« ファッション写真とレア・フォトブックが
見て、楽しめて、買える!
| トップページ | アートとしてファッション写真
日本はどうなっているの? »

2010年8月31日 (火)

写真家にとっての写真集とは
横木安良夫「GLANCE OF LENS 1 Vladivostok」

Bs250

出版不況の中、写真集を出版し難い状況が続いている。
新人から中堅写真家の場合、一部の独立系出版社の編集者の好みに合った作品であるという幸運がなければ、自費出版しか手だてがない。多くの人は悪い環境を嘆いて諦めてしまう。

しかし、写真家のキャリア形成にとって写真集は重要な役割を果たしてくれる。営業的にも数々のメリットがある。1点もののポートフォリオを持って、関係者を回るのは非常に時間のかかる忍耐力のいる行為だ。コネクションがないと実力者とのアポすら難しいだろう。写真集なら、自分が作品を見てほしい人に送ればよい。DVDディスクだと、コンピューター・ウィルスの可能性もあるので見てもらえないことが多い。本ならページをめくってもらえる可能性がはるかに高いし、複数の人の目に留まるかもしれない。あのライアン・マッギンレーの輝かしいデビューも自らが関係者に送った自費出版の写真集がきっかけになっている。

写真展開催も作品アピールの方法だが、どうしても物理的、時間的に制限がある。残念ながら写真展終了後には世の中に忘れ去られてしまうことが多いのだ。ウェブサイトでの作品公開も世界中の人に見てもらえる可能性はあるだろう。しかし、膨大な情報量があるサイバースペースの中で、偶然に無名の人のポートフォリオが注目される可能性はかなり低いだろう。
一方、写真集は広く流通するので、予想もしない海外の関係者の目に留まる可能性だってある。また当初は認められなくても、将来的に世の中の価値観が変化したとき、写真集がきっかけで再評価されることもある。モノとして作品を残すことは重要なのだ。

ただし写真作品を単純に本にすればよいのではない。この点を勘違いしないでほしい。日本には様々な種類の写真集が存在する。上記のような写真家にメリットがあるのはアート系の写真集なのだ。
例えば、稼いでいる広告写真家が豪華な写真集を作ることがある。これらの多くが単に自分の過去の写真をまとめているだけなのだ。装丁にも凝っているが、写真がデザイナーの素材になっている場合が散見される。写真家本人のステーツメントが載っていないこともある。これらは最初に写真ありきの作例集で作品集ではない。(英語だと、photo illustrated bookで、photobookではない)アート作品なら、写真家がどうしても伝えたいメッセージが最初にあるはずだ。

さて今回の横木安良夫のコンパクトサイズの「GLANCE OF LENS 1 Vladivostok」は、ベテラン写真家が写真集制作の新たな道を後進に指し示そうとする試みだと思う。デジタル化の進行により、オンディマンド印刷で以前よりもかなり低価格で高品質ブックレットが制作できることを実践したのだ。多額の費用がかかる自費出版ではないことがポイントだと思う。メッセージの発信に豪華な体裁は必要はない。もっとカジュアルに自分の作品集に取り組んで、経験を積んでほしいということだろう。最初から高いレベルのものができるわけがない。自分の予算の範囲内で何度でも試行錯誤を重ねればよい。そうすれば、作品のセレクション、配列、レイアウトなどの経験を積むことが出来る。 自分のメッセージが伝わるかどうかの検証も可能だ。

多くの若手写真家が写真集作りに挑戦して互いに切磋琢磨すればその中から良いものが必ず生まれてくると思う。私も彼の考えに賛同する。写真史的にも、60~70年代の日本のフォトブックが頂点だった時代の精神を横木が受け継いでいると解釈できないこともないだろう。
また今回の横木安良夫の写真集はデザイナーの原耕一との深い信頼関係の上に出来上がっているのにも注目したい。本書は若い写真家が若いデザイナーと組んで互いに経験を積み重ねて欲しいというメッセージでもあるのだ。
私個人的には、より高い目標を持つ人は欧米のようにギャラリストとともに作品コンセプトのマーケティングにも取り組んでほしい、と願っている。

横木安良夫のコンパクトサイズの「GLANCE OF LENS 1 Vladivostok」は限定250、作家サイン・番号入り、ショートストーリー(ウラジオストクものがたり)の別冊付、ソフトカバー、サイズ:約29.8 X 21cm。販売価格は1650円(税込)
2010年8月27日(金)~9月8日(木)に、渋谷のロゴスギャラリーで開催中の「レアブック・コレクション2010」会場で販売しています。アート写真を志す人ならぜひ実物をご覧になってください。なお私は、だいたい夕方から夜の時間帯は会場にいます。遠慮なく声をかけてください。

|

« ファッション写真とレア・フォトブックが
見て、楽しめて、買える!
| トップページ | アートとしてファッション写真
日本はどうなっているの? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170909/49306422

この記事へのトラックバック一覧です: 写真家にとっての写真集とは
横木安良夫「GLANCE OF LENS 1 Vladivostok」
:

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010年9月 1日 (水) 01時12分

« ファッション写真とレア・フォトブックが
見て、楽しめて、買える!
| トップページ | アートとしてファッション写真
日本はどうなっているの? »