« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月28日 (火)

21世紀東京のアブストラクト・フォトグラフィー

Blog
© 安達 完恭

現在、広尾のIPCで開催中の新人発掘を目的としたグループ展「ザ・エマージング・フォトグラフィー・アーティスト2012年(新進気鋭のアート写真家展)」。参加者が熱心に広報や営業活動を行っていることから、来場者数、作品販売ともに予想以上に好調だ。

本展の特徴は、専門家が新人写真家を推薦している点。ブリッツからは3人の写真家を推薦している。共通しているのは、彼ら全員が写真で抽象表現を追求している点だ。新人の作品作りは、どうしても自分の体験を感覚的に記憶化したり、人生の苦悩や葛藤を写真で表現する場合が多い。それが、現代社会の特異な世界の物語として提示されればそれなりの面白さはある。しかし、心をオープンにして自分の心の奥底に潜むものを吐き出すことができないと、独りよがりの作品になる。
一方で、オーディエンスがアーティストに求めるのは、同じような境遇にいる自分たちへの何らかの救いのメッセージなのだ。それならいっそのこと、抽象と色彩の世界の中の美を追求している作品の方が救いがあるのではないかと考えた。先週末のトークイベントで、参加者の一人の市川健太が、自分の写真は展示の中で浮いている、という表現をした。私は彼だけでなく3人ともが浮いていると思う。一方で写真表現の自由と多様性を提示しているとも考えている。彼らの写真は、明るく、カラフル、軽めで、ポップな印象が強い。それゆえ、現在日本で主流になっている、ラウンジフォトや壁紙写真と呼ばれるインテリア向けの写真と混同されるリスクを持っている。それゆえ、3人の推薦文は確信犯で写真史の流れを踏まえたやや小難しい内容にした。

以下が推薦文です。気になった人はぜひ会場で作品を見てください!
---------------------------------------
今回紹介する3人の写真家は、ファイン・アート・フォトグラファー講座という私どもが長年開催している講座&ワークショップの出身者たちだ。彼らに共通するのが、撮影アプローチは違うがともに空間のなかで、光と影、抽象、テキスチャー、色彩などの美を追求している点。写真で一般的なフォルム、写っている対象、そしてテーマ性さえもがあいまいな抽象的作品だ。写真で絵を描いていると言っても誇張ではないと思う。
抽象写真の歴史は、20世紀初頭にアルフレッド・スティーグリッツが制作した「イクイヴァレンツ」までさかのぼる。それは、空と雲だけをモノクロームで撮影したシリーズだ。最近では、ウォルフガング・ティルマンズがカメラを使わずに暗室作業で抽象表現を追求している。
日本人写真家では「空書」シリーズ(2008年)の丸山晋一がいる。彼は墨を天空に撒いて書を描き、それを超高速度カメラで撮影している。禅の悟りを思い浮かべさせる、空間に描かれた丸のイメージは彼の代表作品だ。写真史家のモウリス・ベルガー氏は、丸山の写真集「空書」に寄せたエッセーで、"写真はその誕生初期から繰り返し言われてきた「記憶を写す鏡」以上の可能性を秘めたメディアである。それは空間上でコンセプチュアル、精神的、美的な驚くべき可能性を持っている。"と述べている。
今回紹介した3人の若い写真家たちは、スティーグリッツや丸山の流れを踏襲しつつ自分たちなりのアプローチでその可能性を探求している。彼らが、従来写真家たちが囚われていた「アートとしての写真」から全く自由であり、「写真としてのアート」を追求している点に注目したい。

石川和人の"White photoraph"シリーズ。基本はストリートのスナップやポートレートだ。個別イメージをインクを用紙に染み込ませない工夫をして出力する。半乾き状態で別の用紙に密着させることで、画像の一部を転写させる。それを何度も繰り返した末に完成したのが展示作品だ。東京の時に醜いカオス化したシティースケープから色彩やフォルムのエッセンスを取り出して全く別の世界を作り出している。

安達完恭の作品は夜間のストリート・スナップだ。彼は幼少の時に書を学んでいたという。その時の呼吸と集中力は現在の作品制作につながっている。筆をカメラに変えて、夜の闇という半紙の上に、偶然性とドキュメントとが合体した作品を生み出している。

