« 消費がアメリカ人を救ったのか?
ブライアン・ウールリッチの予見する未来の消費社会
| トップページ | ウィリアム・エグルストンのピグメント・プリント
高額落札は何を示唆するのか? »

2012年3月27日 (火)

写真集を出版する方法
西山俊一氏(窓社)のメッセージ

Blog

世の中にはアート作品を評価する基準となる膨大な情報が存在している。しかし、私たちがそれらすべて得ることは不可能。また人間は自分の信じたい情報だけに反応する特性も持っている。だからそれぞれの人の経験と情報量によって価値基準は全く違ってくる。写真編集者とギャラリーとは違うし、同じギャラリーでもディレクターによって基準はばらばらだ。この多様性こそがアートの面白さだと思う。

売れているから作品が優れているわけでは決してない。評価基準同様にお金の価値も人によって様々だからだ。売れない優れた作品は数多く存在する。
美術館で個展を開催したから良いわけでもない。美術館も様々なステータスがある。あまり知られていないが美術館は会場を貸し出したりする。予算があれば普通の写真家でも美術館での個展開催は可能なのだ。日本ではイベント業者主催による美術館の写真展は数多く行われている。
長期間に渡るオ―クション市場での継続取引は作家のステイタスになるだろう。ギャラリーで売れるのと違い、作品に多くの人が資産価値を認めていることになる。ただし、それは作家が亡くなった後のことが多い。現存作家の場合は、様々に存在する評価が今後も持続するかは誰もわからない。この点に関してはベテランのギャラリストも編集者も謙虚なのだ。彼らは独自の世界観や視点で最終的に写真史や市場に残る写真家探しを懸命に行っている。

広尾IPCで開催されていたセイリー育緒写真集出版記念展。
同書を刊行した窓社の西山俊一氏のトークイベントが先週末に開催された。窓社は細江英公などの写真集を刊行している出版社。写真集以外にも、カメラ毎日の伝説の編集者山岸章二のキャリアを紹介した西山一夫による「写真編集者」(2002年刊)など、写真業界にとって重要な本も出版している。
彼は写真が気に入れば新人の写真集でも出してくれる編集者として知られている。セイリー育緒も評価されたひとり。彼女は全くの無名写真家だが、ハリウッドで撮影した作品群が「酔いどれ吟遊詩人」として写真集化された。

以下に西山氏のトークの内容を簡単に再現しておこう。

・はじめてセイリー育緒の写真を見た時の印象
最初は作品のデータをディスクで送付してもらった。とても魅力的で勢いがある写真と感じてすぐに作品実物を見せてもらった。60~70年代の最も日本写真に活力があった時代のパワーを思い起こさせた。日本の社会で力を持ち、また読者との接点を持つためには何らかの仕掛けが必要と考えた。最近撮影しているサラリーマンの群像のシリーズと組み合わせることも考えた。テキストは自分の写真を後になって説明しようとしていたのでダメ出しをした。一種のドキュメンタリーなので撮影時の現実が活かされたものを求めた。

・写真家、作品ポートフォリオの評価について
写真家の人間性、人生と作品は切り離すことが必要だ。一方で写真集を作るには作家性とかけはなれることはできない。それらを総合的にみるのだが、写真家の情熱を重要視している。人生をかけて写真集を出したいという明確な目標を持っている人の作品だけをみる。ただ目的なく写真を見てくれでは意見をいいようがない。

・窓社について
編集、印刷、営業まで全てを一貫して行っている。写真集のクオリティーは高いと書店の信用を獲得していると理解している。小さな会社だが書店ではかなりのスペースを提供してもらっている。過去に出版した写真集では、ほとんどの写真家が賞をもらっている。

・写真家になるということ
写真は誰でも写すことができる。誰でも写真家になることはできる。しかし、写真を人に見てもらい、写真集を作り買ってもらうならある程度の知性が必要だ。つまり、写真を社会化して、商品にすることが必要だからだ。この段階では、写真家は目的を持って世の中と議論できるか、コミュニケーションできるかが問われる。そして、世の中に受け入れられるためには、純粋に写真を撮影していることが重要だ。写真バカかどうかということだろう。

・写真集におけるデザインの役割
写真を大事にしてくれるデザインが重要だろう。著名デザイナーはどうしても写真を素材として扱う傾向がある。

西山氏は何を基準に写真集を出版しているのだろうか?トークの内容だけだとやや分かり難いだろう。彼は長年にわたり信じる考え方、視点、理念を持っている人だと感じた。それが広まることで世の中が少しでも良くなるはずだと確信しているのだと思う。それと関連性を見出すことができる写真作品を情熱を持って世に送り出しているのだ。
それはアート系の人の基準とはやや違う印象もある。しかし基本となるのは写真家が何を考えて、世の中をどのように見ているかだろう。現実を重視する写真家とは相いれないことや勘違いもあるだろうが、これも写真を評価する側の個性だと思う。
ちなみに西山氏は今年65歳になるそうで、年内での引退を考えているという。彼の熱い語り口からは、最後にできる限り良い写真集を1冊でも多く世の中に送り出したいという情熱が伝わってきた。

|

« 消費がアメリカ人を救ったのか?
ブライアン・ウールリッチの予見する未来の消費社会
| トップページ | ウィリアム・エグルストンのピグメント・プリント
高額落札は何を示唆するのか? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170909/54322935

この記事へのトラックバック一覧です: 写真集を出版する方法
西山俊一氏(窓社)のメッセージ
:

« 消費がアメリカ人を救ったのか?
ブライアン・ウールリッチの予見する未来の消費社会
| トップページ | ウィリアム・エグルストンのピグメント・プリント
高額落札は何を示唆するのか? »