« アート写真の現在
2012年をパーソナルに展望する
| トップページ | 第2回
日本のファッション系フォトブック・ガイド
篠山紀信「オレレ・オララ」&「ハイ!マリー」 »

2012年1月17日 (火)

2012年ブリッツの予定
JPADSでは新人発掘イベントを開催!

Blog
MOOD- 9 GIRLS より © Naoki 

ギャラリーでは、大好評のマイケル・デウィック「ハバナ・リブレ」展が2月まで続く。

3月~4月は日本人写真家ナオキの「Ordinal Vintage print」(仮称)を開催予定。4月4日~25日まで銀座シャネルのネクサスでナオキの個展「MOOD- 9 GIRLS」が行われる。これは作品ごとにテーマを設けて、1作品に9名のモデルが登場する撮り下ろしのビッグ・プロジェクト。巨大プリント約10点を展示するとともに、プレミアムなカタログも限定数制作される予定とのこと。
これにあわせて約20年前のナオキの初期作品を、マスタープリンター制作の貴重なオリジナルプリントで紹介する企画となる。

ゴールデンウィーク明けからは、テリ・ワイフェンバックの写真展を行う。2010年刊行のワン・ピクチャー・ブック「Some Insects」からと、近日発売予定の新刊からのセレクションになる予定。
それ以外では、スケジュールは未定だがハービー・山口のロンドン・パンク時代をフィーチャーした写真展を開催する。またブリッツでは毎年新人の写真展も開催している。グループ展になるか個展になるかは不確定だが、今年も何らかの形で行いたいと考えている。

昨年同様にジャパン・フォトグラフィー・アート・ディラーズ・ソサイエティー(JPADS)Jの活動も行っていく。2月21日~3月4日にかけて新人発掘を目的としたグループ展、「ザ・エマージング・フォトグラフィー・アーティスト2012年(新進気鋭のアート写真家展)」を広尾のIPCで開催する。これはアート写真を販売するディーラー、教育者、ワークショップ主宰者などが新人を推薦する企画。本格的個展はまだできないが将来性があると評価された約16名が参加する予定だ。新人が作家としてデビューする仕組みを構築しようとする試みだ。イベントを記録として残したいので、小冊子も制作する予定だ。毎年、1回~2回の開催を行い、新人作家の登竜門に育てていきたい。ブリッツからも3人を推薦している。
本企画は作家育成だけでなく、作家をプロデュースする専門家を育成する目的もある。現在は、写真家をインテリア商品の開発業者のように扱う販売業者が多い。それは市場があるので問題はないのだが、それ以外にも作家の本源的メッセージをプロデュースできるアート分野の専門家も絶対に必要だ。その仕事は単に見栄えの良い写真を探し、マッチした額を選ぶことではない。作家のメッセージから現代社会で求められている視点を見つけ出し、世界に送り出す仕事だ。それには写真史などの学習はもちろんだが、どうしても現場での試行錯誤が必要となる。しかし、ギャラリーを持つには資金が必要。アート写真分野での作家プロデュース、新人発掘に興味のある若い人の経験を積める場になればよいと考えている。
参加者の作品はすべて専門家により値段が付けられて販売される。新人発掘イベントの趣旨により、販売価格もかなりリーズナブルになる予定だ。将来は参加者の今後の努力にかかっているのだが、可能性としては将来のスター写真家がこの中から生まれる可能性もあるだろう。目利きのコレクターにとってはもしかしたら先物買いの絶好のチャンスかもしれない。いやそうなって欲しい!本企画は新人作家の作品を見比べるて買えるフォトフェア的な要素もあるのだ。

作家、ディーラー、ギャラリスト、キュレーター、コレクターなど、アート写真分野でのキャリアに興味のある人はぜひ見に来てほしい。

|

« アート写真の現在
2012年をパーソナルに展望する
| トップページ | 第2回
日本のファッション系フォトブック・ガイド
篠山紀信「オレレ・オララ」&「ハイ!マリー」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170909/53759486

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年ブリッツの予定
JPADSでは新人発掘イベントを開催!
:

« アート写真の現在
2012年をパーソナルに展望する
| トップページ | 第2回
日本のファッション系フォトブック・ガイド
篠山紀信「オレレ・オララ」&「ハイ!マリー」 »