市川健太の"Legacy of Light"は仕事の延長上に制作された作品だ。アートの作品作りは、普段と全く違うものを撮影するのではないことを私たちに教えてくれる。ユニークなテキスチャーと色彩のオブジェを重ね、後方から光をあてることでミニマム・アートのような絵画的作品が生み出される。

彼らにとってその一連の面倒な行為自体に意味があるのだろう。雑然とした都会で、厳しい生存競争の中で生き残るために、現代人は何らかの形で自らの精神を安定させる必要がある。彼らは、写真をただ撮影するだけでなく、それを様々なアプローチで操作することで普通の人が絶対に気付かないであろう抽象世界の美を見出している。彼らにとってそれは東京で生き延びるための精神安定剤であり、秘かな喜びでもあるのだ。
同じような心境の現代人も、彼らのユニークな制作方法で生み出された作品に触れることで思わず笑みがこぼれるのではないだろうか。

今後の課題は、それぞれが作品制作の行為を自分の人生のなかでどのように意識化するかだろう。それは作品を撮り続けて自問自答する中でしか出てこないだろう。将来的に、個展や写真集という形でまとめられて提示されることを期待したい。その時は真に「写真としてのアート」が完成した時だ。

ブリッツ・ギャラリー
福川 芳郎

---------------------------------------

「ザ・エマージング・フォトグラフィー・アーティスト2012年(新進気鋭のアート写真家展)」は、広尾のインスタイル・フォトグラフィー・センターで3月4日(日)まで開催中です。
オープンは1時~6時。アート写真ファンの人はどうかお見逃しのないように!

3月3日(土)の 午後2時から、トークイベントと作家のフロアレクチャーを予定しています。
http://www.instylephotocenter.com/exhibition/ce.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

新人アート写真家の登竜門になるか?
The Emerging Photography Artist 2012
(新進気鋭のアート写真家展)

Blog

2月21日~3月4日まで、日本フォトグラフィー・アート・ディラーズ・ソサイエティー(JPADS)主催で、作家を目指す新人発掘を目的とするグループ展、「ザ・エマージング・フォトグラフィー・アーティスト2012年(新進気鋭のアート写真家展)」が広尾のIPCで開催される。これはアート写真を販売するディーラーとともに、教育者、ワークショップ主宰者などが新人を推薦する企画。本格的個展はまだできないが将来性があると評価された約16名が参加する。

これは新人が作家としてデビューする仕組みを構築しようとする実験的試みだ。企画には企業スポンサーはない。運営はすべてボランティアだ。正直にいうと、運営に関わるJPADSのメンバーは、人数が多く調整が面倒なグループ展業務をボランティアで行う余裕はない。しかし、ギャラリーはいままで自分たちの仕事の忙しさを言い訳に新人を育てる仕事を行ってこなかった。そして、そのような企画は企業、広告代理店、イベント業者任せにして、不平不満だけを言ってきた。その結果が、いまの有力なアート系作家不在の国内マーケットだ。ここ10年くらいは、現代美術家が写真メディアで表現するのが当たり前になり、写真家でアートに取り組む人はあまり見かけなくなった。一方で、国内外のインテリア向けに商品開発する人たちが目立っている状況だ。
誰かが身を削ってでも新人育成を行わないと、自分たちの存在自体が危ういというJPADSメンバーの危機感が今イベントを実現させた。開催した記録を残すことが重要なので、無理をしてカタログも制作した。

いままでにJPADS企画のフォトフェアに参加したギャラリー、ディーラー全員に作家推薦を依頼した。しかし残念ながら写真家を推薦したのは、フォトクラシックとブリッツのみだった。フォトクラシックは盛んにワークショップを開催している。また、ブリッツも約10年に渡ってファイン・アート・フォトグラファー講座を開催している。その他のギャラリーは、まだ新人発掘の仕組みや準備が整っていないようだ。新人を紹介するイベントが出来れば状況は変わると思う。今後に期待したい。

