« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月29日 (火)

掘り出し物のお宝が続出!
幻のアンセル・アダムス(?)ネガの価値は?

Blog2

中国人のアート熱の高まりはマスコミで多く報道されている通りで凄まじい。
特に清朝の陶器は昨年11月に56億もの高額で取引され話題になった。これは中国の美術品のオークション最高額とのこと。大きく報道された理由は、そのサイドストーリーによるところが大きい。実はこの陶器、価値を知らないある英国人の家で偶然発見された。ロンドン郊外の小さなオークションに出品され、高額落札されたのだ。もしこれが、大手のササビーズ、クリスティーズなどで取引されたものなら業界内での話題に終始しただろう。価値がないと思われていた陶器が思いがけない掘り出し物だったからマスコミで話題になった。「なんでも鑑定団」が長い人気を保っているのと同じような背景だ。アヘン戦争後中国の美術品は大量に英国に持ち出されたそうで上記の陶器はそれらの一部なのだろう。たぶんいま多くの英国の家庭が倉庫、納屋、屋根裏を調べていると思う。もしかしたら新たな掘り出し物が見つかるかもしれない。

Blog1

今月になってこんどはササビーズのニューヨークで再び衝撃的な掘り出し物が見つかった。20世紀制作として、落札予想価格約10万円で出品されていた花瓶に約15億(!)というとんでもない値段がついた。複数の目利きが、陶器は実は清朝時代のものと判断したこと。7人による熾烈な競り合いになったようだ。

最近は、このような信じられないような掘り出し物のニュースが多い。まだ真偽のほどは確定していないが、英国ではノーザンプトンのガラクタ屋で僅か1万円ほどで購入された古い額についていた絵画がポール・セザンヌの初期作品ではないかといわれている。もし本物なら、6500万ドル(約55億円)の価値があるそうだ。

さて写真でこのような掘り出し物はあるだろうか?
実は昨年同じような出来事があったのだ。2010年7月に、カリフォルニアのガレージセールで約10年前に45ドルで買われたガラスプレート・ネガティブが1937年の火災で消失したと思われていたアンセル・アダムス作と認められたとの発表があった。専門家がその価値が2000万ドル(約170億円)と評価したのことだった。発見者リック・ノーシジアン(Rick Norsigian)はそれらを売却してビーチに家を買いたいと発言していた。彼は発見されたネガから制作されたプリントをアンセル・アダムスとしてウェブサイトで販売を開始する。これにアンセル・アダムス出版権財団が異議を申し立て裁判となる。
この一連の出来事にはドラマチックな紆余曲折がある。その後、鑑定した専門家の一人が、ネガはアンセル・アダムスではなくアマチュア写真家アール・ブルックス撮影であったと、間違いを認めるのだ。2011年の3月に裁判は結審。発見者は作品販売に関してアンセル・アダムスの名前を使わないことが合意された。
しかし、お互いに本物、偽物の主張を続けた上での和解ということのようだ。

この一連のマスコミの騒ぎにアート写真界はいたって冷静だった。なぜか?それは本当にアート作品として価値があるのは、作家が制作してサインをしたオリジナル・プリントだからだ。2000万ドル(約170億円)という評価の根拠はその発見物の価値ではない。もし本当にアンセル・アダムスのネガだった場合の、将来的な出版、ポスターやプリントの売り上げ予想から現在価値を導いたものなのだ。それゆえ、アンセル・アダムス作という表記が出来ないことはネガの現在価値に著しく影響を与えるだろう。
すなわち、仮にネガが本物であっても既に作家本人は亡くなっているから、それらから制作されたプリントはアート的価値はないのだ。ネガティブだけでは、インテリアのディスプレイ用の写真を制作するものとして役に立つだけ。実際アンセル・アダムス・ギャラリーはオリジナルのネガからプリントしたヨセミテ・エディションと呼ばれるエステートプリントをわずか約2万円で販売している。

