« 新人アート写真家の登竜門を目指す
"エマージング・フォトグラフィー・アーティスト 2013"スタート!
| トップページ | "The Emerging Photography Artist 2013"が終了!
グランプリは三善チヒロが受賞 »

2013年2月26日 (火)

"ジ・エマージング・フォトグラフィー・アーティスト 2013"
作品理解を深めるための解説

本展は様々なタイプの写真家が参加していることが面白い。
自分のフィーリングを投影した写真、アイデア・コンセプトがありそれを伝える目的の写真などは展示作品だけを見ても写真家の意図が理解できないだろう。週末に行われた参加者のトークイベントでは本人たちのメッセージを聞くことで、よりメッセージが明解になった作品、更にわからなくなった作品などがあり興味深かった。
以下にトークを聞いた写真家の作品解説を簡単に書いてみた。作品を見るとき、購入するときの参考にして欲しい。

石橋 英之 "Presage"

Blog1

石橋の展示は今回の参加者の中で一番目立っている。壁面にアットランダムに木枠をはりめぐらせ、そこに彼が住んでいるフランス北部の街リールで見つけたヴィンテージ写真、ポストカード類の複写を大量に貼りこんでいる。
その中に、5点の販売用額装作品も展示。数百枚はあるだろう複写シートは来場者が気に入ったものを持ち帰れる。最終的に全てがなくなり、作品も売り切れて木枠だけになるのが理想とのことだ。
彼はファウンド・フォトを使用してアート表現の可能性を探求している写真家だ。いや本作で彼は写真を撮影していないのでアーティストと呼ぶ方が適切だろう。ファウンド・フォトは無名な人が撮影した昔の写真。それらを展示したりコラージュすることでアート表現の可能性が出てくる。アートでは新しい分野なので定義は必ずしも明確ではない。
本展のアイデアは、リールの街で行ったファウンド・フォトを使用した展示がヒントになっている。オーディエンスの多くが、この地方で昔に写された写真の中にいま現存する場所とのつながりを見出したそうだ。ファウンド・フォトを通して現在の住民とコミュニケーションがとれることを石橋は発見したのだ。人の移動が活発でない欧州の地方都市だから成立したともいえるだろう。
今回の展示は遠く離れた日本で行われている。オーディエンスは遠い外国の写真に対して何らリアリティーを感じないだろう。そこで石橋が考え出したのが上記のような展示方法と複写シートを持ち帰れるというアイデアだ。自分の気に入った、また何か感じた写真を持ち帰ってもらいコミュニケーションをとろうと考えたわけだ。実際は、展示された複写シートはなかなか数が減っていないようだ。あえて床にそれらをばらまいて、取りやすくするなど様々な工夫を行っている。
やはり、日本人にとって写されているイメージに親近感が湧かないことが予想通りにシステムが機能しない理由だと思う。石橋は既にそのあたりのことは感じており、日本人がリアリティーを感じる素材探しのアイデアを考えているようだ。このようなコミュニケーションを活性化させる一連の試行錯誤の行為自体が石橋作品なのだと思う。
額に入れられている作品は、フォトグラヴュールのようなイメージを銅板の上に焼きつけて印刷する技法を行っているとのこと。それらのベースもファンド・フォト。さまざまなコラージュ作品をスキャニングして作られている。雰囲気は、本人も好きだというアイスランド出身のバンド、シガー・ロスの"Valtari"、"Hvarf/Heim"、"Takk" のCDジャケットの画像のようだ。
石橋作品はややコミュニケーション自体を目的化している感じもする。展示する場所ごとに、時代の中でのファウンド・フォトのポジションをもう少し整理整頓して語ることが必要ではないか。対象とその意味がより明らかになりコミュニケーションが活性化すると思う。

薄井 一議 "昭和88年"

Blog2
(C)Kazuyoshi Usui

本人によると、昭和がいまでも続いていたらどのような光景になっているかを意識したという。彼は高度経済成長前の昭和の残り香を21世紀平成の中に見出してフォトストーリーを紡ぎだしている。つまり、写真家の問題意識と視点をもってすると、平成の世にも昭和は生き続けているということだ。
写真集には大衆芸能を撮影したものが多めに収録されている。これは戦後日本は欧米的なファインアートと大衆芸術が共存した、アート的には非常にシュールな場所であることを提示しているのだろう。薄井は前作「マカロニキリシタン」(2006年、美術出版社刊)から一貫して自らの作家としての拠り所を日本の得体の知れないポップ的な背景に求めて裏テーマにしている。
彼は細江英公につながる写真家だ。薄井の作品を見ていると、もしかした昭和的ポップの原点の一つは細江でないかと感じてしまう。リアルな現実世界ではシュールでポップな日本はすでに無意識化していると思う。薄井はこの部分を強調することで日本文化の現状を意識化させようとしているのだ。

