« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月26日 (火)

Imperfect Vison展
現代日本人写真家の侘びとは?

現在開催中の"Imperfect Vison"(侘び・ポジティブな視点)展。その英文の意味をよく聞かれる。これは、辞書を引くと、不完全な、不十分な、と書かれている。実は、Imperfectは、岡倉天心が「茶の本」で侘びの意味で使った表現と言われている。 響きが良いので、侘びの視点という意味合いで採用した。さて、本展は禅とかかわりがある美意識が中心テーマだ。作家の視点が提示されないとそのメッセージが読みにくい場合がある。前回は、丸山晋一、地現葉子、下元直樹を紹介したので、今回は残りの作家の作品の世界観を簡単に解説しよう。

Blog

まず注目してほしいのは、ナオキの新作"One Scecond"だ。今回はシリーズの中の#1が横幅約1.2メートルの大判サイズで紹介されている。#2、#3はA4のコンパクトサイズでの展示だ。これは彼が現在進めているハイビジョン動画の同名プロジェクトの際に撮影されたショットをベースに制作されている。動画はhttp://www.workshop.jp/で公開中だ。現在活躍中のモデルを、白いトップスとジーンズというシンプルなスタイルとナチュラル・メイクで撮影し続けるというもの。撮影数は現在までに100人を超えるという。
ワンセカンド、つまり1秒というのがポイント。ナオキ曰く、それ以上の時間だと女優に負けてしまう。1秒ならモデルが表現で勝てるという。彼は自分が選ぶと好みが出るので、モデルのキャスティングには一切関わってないという。
ある意味では、21世紀のモデルを客観的にフィールドワークを行った、タイポロジー的な作品。その元祖のベッヒャー夫妻が行ったように彼も写真をグリッド状に並べている。きれいな昆虫を採集してコレクションするようにナオキは日本の美女を写真でコレクションしているのだ。
興味深いのは、なにも先入観がないと、一瞬同じ女性のバリエーション写真に見えること。実際、彼は80年代のミラノ時代に一人の女性を様々な角度と光線で撮影している。前回の個展ではそれらをグリッド状に展示したが、その時は逆にすべてが別人のように見えていた。当時のモデルがいまよりも個性的だったということか。現代の女性は個性的になったと言われるか逆に画一化しているのかもしれないと感じさせられる。
いまは世間一般の価値観が多様化して絶対的なスタンダードが存在しない。この時代は個性的でないことが重要であるということかもしれない。ヘア、メイク、スタイリングにより自由に変化できるということだろう。従来のグラマラスなスーパーモデル像とかけ離れたケイト・モスがトップに居続けることも同じような背景によると思う。
現代日本におけるモデルのフィールドワークはナオキによる21世紀の美人像のドキュメントとなっているのだ。


高橋和海は、米国でも人気の高い風景写真作家だ。代表作の「Moonscapes」から20X24"の大判作品を2セット、4枚展示している。彼の作品はすべて月と海のイメージが対になっている。
月は日本の美意識である無常感を象徴するもの。その月の引力に影響されて潮の満ち引きが起こる。壮大な自然の摂理に神を見出したかつての日本人の心境が彼の作品からは直感的に伝わってくる。
彼の写真はカラーのタイプCプリント。裏打ちされた平滑性が高い作品だ。それゆえ、夜の月を撮影したものなどは闇の黒色がまるで鏡のようになり見る人の顔も写りこませるという特徴がある。これが気になる人とそうでない人がいて非常に興味深い。
写真自体を見ている人は、展示が悪いなどと言うものの、アート作品として見る人はまったく気にしないのだ。
「Moonscapes」のなかで最も人気の高いのが、写真集「High Tide Wane Moon」の表紙イメージ。20X24"作品はほぼ完売状態だ。本展に合わせて、限定25部だけ、同作の11X14"のオリジナルプリント付き写真集セットを制作した。写真集も完売なので、買い逃した人にはぜひお勧めしたい。手頃な大きさなので初めて写真を買う人にも最適だろう。