アート写真の世界では、有名写真家のネガは資料的な価値しかない。価値があるのは本人が制作して、サインが入ったプリントなのだ。骨董店などで売っている古写真はどうかというと、写真家のブランドが確立していない人の撮影したプリントには古物としての価値しかない。海外でも無名写真家の19世紀や20世紀初頭の作品はわずか数百ドルだ。
また20世紀の中盤ころまでは写真は雑誌などの為に撮影されていた。たまに写真原稿が小規模オークションなどにでてくることがある。厳密にいえば、ヴィンテージ・プリントといえないことはない。しかし、それらの写真は注文仕事で撮影されたもの。つまり、アートで重要視される自己表現ではない場合が多い。だいたいサインも入っていない。それらは、写真集に収録されているなどの例外を除いて、有名写真家のプリントでも高額で取引されることは少ない。大手のオークションハウスは取り扱わない。

どうも写真では掘り出し物はあまり期待できないようだ。そういえば前記の「なんでも鑑定団」では、歴史的人物のポートレート以外の写真が鑑定に出されたことはないように記憶している。

| | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

東日本巨大地震の復興に向けて
アート写真に何かできることはないだろうか?

今回の巨大地震により被災された方、影響を受けた方々に心よりお見舞い申し上げます。

今回の大地震を受け、多くの海外の写真家や関係者からお見舞いのメールが届いた。既に募金に協力したという知らせもあった。今週末にニューヨークで開催のフォトフェアーでは利益の一部を寄付するというディーラーも出てきているらしい。たいへんありがたいことだ。ブリッツは特に被害を受けなかった。提携先の仙台のカロス・ギャラリーも仙台在住の写真家も大丈夫だった。
一方で東京でもアート写真業界に影響が出始めている。東京都写真美術館、国立近代美術館などは地震発生から15日(火)まで緊急閉館になっている。設備のチェックと従業員の通勤に問題があったのだろう。ギャラリーも週末にかけて休廊になったところもあったそうだ。月末にIPCで予定されていた、写真展「infinity」は6月に延期となった。国際荷物のフェデックスも業務休止の様で荷物が配達されない状況が続いている。
しかし一番大きなのは精神面の影響。アートが愛でられるには、社会不安がなく人々の生活が安定していることが大前提だ。このような非常時ではギャラリー、美術館も開店休業状態が続くだろう。

現時点では不確定要素が多すぎて、どのくらいで市場環境が改善するかの予想は難しい。ちなみに、アート写真の中心地ニューヨークをも巻き込んだ2001年9月11日の同時多発テロ後の市場の動きは多少参考になるかもしれない。開催が危ぶまれていた翌月の秋のオークションは無事に開催されている。しかし、相場が回復してきたのは2003年の秋になってから。本格回復は2004年春までかかっている。約2~3年間は、本当に希少で資産価値がある逸品以外は売れなかった。低価格~中間価格帯の作品の動きが鈍く、新人作家にとっては非常に厳しい時期だった。アート作品の投げ売りも散見された。アート写真市場は株価と連動していることが多い。当時はITバブルが崩壊して景気が後退局面入りしていた時期だった。それに9.11テロが追い打ちをかけた。状況はリーマンショックから回復傾向にあったいまの方が多少良いだろう。同時多発テロ後、NYダウは2002年10月にかけて7000ドル台の安値をつける。その後2004年の春になり、やっと1万ドル台まで回復する。NYダウは将来の経済状況を反映しているという。それはアート写真市場にも当てはまるようだ。
ところが市場規模が圧倒的に小さい日本市場では、株価との相場との連動はあまり感じられない。ともかく株価上昇によるセンチメントの好転が必要なのは明らかだと思う。

余震、原発問題、計画停電などで厳しい状況はしばらく続くだろう。しかし事態が落ち着いたら、復興活動が確実に始まる。同じ日本人として、被災地域の人たちに何らかの支援を行いたい。個人ではもちろんだが、アート写真に関わるJPADSやギャラリーで何かできることはないか? 写真家や関係者を巻き込んで何らかの具体的なアイデアを出したいと思う。

| | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »