« まず写真集からは始めよう!
アート写真コレクションへの誘い
| トップページ | 阿部高嗣・写真集「しまなみライフ」
家族の愛をささえに"いま"を生きる »

2011年7月26日 (火)

トミオ・セイケ「Charleston Farmhouse」展
戦前英国のアーティストたちの生き方に学ぶ

Blog
(C) Tomio Seike

アーティストにとって作品のテーマ探しは永遠の課題だろう。大きな物語がなくなった21世紀の世の中では多くの人が共有する視点は存在しない。様々な価値観が点在しており、その中でのテーマの絞り込みは困難極まりないと思う。 しかし、あまり大きなテーマを追い求めてしまうと視点が散漫になる。場合によっては写真家のエゴの押し付けになりかねないので注意が必要だ。

現在の日本の大きな問題点は、社会の変化を恐れる気分が強くなっていることだろう。 その背景には、終身雇用の終焉による労働市場の流動化と、長引く不況により自分の将来に不安定に感じる人が増加していることがあると思う。結果的に、周りを見渡してみると既得権益が以前から変わらずに温存されている。何度か個人がもう少し自由に生きられる社会が来るような予感を感じた時期もあった。しかし、その前提には経済成長があったことが明らかになった。実力があれば学歴など関係ないなどと言われたが、いまでも有名大学から一流企業や政府公共機関に入る方が生活が安定する。だだし、経済のグローバル化などの環境変化で従来の既得権益を享受できる人の数は減少し、そこに入る競争は激化している。就職難と言われるが、大学生が増えてみんなが有名企業に就職しようとするから起きているそうだ。全体的には多くの人の所得が減少しているわけで、個人の置かれた状況は真綿で締められているように徐々に悪化している。そんな諦めのような沈滞感が社会全体を覆っている。存在が不安定で未来に希望が持てないから国に活力なんて感じられない。当たり前だろう。

アーティストはこのような状況からどのようなテーマを導き出せるだろうか?
9月2日から開催する、トミオ・セイケの新作「チャールストン・ファームハウス」は現在の日本の閉塞感を打開するヒントを戦前英国のブルムズベリー・グループの活動に見出した。
歴史的背景を簡単に見てみよう。産業革命を成功させた英国は19世紀の末までいわゆる「世界の工場」といわれて世界経済をリードしてきた。それが、当時の新興国のアメリカやドイツに追い上げられて、第1次大戦後には世界経済のリーダーをアメリカに奪われるのだ。高度経済成長を謳歌してきた日本が衰退していった状況と見事に重なってくる。
ブルムズベリー・グループとは、1905年から第二次世界大戦期まで存在した英国の芸術家、知識人、学者からなるグループ。19世紀の古い道徳観念に批判的で、新時代にふさわしい自由な文化を探求しようとした。ロンドンのブルームズベリー地区でのケンブリッジ大学の友人の集まりがはじまりで、第一次大戦の開始後、同グループの多くの参加者は、当人の良心に基づく信念で兵役を拒否する「良心的兵役拒否者」の立場をとり、農家に従事するためにイースト・サセックスに移住したのだ。メンバーには、経済学者ジョン・メイナード・ケインズ、作家ヴァージニア・ウルフ、画家ダンカン・グラント、画家ヴァネッサ・ベル、伝記作家リットン・ストレイチー、美術評論家・画家ロジャー・フライ、作家デイヴィッド・ガーネット、作家E・M・フォースターなどがいる。
今回、セイケが撮影したチャールストン・ファームハウスは、アーティストのダンカン・グラントとヴァネッサ・ベルが1916年から約半世紀以上に渡り生活していた農家なのだ。この家は二人が生活していたままの状態で保存され一般公開されているが内部撮影は厳しく制限されているという。セイケは特別に許可を得て2008年から2009年にかけて撮影を行っている。室内には花瓶などの陶器、置物、小物類が残されている。それらコレクション類と、彼らの手による壁などのデコレーションとが相まって、インテリアは意外にも南欧的テイストにコーディネートされているのだ。

現在の日本は、失われた20年に続く今回の大震災の影響で、ライフスタイルの選択肢がとても少なくなっている。将来の明るいヴィジョンが描き難い状況は、もしかしたらヴァージニア・ウルフとヴァネッサ・ベル姉妹が生きた時代に似ているかもしれない、というのがセイケの見立てではないだろうか。彼らが変えようとした19世紀の古い道徳観念は、日本社会に残る「世間」とそれが形を変えた「空気」に当てはまるのではないか。本作でセイケは、社会の趨勢に背を向けてチャールストン・ファームハウスで創造的なライフスタイルを追求した人たちの精神を提示している。作品を通して現在の日本を考えるきっかけにして欲しいというセイケのメッセージなのだろう。厳しい社会、経済状況の中でも、個人が少しばかり強くなり、また同じ志を持った仲間がいれば、自由に自分らしく生きる選択肢が見つかるかもしれないことを私たちに示しているのではないか。

トミオ・セイケ「Charleston Farmhouse」展は、9月2日(金)スタート!
営業時間は1時~6時、日、月休廊。
震災以降、ブリッツはチャリティー写真展やフォトブック関連の展示を行ってきました。9月からは通常モードで営業を行います。(節電対策もあり、営業時間は引き続き18時までです。)
なお8月は、5日~7日に名古屋開催される、アート・ナゴヤ(会場:ウェスティンナゴヤキャッスル)に参加します。マイケル・デウイックの新作などを展示する予定です。中部圏にお住まいのアート写真ファンはぜひお立ち寄りください!

|

« まず写真集からは始めよう!
アート写真コレクションへの誘い
| トップページ | 阿部高嗣・写真集「しまなみライフ」
家族の愛をささえに"いま"を生きる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170909/52315107

この記事へのトラックバック一覧です: トミオ・セイケ「Charleston Farmhouse」展
戦前英国のアーティストたちの生き方に学ぶ
:

« まず写真集からは始めよう!
アート写真コレクションへの誘い
| トップページ | 阿部高嗣・写真集「しまなみライフ」
家族の愛をささえに"いま"を生きる »