今回は業者以外に企画に賛同してくれた人たちがいた。各大学の教育者の方々、フリーキュレーター、ワークショップ主宰者たちだ。欧米では、学生やアマチュアたちの写真キャリアの可能性の一つにアート分野がある。日本でこの分野での展開の可能性が少ないことに疑問を持つ人たちが反応してくれた。またその趣旨に賛同してくれた、インスタイル・フォトグラフィー・センター、デザイナーの合田祥之氏の協力なしには実現できなかった。彼らの応援に心から感謝したい。

本展は、写真コレクションに興味ある人には有力新人の作品を先物買いするチャンスでもある。新人なので販売価格は市場の最低レベルの場合が多い。アートはバーゲンセールができないので、最初は低価格からスタートして売れれば値上げすればよいという考えだ。もしかしたら、将来のスーパースターが参加者の中から生まれるかもしれない、というのがセールストークだ。JPADSは毎年、有名作品を展示販売するフォトフェア、“ザJPADSフォトグラフィー・ショー”を開催している。これからは、新人、若手向けの“The Emerging Photography Artist”もレギュラー化していきたい。

「ザ・エマージング・フォトグラフィー・アーティスト2012年(新進気鋭のアート写真家展)」には、圓井 義典(東京工芸大学)、高橋 則英(日本大学芸術学部)、北山 由紀雄(岡山県立大学)、松本 路子(写真家、ワークショップ主宰)、山崎 信(フォトクラシック)、福川 芳郎(ブリッツ・ギャラリー)齋藤 俊介(キュレーター)が推薦した以下の16名が参加。
小林 信子、鈴木 ゆりあ、イワナミ クミコ、新居 康子、酒井 成美、
西村 満、相星 哲也、川島 崇志、岸 剛史、安達 完恭、石川 和人、
市川 健太、青木 大、佐藤 寧、齋藤 安佐子、高畑 彩。
写真コレクションを始めたい人、キュレーターを目指す人、作家を目指す人はぜひご来場ください!

「ザ・エマージング・フォトグラフィー・アーティスト2012年(新進気鋭のアート写真家展)」
は、2月21日~3月4日まで開催。
会場は東京広尾のインスタイル・フォトグラフィー・センター。
http://www.instylephotocenter.com/Information.html
オープン時間は午後1時~6時、休館月曜。
週末にはトークイベントも開催予定です。

| | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

マイケル・デウィックの写真世界
ファッショナブルの背景にある深い洞察

Blog
Club Tropicana Dancer, Habana (C) Michael Dweck, 2010 禁無断転載

マイケル・デウィックのハバナ・リブレ展も残すところあと2週間となった。まだ見てない人はどうぞお見逃しがないように!

彼の一連の作品は、表層だけを見ると軽い写真だと勘違いされることが多い。
最初の写真集「The End:Montauk NY」(2004年、Harry N. Abrams刊)が出た時、多くの人がサーフボードを抱えてモントークのビーチを走るオールヌードの女性のイメージに魅了された。しかし、作品としての評価は必ずしも高くなかった。きれいなモデルを砂浜で走らせている、作り物のファッション写真だと考えられからだ。日本でもそれは同じで、年末の洋書バーゲンで割引価格で売られていたのを良く覚えている。実は私も最初はブルース・ウェーバー風のファッション写真だと思っていた。
しかし、彼の作品はすべてモントークでのドキュメントがベースだった。ニューヨーカーのデウィックは子供の時からロングアイランドの先端にあるモントークを訪れていた。この地はかつて地元サーファーたちが集う東海岸のサーフィンのメッカだった。しかし、いまでこそ観光地化したモントークにも、時間や場所によってはかつての残り香が残るシーンが現れるのをデウィックは発見した。古き良き時代のフルサイズのアメ車、ロングボードなどを背景に、サーフィンとともに生きる美しい男女のライフスタイルを21世紀のモントークで紡ぎあげたのが本作だったのだ。
プロジェクトが成功したのは彼がサーファーのコミュニティーの一員になれたからだ。最初はよそ者扱いをされて、いやがらせにもあったそうだ。しかし、彼の情熱が伝わりサーファー・コミュニティーの内側からのドキュメントが実現した。写真集の中には古き良き時代の強いアメリカのエッセンスが凝縮された世界があった。表紙の写真は、かつてのモントークはオールヌードでサーフィンが出来るほど自由な場所だったと言うことなのだ。いまやそのような世界は存在しない。それゆえに現代人にはより一層輝いて魅力的に見えるのだ。
2001年の同時多発テロで自信を失っていたアメリカ人はデウィックの世界に瞬く間に魅了されてしまう。写真集「The End:Montauk NY」は一時1000ドルの高値で取引され、表紙を飾った"Sonya Poles"の大判作品は、2011年4月のフィリップス・ニューヨークのオークションでは3万ドルで落札されている。

