« アート写真が見て・感じて・買える
広尾・アート・フォト・マーケット現在開催中!
| トップページ | パワー・スポットの写真展
小林伸幸「Nature Feel」 »

2010年12月21日 (火)

広尾・アート・フォト・マーケット無事終了
そして2月のフォトグラフィー・ショーへ!

Blog_2

広尾・アート・フォト・マーケットが無事に終了した。これはアート写真を取り扱うギャラリー・ディーラーにより設立されたJPADS主催の初イベントだった。準備期間がほとんどなく、事前のパブリシティーは全くできなかったのだが予想外に多くの人が来てくれた。期間中に500名超の来場があった。年末の忙しい時にありがとうございました。

今回は10万円以下の作品という条件だったことから、多くは新人作家のものだった。ギャラリーが展示するということは、少なくとも一人はコレクターとしてその作家をサポートしているという意味。展示イメージはクラシックからコンテンポラリー風まで、メディアは銀塩写真からデジタルまでと幅広く出品されていた。日本でのアート写真の評価軸がとてつもなく多様であることが提示されていたと思う。 現在の日本のアート写真界の縮図のようなものだったのではないか。

写真家の渡辺さとる氏は、各ギャラリーが売り出そうと考えている写真家がどんなものなのか一堂に見比べられたのは興味深かったと指摘してくれた。ある編集者からは、ギャラリーの考えと顧客のリアリティーにギャップがあるのではないか? という指摘も受けた。要するに欲しい写真があまりないということだろう。
実際、何か欲しいものがあれば買おうとして来た人が予想以上に多かった印象だ。

ここで考えなければいけないのが、色々なところで常に語られている、顧客の欲しい写真を作家、ギャラリーが意識的に提供すべきか、ということだ。経験が浅い人は、売れ線のイメージを作る必要はないと考えるだろう。しかし、それは顧客のアート写真理解力を過小評価していると思う。彼らの主張は、写真家やギャラリーの提示する、アイデア、コンセプトにリアリティーを感じられないという意味なのだ。
意見は様々だが、展示写真を通じて色々な議論が生まれるのは好ましいことだと思う。ギャラリー、ディーラー、作家にとって、重要なのは現場での情報収集なのだ。企画を立て、作品セレクション行い、自分たちの良いと思うメッセージが顧客に的確に伝わるかの検証の場になる。通常、ギャラリーに来るのは写真展に興味を持つ特定の顧客になる。つまり興味ない人は来ないのだ。今回のようなイベントでは、様々な種類、値段、クオリティー、アイデアの写真作品が展示され、幅広い層の人が集うことになる。ギャラリー、ディーラー、作家、顧客が様々な感じ方をし、考えて話すきっかけが出来たと思う。そこで手ごたえを感じたり、反応がなかったと思う人も出てくるわけだ。 それらの現場での情報や反省点が作品や企画にフィードバックできれば、次第に顧客のリアリティーに近い写真作品に進化していくはずだ。それができないところはやがて淘汰されていくだろう。このようなイベントの地道な継続を通して、日本にも緩やかなアート写真のスタンダードのようなものが出来てくると考えている。

さて、2011年2月24日~27日にかけて、ザ・JPADS・フォトグラフィー・ショーを同じくインスタイル・フォトグラフィー・センターで開催する。私は、鑑賞するためのアートを否定しない。イベント化しているアートフェアーも日本ではありだと思っている。しかしそれとはべつに、アート写真コレクションのためのアートフェアーも必要だと考えているのだ。プロモーションに多大な金をかけなくても、優れた作家の作品が展示されていればコレクターは自然と集まってくるのではないか。最初は参加者が少なく小規模でもよい、同じ思いの人がゆるく集まる内容重視のイベントになればと思う。

|

« アート写真が見て・感じて・買える
広尾・アート・フォト・マーケット現在開催中!
| トップページ | パワー・スポットの写真展
小林伸幸「Nature Feel」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170909/50361315

この記事へのトラックバック一覧です: 広尾・アート・フォト・マーケット無事終了
そして2月のフォトグラフィー・ショーへ!
:

« アート写真が見て・感じて・買える
広尾・アート・フォト・マーケット現在開催中!
| トップページ | パワー・スポットの写真展
小林伸幸「Nature Feel」 »