山下誠一は、写真による水墨画に挑戦している。滝、森林、山などをモチーフに作品を制作。それらは、山岳信仰や水に生命の源をみる、かつての自然崇拝がベースとなっている。もともと山水画は禅の悟りを描いたものだった。彼は技術探求に非常に熱心な写真家だ。ある時、墨とインクジェットとの技術的な類似点に気付き、独自のプリント技法を追求するようになる。その過程で、プリント用紙に最適の出雲の"みつまた"和紙と出会う。水墨画同様に、顔料インクで制作された和紙作品には科学薬品がほとんど使われない。とてもエコな写真なのだ。手すきの和紙なので作品自体に風合いと存在感がある。今後はこの技法を生かした上で、作品のテーマ性がより明確に提示されることを期待したい。


石毛一徳は、千葉出身の写真家。
この10年間くらい、彼は他人に評価される、認められる写真を撮ろうと悪戦苦闘してきた。
しかし、写真は正直だ。エゴがでたような作品はなかなか見る側の心を打たない。 つまり、それらは目と頭で撮影した写真で、心で被写体と向き合っていなかったのだ。彼は自分の邪念をなくすために座禅を組んだりしたらしい。そして、ここ数年は九十九里海岸に出向いて砂浜をひたすら歩くようになった。それも中途半端ではない。彼は体力があるのでエゴがなかなか消えないらしい。歩く時間はだんだん延びていき、今では短くて5時間、長い時は8時間以上もひたすら歩くという。さすがに最後の方になると疲労困憊して自分のエゴなど消えてしまう。そんな時に普段は見えない砂浜の姿が見えることがあるというのだ。本展ではそんな写真を撮るための荒行の末に撮影できた渾身の3作品を展示している。 今回は、砂浜だが、エゴが消えたときに見えた、海、空の写真も見てみたい。


東京広尾のインスタイル・フォトグラフィー・センターで開催中の「Imperfect Vision」は日本の伝統的な美意識を作品に取り込んでいる日本人写真家7人によるグループ展。
ナオキ、高橋和海、丸山晋一、石毛一徳、山下誠一、地現葉子、下元直樹が参加している。
いよいよ今週の週末が最終となります。10月31日(日)まで開催。どうぞお見逃しなく!http://www.instylephotocenter.com/exhibition/exhi_003.html

| | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

2010年秋アート写真オークション速報
不況でも根強い希少作品への需要

Blog

春と比べて景気の先行きにはやや雲がかかってきたという状況だろうか?
2008年のリーマン・ショックで大きな痛手を被った世界経済は各国政府による財政出動で徐々に回復し始めてきた。しかし、景気刺激策が終了するに従いその勢いが止まってしまった。内需が回復しないので日米欧は異例の金融緩和を続け、通貨安戦争へと発展した。輸出により自国経済を立ち直らせようということだ。もしかしたら先進国の景気低迷はまだしばらく続くかもしれないと多くの人が考え始めてきた。

今秋のニューヨークのアート写真オークション。主要3社の総売り上げは1,739万ドルだった。春は約1,777万ドルだったのでほぼ横ばいという結果。
しかし今年は6月に、ササビーズでポラロイド・コレクション485点のオークションが開催されている。総売り上げは約1,246万ドル、落札率約89%と好調だった。これを無事に消化した上での今秋のオークションだったので、結果は上出来だったと評価できると思う。質の高い作品を集めて、編集したオークションハウスの専門家たちの努力の結果だろう。

市場状況は、ササビーズのクリストファー・マホニィー氏のコメントに集約されている。彼は、"市場に初めて出てくる、真に貴重な作品に対して、市場は非常に強い関心を持っていることが証明された"と語っている。逆にいうと、凡庸なモダンプリントに対する需要はまだ回復途上ということだ。

