリー空間を設置。 折りたたみ式のパーテーションで二つのギャラリーに分けることができる。
グランド・オープンのハービー・山口「街角の天使たち」展では全体スペースを使い約65点の作品を展示する。同展は、7月29日(金)~9月12日(日)まで開催。入場料300円、オープンは金、土、日、営業時間は1時から6時(金曜は7時まで)となる。

それ以降の予定は、9月下旬に押田隆好の「Phase dance(新古典主義)」、10月は6人の日本人写真家のグループ展「Imperfect Vision(ポジティブな侘びの視点)」を開催する。
会場オープンとともにアーティストを目指す人向けの11月以降の会場レンタル募集を開始する予定。使用規定はほぼ完成したのでIPCのウェブサイトで近日中に公開予定。肝心の使用料金だが、2つのスペースともに2週間単位の貸し出しで各約13万円を予定している。ただし、アート作品の条件を満たしているかの審査も行う。アート写真普及を目指す為のスペースなので、利用方法は写真展だけに限らない。現在、小規模でシンプルなアート・フェアー、アート・コレクターのコレクション展なども開催候補になっている。アイデアを持っている人の相談は大歓迎だ。新しいタイプのアート写真の情報発信拠点になればよいと考えている。

IPCおよび運営するアート・フォトグラフィー・アソシエーツ・ジャパンの良いところは、NPOであるがゆえに経営上の焦りがあまりないところだと思う。現在は、不況なのでギャラリーも写真家もあまり余裕がない。時間をかけないで作品を高く売ろうとする気持ちが強くなりがちだ。一部のアート・フェアーでは、写真史で知られる有名作家の作品よりも、全く知名度がない日本人写真家の大きい作品の方が高額であるような奇妙な現象が散見される。高額な出店料、運営経費などを考えたら気持ちはわからないでもない。
しかし、欧米では約35年かかってプライマリー市場が拡大し次第に価格が上昇してきた。その時間の積み重ねが背景に厚みのあるセカンダリ・マーケットが育ってきたのだ。日本でも、まずギャラリーの店頭で幅広い作家の作品が、低価格から売り出される状況が生まれないといけない。そして個展の回数を重ねて、市場での高い評価を得た作家の作品は上昇するのだ。作家活動の積み重ねで作品の値段を決まるのだ。低価格だと、作家もギャラリーもあまりもうからない。しかし、その過程なしでいきなり数十万円の価格で作品が売れ続けることなどありえない。
アートはバーゲンセールがないので、一度値段設定をまちがえるとその作家のポートフォリオを死蔵させてしまうことにもなりかねない。市場を拡大させるには、まず最初の段階では関係者がやせ我慢しながら優れた作品を供給する努力が必要不可欠。IPCは低価格で写真展会場を提供することで市場拡大のお手伝いを多少でもしたいと考えているのだ。

|

« 何でライアン・マッギンレーはすごいのか?
「Photography After Frank」から読み解く
| トップページ | 写真展での情報発信とは
作品コンテンツが伝わりはじめる! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170909/48991016

この記事へのトラックバック一覧です: メイキング・ギャラリー・スペース
広尾にアート写真の情報発信拠点がオープン
:

« 何でライアン・マッギンレーはすごいのか?
「Photography After Frank」から読み解く
| トップページ | 写真展での情報発信とは
作品コンテンツが伝わりはじめる! »