撮影は関西地方が多いとのことだ。トークイベントで質問したのだが、薄井はなぜ昭和にこだわるのだろうか?。私はこの時代は多くの日本人が、共通の明るい未来が来ることを信じられた最後の時代だからだと思う。いまや。価値感は本当に細かく多様化してしまった。また、不況が続いたことで将来の夢など見ている余裕などないだろう。それどころか、みんなサイバイバルに必死だ。
いま、70~80年代のファッション写真が人気の理由は、それらには古き良き時代の気分が反映されているからだ。薄井の本作の魅力もそこにあると思う。私たちは薄井の写真世界に浸り、古き良き時代を思いだし懐かしみ、そして生きる力を再生させる。そしてまた平成の現実的世界に戻っていくのだ。本作にはピンクやチープなプラスチックな感じを意識した写真が多い。これは現在の中国雑貨店でよく見られる雰囲気を思い出す人が多いのではないか。いままだ明日はより良い未来が来ると多くが信じている中国を意識しているのではないだろうか。懐かしとほろ苦さも感じるシュールな「昭和88年」だ。

佐々木 謙介 "In a room"

Blog3
(C)Kensuke Sasaki

壁面にグリッド状に並べられたフレーム入り写真9点が再撮影された不思議な作品だ。なんで、実際の作品を9点展示販売しないのか、と多くの人から指摘されていた。彼の意図を読み解くヒントは、グリッド状の展示方法と、9点の写真イメージの中にある。
それぞれの写真はインテリアにマッチすることを綿密に計算して撮影された確信犯のビジュアル重視イメージだ。そして、ベッヒャー夫妻がドキュメント作品をインテリアでも展示しやすくする意味で導入したグリッド状の展示。いまではインテリア用写真の展示手法として広く導入されている。
佐々木は、本作をとおして世の中で氾濫しているアート風写真を撃っているのだ。だから、個別作品で売られていたら欲しい、また売りたいという人がでてくるのは彼の作戦が成功したということだ。このアイデアは、多くの可能性を秘めていると思う。今後の作品展開が楽しみだ。特にグリッド状にしなくても、1点もの作品でも日本のアート写真界に対するメッセージ発信は可能だろう。

問題があるとすれば額装作品を複写するので作品ヴィジュアルのクオリティーがやや落ちる点だろう。ここに、インテリア向け写真をテーマにするアート作品であってもインテリアに展示しなければならないという興味深い現実がある。
実際に9点の作品を作り、それを大きなフレームに入れる、もちろんそのバックボードにはインテリアの壁紙を使う一種のオブジェ作品などにしてはどうだろうか?

遠藤 弘道  "Sacred Places"

Blog4
(C)Hiromichi Endo

古代に生きた日本人は岩、木、などの自然物に神が降臨すると信じていた。近代化が進んだ現代日本では神を感じるような原風景を見出すのは難しいだろう。しかし遠藤の写真は、開発されつくされたと思われるこの島国にも、まだそのような奇跡的な場所が残っていることを教えてくれる。最初に彼は自然の中に凛として存在する鳥居のビジュアル的な美しさに魅了された。次第にそれらを探し出し写真撮影する行為自体に意味を見出すようになる。それは紛れもなく古代人が神を感じた風景を写真で追体験することだろう。現代に生きる私たちにも日本古来の優美を愛でる美意識が流れているのだと思う。
21世紀になり、このような場所は急速に消えつつあるという。遠藤は古代人が神を感じたであろう風景を現代に見出すとともに、それを未来の日本人にも体験して欲しいと願って作品を制作している。それは、杉本博司の「Seascapes」と同様に時間表現をテーマとする試みであるとともに、価値観が漂流する現代社会で自然との共存が新しい生き方のヒントになるかもしれないというメッセージを含んでいる。
彼の写真制作の過程もユニークだ。デジタル・カメラを使用し、それからインターネガを制作して銀塩写真を制作している。デジタルとアナログの技術のメリットを共に生かした作品だ。デジタルとアナログは現代と伝統とのメタファーでもある。日本の伝統的美意識を現代に生かしたいというテーマが作品制作にも反映されているのだ。
最近、自然風景をモチーフにする多くの写真家が、日本の伝統的な美意識がテーマだと表明する。遠藤の撮影対象も同じだがテーマはより複雑に絡み合っている。単に優美を意識して自然を撮影した写真家とは一線を画している。

その他の写真家の解説も機会を見つけて行いたいと思う。
「ジ・エマージング・フォトグラフィー・アーティスト2013」展は広尾のインスタイル・フォトグラフィー・センターで3月3日(日)まで開催中。時間1時~6時。
アーティストを目指す人、コレクションに興味のある人は必見です。
週末は参加者によるトークイベントも開催します。

http://www.instylephotocenter.com/exhibition/ce.html

|

« 新人アート写真家の登竜門を目指す
"エマージング・フォトグラフィー・アーティスト 2013"スタート!
| トップページ | "The Emerging Photography Artist 2013"が終了!
グランプリは三善チヒロが受賞 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170909/56846316

この記事へのトラックバック一覧です: "ジ・エマージング・フォトグラフィー・アーティスト 2013"
作品理解を深めるための解説
:

« 新人アート写真家の登竜門を目指す
"エマージング・フォトグラフィー・アーティスト 2013"スタート!
| トップページ | "The Emerging Photography Artist 2013"が終了!
グランプリは三善チヒロが受賞 »