2番目の作品が2008年の「Mermaid」(Ditch Plains Press刊)だ。これも多くの人が、モデルをプールで泳がせて撮影したと誤解した。しかし、これらは全てがフロリダの小さな漁村アリペカで水と共に生活する現代のマーメイドたちをドキュメントした作品だった。彼女たちは地元では「ウォーターベイビーズ」と呼ばれており、本当に裸で泳いでいて、水中に5~6分も潜っていられるそうだ。
デウィックは現代に生きるマーメイドたちを通して理想のアメリカン・ガール像を探求した。ブロンドヘアーの若い女性たちは、水中空間を背景に光、影、反射、水のレンズ効果を駆使することでまるで抽象絵画のように表現されている。また投光機などの機材が持ち込まれて行われた夜間の水中撮影では、彼女たちの美しい姿が闇の中にシンプルかつモダンに浮かび上がってくる。ほとんど顔が写されていないことが、見る側のイマジネーションをかきたてる。21世紀は価値観がばらけて絶対的な美人像がない。この時代を象徴するファッション写真とも言えるだろう。

現在展示中のHabana Libreはデウィック的には上記2作に続くアイランド3部作の完結編。
撮影されているのは、ナイトクラブのパーティー、若者のナイトライフ、スケートボーダー、ファッションショー、音楽ライブ、ビーチライフ、サーフィンなどのシーン。
全2作同様に本作も最初は、マイアミかリオで撮影されたファッション写真と多くの人が勘違いした。しかし、すべて共産国家キューバのクリエイティブ・クラスと言われる人たちのドキュメントなのだ。
キューバは、ライ・クーダとヴィム・ヴェンダース監督の「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」の、古い街並みと50年代のアメリカ車が走っているというイメージが強い。実際いまでも多くの住民は経済的には非常に貧乏だ。しかし、キューバの社会には違う面があるらしい。それはアーティスト、俳優、モデル、ミュージシャンたちの階層。デウィックが撮影したのは、西側はもちろん、キューバ内でも知られていない同国内に存在するクリエィティブな特権階級のシークレット・ライフのドキュメントなのだ。
撮影にはキューバ政府が非常に協力的だったという、カメラ機材の持ち込みにも配慮があったそうだ。その背景には、高齢のフィデル・カストロ後のキューバの青写真があるようだ。上記のクラスの一員には、カストロやゲバラの息子も含まれる。将来的に文化観光事業を国の根幹の産業に育てたいという意図があるようだ。
なお同展はハバナのFototeca de Cuba museumで2月24から開催される。これはキューバ革命後、アメリカ人写真家による初めての個展になるという。
興味深いのは、キューバでは実際のお金よりも社会的なコネクションが平均以上の生活に重要らしいということ。お互いに才能を認め合った多分野のクリエイティブな人たちが助け合うコミュニティーということだろうか。私はこの視点こそは、現代アメリカ人に対する作家デウィックのメッセージだと理解している。リーマンショック後のアメリカ人は中間層が経済的に苦境に立っている。しかし、本作の幸せそうな表情のキューバ人を見ればわかるように、それぞれが自分磨きをして魅力的になればお金がなくてもハッピーに暮らせることを示しているのだ。これは日本人にもあてはまるだろう。

版元によると「Habana Libre」の在庫が早くも数100部単位になっているとのこと。あとは流通在庫のみになるらしい。写真展が世界各地で開催されていることが売り上げアップにかなり影響しているらしい。他の2冊の写真集のように売り切れが近い予感がする。