高額落札は、クリスティーズに出品されたアンセル・アダムスの裏打ちされた雄大な"Grand Tetons and the Snake River, Grand Teton National Park, Wyoming,  1942"。
60年代にプリントされた約77X115cmの巨大作品。現存するのはわずか6点とのことで、338,500ドル(@85.約2877万円)で落札されている。
ちなみに、上記ポラロイド・コレクションのオークションでは、アダムスの同様の巨大作品"Clearing Winter Storm,Yosemite national Park, 1938"が作家のオークション最高価格の$722,500.(@85.約6141万円)落札されている。
ササビーズのトップは、ロバート・フランクの"U.S.90, En Route Del Rio, Texas,1955"。266,500ドル(@85.約2265万円)で落札されている。
全体の印象としては、クラシックなモノクロ作品が増えて、ファッション系と現代アート系の出品が目立って減少していること。現代アート系の作品がカタログ表紙を飾ることが多いフィリップス(Phillips de Pury & Company)だが、今回はアンドレ・ケルテスだった。ササビース、クリスティーズのカタログは90年代を思い起こさせてくれるような内容だった。ファッション系のニュートンやペンは慎重にセレクトされていたものの、絵柄によっては不落札なものが散見された。

個人的に嬉しかったのは、丸山晋一の作品Kusho#1がフィリップス(Phillips de Pury & Company)に出品され、$18,750.で落札されたこと。同イメージは10枚のエディションが既に完売している。現代アート系でも人気のある作品には需要があるようだ。
ちなみに、Kusho#1の大判銀塩写真版は現在東京広尾のインスタイル・フォトグラフィー・センターで開催中の"Imperfect Vision"で展示中です。

私が気になるのは、以前も触れたが米国で起きている株価の上昇予想の変化だ。いままでの写真オークションでの落札額の推移はほぼニューヨーク・ダウ株価と連動していた。株価上昇の背景には中長期的に価格が上昇するという一種の共同幻想があったと言われている。写真も同様に、有名作家の優れた作品を買っておけば値段はあがると信じられていた。実際に過去20年くらいの相場はその通りに動いていたのだ。
ここにきて専門家が指摘しているのは、長引く不況の影響で投資家の運用姿勢が慎重になり、株価の上昇神話が揺らいできたという事実だ。中長期的な株価上昇期待の減少はアート写真市場にも影響してくると思う。投資的見地で買っていた人は慎重になり、本当にアート写真を愛するコレクターが適正相場で買う市場になるだろうということだ。大幅な価格上昇見通しがないので、貴重な作品以外は高値での競り合いもなくなるだろう。
相場の上昇期待で買われるのは決して好ましいことではない。しかし、それが市場規模を拡大させ、新人や若手までもが注目されたのも事実だ。ブランド未確立の作家は苦戦する時代になる気がする。
今後のコレクターの志向は、多文化主義から自国主義、新人から中堅作家へ、サイズは大から中小へ、数から質へ、アバンギャルドからクラシックへと、いままでの揺り戻しがしばらく進む感じだ。

詳しいオークション結果については後日、アート写真の総合情報サイトのアート・フォト・サイトの海外オークション情報欄で紹介します。

| | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

「Imperfect Vision(侘び・ポジティブな視点)」
写真展の見どころ・注目点

Blog1

21世紀に入ってからの日本アート界で目だったのは、クールジャパンを標榜する現代アート作家たちの活躍だった。そのなかでも特に村上隆の追求していたテーマにはかなり共感できるところがあった。大衆芸術の浮世絵、マンガ、アニメ、ゲームを日本美術史の流れのなかで的確に分析した上で、自作の過去とのつながりを明らかにし、ポジションを論理付けした点はすごいと思った。
素朴な興味として、同じような展開がアート写真分野でも出来ないだろうかと感じていた。欧米の価値観で評価された写真ではない、現代日本人がリアリティーを感じる写真の追求は私のライフワークのひとつになっている。

インスタイル・フォトグラフィー・センターで現在開催中の「Imperfect Vision」はその一環ともいえる写真展だ。
もともとは、ギャラリーの写真展企画時に接するポートフォリオやワークショップ参加者の写真に、旅、癒し、自然、瞑想などをテーマにするものが多いと気付いたのがきっかけだった。それらの背景に禅思想や日本の伝統的な美意識が感じられた。日本人なのだから当たり前と言えばその通り。しかしそれらが目立つ背景には社会的な状況が影響している気がした。つまり、ポスト産業社会の到来、経済のグローバル化、新自由主義的な考え方の浸透。 それにより、多くの人が過度な競争の中での生き残りが求められ、心身ともに疲労困憊しているという状況だ。
癒し、旅行、ナチュラリスト、瞑想、カワイイなどは経済優先社会のアンチテーゼとして多くの人に愛でられるようになったようだ。その前提は疲れた心身を、旅行して自然の中で過ごしたり、瞑想したり、アートに触れることなどで元気になり、また競争社会に戻って頑張るということだった。 作家にとっても、上記テーマの作品制作は癒しの行為でもあったと思う。これはグローバルな現象で、杉本博司や村上隆が欧米で評価された背景にも同様な構図があったのだと思う。

そして2008年、米国でリーマンショックが発生したことで状況は一変するわけだ。経済成長という前提が崩れ去ったことでアンチも存在基盤が揺らぐことになる。
最初は何をやっても駄目だというような諦めの気分が支配的になっていた。しかし、開き直っていられるのはある程度余裕がある人だ。膨大な財政赤字、人口減少と低成長時代の到来。リアリティーを突き詰めると多くの日本人、特に若い世代にもはやそんな余裕は残っていない。
そのなかで一部の人たちが、諦めだけでは何も生まない、現状を認めたうえでポジティブに生きることを目指し始めた。頑張る一方で諦めを持つような生き方だ。自分のアイデンティティー探しの過程で、同様のアート表現に行きつく写真家も散見されるようになってきた。ここに私は、ネガティブな状況をポジティブにとらえる侘びの精神のようなものを感じたのだ。伝統的な美意識とのつながりがあるだけに、日本人の生きるよりどころになる可能性があるかもしれないという予感だ。

注目したいのは70年代以降に生まれた若手写真家二人だ。

Blog2
地現葉子は2種類の作品を展示している。
「植物園」では、人工環境の中で生かされている草木を現代人に置き換えて、現実は厳しく未来は決して明るくないという一種冷徹な現状認識を提示している。最新作の「空」では抽象的に表現された鳥のイメージで、そのような厳しい状況でも、 飛ばなければ何も起きない、行動を起こそうというネガティブをポジティブにとらえる姿勢が見られる。同世代の悩み苦しみを作品で見事に代弁していると思う。

Blog3
下元直樹は東北出身。「取り残された記憶」シリーズを出品している。これは東北の寂れた漁村を撮影したドキュメント作品。朽ち果て、錆びた漁村に残る住宅、店舗、倉庫、工場跡の壁面のクローズアップに美を見出している。グリッド状に展示されたタイポロジー的作品はカラフルでポップな色彩で非常に美しい。 アーロン・シスキンのカラー版のようにも見える。彼の展示からは、ネガティブな環境の中でもポジティブな視点を見出す日本的な精神を感じる。

東京広尾のインスタイル・フォトグラフィー・センターで開催中の「Imperfect Vision」は日本の伝統的な美意識を作品に取り込んでいる日本人写真家7人によるグループ展。ナオキ、高橋和海、丸山晋一、石毛一徳、山下誠一、地現葉子、下元直樹が参加している。ナオキの注目の新作"One second #1"の大判作品や、先週のニューヨーク・フィリップスのオークションで落札された丸山晋一の"Kusho #1"の銀塩写真版(非売品)などが展示されています。

毎週日曜日の午後2時~、写真展フロアレクチャーを開催します。どうぞおいでください!
http://www.instylephotocenter.com/exhibition/exhi_003_.html

| | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

初めて写真を買う人へのアドバイス
作品を見て、感じて、考える!

Blog

経験豊富なベテラン・コレクターは自分のテイストと客観評価をバランスさせた絶妙な作品選択を行う。しかし、経験が全くない人はいったい何を基準に決定を下せばよいのだろうか。今回はいつも店頭で行っている、初心者向けアドバイスをいくつか紹介しよう。

値段によって判断基準を分けてみるのもひとつのアプローチ。まずフレーム込みで5万円以内くらいまで。これくらいなら、単純に自分の作品の好き嫌いの感じで買ってみてもよいだろう。この価格帯の作品は、作家性よりもイメージ優先の場合が多い。インテリアに飾って違和感を感じることはまずないだろう。

この段階で満足する人が多いのだが、中にはよりよいものが欲しいと考える人もいる。彼らは、感覚重視で買った作品は時間がたつと何か物足りなくなることに気付くのだ。そのような人はアート作品を一種の知的遊戯としてとらえてみてほしい。それらは5万円以上の作品になる場合が多く、必ずしも第一印象が良いイメージではない。重要なのは目で見るだけではなく、心と頭でも作品と向かい合うことのだ。アート作品は単なるビジュアルではなく、作家が伝えたい何らかのメッセージの入り口なのだ。もし、作品を見て何かを心で感じたならば関連する情報を集めてみよう。見る側の持つ情報量によって作家のメッセージの意味が左右されるからだ。疑問点があればギャラリーのスタッフや、アーティストに投げかけてみよう。もし得られた情報で作品がより良く感じられたなら、それは1枚の写真を通して作家とコミュニケーションができたこと。作品が自分にとって価値を持つという意味でもある。そのような作品は購入を検討してみるとよい。

作品の将来性から判断するのもひとつの基準だろう。自分が良いと判断した作品の価値が上昇するのはうれしいものだ。作品価格は作家の仕事の継続性により左右される。通常、新作の個展開催を期に価格は上昇していくのだ。しかし初心者の場合、作品を1回見たぐらいではなかなか判断できないだろう。ここでも作家本人やギャラリーと話してみることがヒントになる。
ただし、これは本人がこだわりを持って作品制作するのとはやや意味が違う。注意が必要だ。例えば商業写真に携わる人は、撮影方法や機材、プリント用紙などへこだわりを持つ人が多い。これは作品判断上の重要な要素の一つだが逆にその部分のこだわりが作家性と勘違いしている人もいる。そんな自分のこだわりを熱心に話す人も多いがこれに惑わされてはいけない。それはどちらかというと職人気質のようなもの。
注目してほしいのは外見ではなくソフト面。つまりその作家はどのようなメッセージを見る側に伝えたいかということだ。それらは本人やギャラリストがいなくても、ウェブサイトやブログなどで語られているはずだ。もし色々と調べても、作家の視点がわからない場合は購入は控えた方がよいだろう。もちろん見る側の経験不足の場合もあるので情報収集をさらに進めて自らを高める努力の継続は必要だろう。写真で何を私たちに伝えたいかが作家の原点になる。ここの部分の強い動議づけがない人は困難に直面した場合の忍耐力が弱い。視点を見極めることが継続できる人かどうかの重要な判断基準になるのだ。

アートは自分の好きなもの、感性を刺激するものを買えばよいという考えがある。それは全くまっとうな考えだと思う。しかしそれでは一般の消費物を買うのとなんら変わらない。アートの魅力は作品を通して、自分が気付かなかった文化的、思想的な視点を獲得できることでもある。そのような作品判断が出来るようになるには、自らが能動的な学習や情報収集を行いし、アート経験を積み重ねていくしかない。単純な感動が一般化しているいま、やや複雑だが知的好奇心を刺激しているアートを求める人は確実に増加している。

10月8日(金)から東京広尾のインスタイル・フォトグラフィー・センターで開催される「Imperfect Vision(侘び・ポジティブな視点)」は初めて写真を買いたい人にぜひ来てほしい写真展だ。

日本の伝統的な美意識を作品に取り込んでいる日本人写真家7人によるグループ展だ。
撮影されている対象は、ファッション、ランドスケープ、シティースケープ、抽象などバリエーションに富んでいる。最初は全く異なるヴィジュアルが並列されているので驚くかもしれない。しかし、その制作背景を読み解こうとすると一貫性があることに気付く仕掛けになっている。
サイズは8X10"から、1メートルを超えるものまで。値段も1.5万円~から数10万円のものまでが幅広く揃っている。作家やキュレーターは出来る限り会場にいるようにしている。作品制作の背景や疑問点などの質問は大歓迎だ。買う買わないはともかく、アートを見て、感じて、考える機会にしたいと考えている。

毎週日曜に午後2時からは現地でフロア・レクチャーも開催します。

http://www.instylephotocenter.com/exhibition/exhi_003.html

| | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »