« 「ART NAGOYA 2011」
猛暑の名古屋の熱いアートフェア
| トップページ | キューバのシークレット・ライフ
マイケル・デウィック"Habana Libre" »

2011年8月30日 (火)

ブリッツ・ギャラリー今秋の予定
トミオ・セイケ写真展、Asian Photo Artsなど

Blog1
(C)Tomio Seike

残暑のお見舞いを申し上げます。
早いもので今週の木曜日からは9月。いままでは、夏場の節電などが不透明だったので非常時モードで静かに活動してきた。 9月からは平常時モードに戻って営業を行う予定だ。
9月2日(金)からは、トミオ・セイケ「Charleston Farmhouse」展を開催する。展示の見どころは以前のブログで書いたのでご参照いただきたい。作品展示はだいたい済んだが、ギャラリーはとても落ち着いた心地よい空間になっている。
本シリーズは英国人アーティストが20世紀前半に住んでいた農家のインテリアを撮影したもの。対象が室内の静物中心でも、いつものモノクロームで抽象化されたセイケ・ワールドが展開されている。オリジナルであることは決して奇をてらうことではなく、当たり前の表現をより洗練させていくことだと私たちに教えてくれる。コレクターはもちろん、作家を目指す人も作品表現の意味を考えるためにぜひ見て考えてほしい。
前回はコンパクトデジカメのシグマDP-2で撮影して作品制作を行ったのでかなり話題になった。今回は、銀塩のライカとデジタルのM8で撮影した作品が混在している。セイケ氏はほとんど見分けがつかないと断言しているが、その違いを確認するのもカメラ好きの人にとって本展の楽しみだろう。
セイケ氏は10月に重要なロンドンのハミルトンズ・ギャラリーの個展を控えている。写真展オープンの翌週には渡英される予定。ギャラリーに来れるのは、9月2日、3日だけの見通しだ。予定は変わる可能性もあるので、詳しくはギャラリーのウェブサイトをご参照ください。写真展の会期は長いが、作家と話をされたいお客様は今週末にぜひお出でください!

Blog2

インスタイル・フォトグラフィー・センター(IPC)では若手の写真家Asian Photo Artsのグループ展が9月11日まで開催中だ。このグループは東京を拠点に活動を行っている、20歳代の日本人、韓国人、ロシア人写真家たちのゆるい集まり。
彼らの多くはアートとしての写真作品作りを目指しているとのこと。ただし、作品を見るとその意味の解釈がばらばらなのがよくわかる。他の若い世代の写真家と同じように、写真を感覚的、グラフィカル・デザイン的にとらえる傾向が見られる。
しかし、彼らは少なくとも見る側に自分のメッセージを届けることが必要だと意識している点が違う。これから彼らにとって重要なステップは、自分自身がどんな人間なのかを知り、メッセージの意味を正確に把握すること。自分がどのように感じ、何を伝えたいかが発見できないと、見る人と真のコミュニケーションはできない。それは感覚の共有とは違うことを理解しているか、また気付いているかが、私が注目している点。彼らの将来の可能性はこれで決まるからだ。
私が20歳代の時のことを思い返すと、それがかなり困難であることは想像できる。しかし、彼らは他の若者よりも、オープンな心と欧米的アートへの志向を持っている。 何人かは、グループ展での専門家や観客の意見で、気付かなかった自分の視点を見つけることができるかもしれない。つまり将来に自分が歩むべき道の方向に気付くということだ。
IPCでは、キュレーター、ギャラリストがセレクトしたアートを志向する若手写真家のグループ展を来年に企画している。Asian Photo Artsの中からも候補が出てくることを期待したい。彼らの表現やテーマはまだ粗削りだが、見る人は将来の可能性を踏まえて総合的に評価をしてほしい。
アート写真に興味のある若手写真家にはぜひ見てもらいたいグループ展です。http://www.instylephotocenter.com/exhibition/ce.html

|

« 「ART NAGOYA 2011」
猛暑の名古屋の熱いアートフェア
| トップページ | キューバのシークレット・ライフ
マイケル・デウィック"Habana Libre" »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170909/52605941

この記事へのトラックバック一覧です: ブリッツ・ギャラリー今秋の予定
トミオ・セイケ写真展、Asian Photo Artsなど
:

« 「ART NAGOYA 2011」
猛暑の名古屋の熱いアートフェア
| トップページ | キューバのシークレット・ライフ
マイケル・デウィック"Habana Libre" »