マイケル・デウィックの「Habana Libre」展は、2月25日(土)まで開催中です。
ぜひ、ファッショナブルなイメージの背後にあるデウィックの深いメッセージを読み取ってください。写真集「Habana Libre」、「Mermaid」はまだ少数ですが在庫があります。ともに作家のサイン入りです。

| | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

2011年に売れた洋書写真集
ロバート・フランクが4年連続1位獲得

Blog

アート・フォト・サイトはネットでの売り上げをベースに写真集人気ランキングを毎年発表している。2011年の速報値が出たので概要を紹介します。

一番売れたのは、ロバート・フランクの歴史的名著「アメリカ人」の刊行50周年記念エディション(2008年、スタイドル社刊)。なんと4年連続の1位獲得となった。
私は個人的に、レアブック・コレクションに関するレクチャー"フォトブックの世界"を昨年行った。その中で「アメリカ人」に掲載されている全83点を写真の見せ方やコンセプト面から解説した。自分自身でも何で歴史的に高く評価されるかが改めて理解できた。連続トップにも納得し素直に嬉しく感じる。
2位はこれも定番中の定番、スティーブン・ショアの「Uncommon Places: The Complete Works」。2004年に刊行されてからずっと売れ続けている。3位の「Tim Walker Pictures」も人気が全く衰えないベストセラーだ。

毎週、洋書写真集を新刊中心に幅広くチェックし、お薦めの1冊を紹介している。ここ数年を振り返っての印象は、特に際立った注目本やベストセラーがなかったことだ。昨年のランキングもそのような状況が見事に反映されていた。上位はほとんどが既刊本で、2011年刊行ではマイケル・デウィックの「Habana Libre」が5位、ティム・ウォーカーの「The Lost Explorer」が10位だった。また厳密な新刊ではないが、歴史的なレアブックを本体の複写形式で蘇らせているブック・オン・ブックス・シリーズから、アレキセイ・ブロドビッチの「Ballet」が8位にランクインしていた。

全体的な印象は、売れているのはヘルムート・ニュートン、ジャンルー・シーフ、マイケル・デウィック、ティム・ウォーカー、ギイ・ブルダンなどファッション系と、ロバート・フランク、スティーブン・ショアー、ウィリアム・エグルストンなどの巨匠写真家の定番作品集だ。定番が売れる傾向はここ数年変わらない。背景に長引く不況があることはまちがいない。 限られた予算内でハズレのリスクを避けたいと消費者が考えているからだ。しかし、それだけが原因でないと思う。最近はデジタルカメラの普及で写真人口は増加している。その中には、長期的に作家を目指す人も確実に増えているのだ。写真は売れないが、売りたい人は増えている状況がある。アート写真のワークショップは盛況だ。作家を志向する人にとって過去の先人たちの名作探求は必要不可欠の行為。不況でも定番本が売れているのにはこのような背景もあると思う。

巨匠系はランキング外でも、アンドレ・ケルテス、リー・フリードランダー、ジョエル・マイヤービッツ、アンリ・カルチェ=ブレッソンらの複数タイトルが売れている。
現代アート系は、人気が高いアンドレアス・グルスキー以外は勢いがなくなっている。作家志望者に制作にコストのかかる現代アート系写真はあまり参考にならないのだろう。

全体の売り上げは前年比約22%減だった。冊数ベースでは約18%減。年間を通して4円程度の円高を考慮しても、販売単価は引き続き低下している。非常時において、写真集はアート作品同様に不要不急の最たる商品だ。実際に、3.11東日本大震災からしばらくは売り上げが急減した。年後半にかけて回復したものの、震災が年間売り上げに大きく影響したといえる。写真集市場は、景気回復の遅れと、ヒット商品の不在、そして大震災の心理的影響が相まり規模縮小傾向に歯止めがかかっていない状況といえるだろう。

2011年ランキング速報
1.「The Americans」, Robert Frank
2.「Uncommon Places: The Complete Works」, Stephen Shore
3.「Tim Walker Pictures」, Tim Walker
4.「Stern Fotografie」, Helmut Newton
5.「Habana Libre」, Michael Dweck
6.「William Eggleston's Guide」, William Eggleston
7.「40 years of photography」, Jeanloup Sieff
8.「Ballet」, Alexey Brodvitch (Book on Books)
9.「Photography After Frank」, Phillip Gefter
10.「The Lost Explorer」 Tim Walker など

詳しい全体順位と解説は、近日中にアート・フォト・サイトで公開します。

| | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »