« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月24日 (火)

「TOKYO PHOTO 2013」
マイケル・デウィック、ファッション写真、
日本人写真家の抽象写真を展示!

Blog
(C) The Estate of Jeanloup Sieff, courtesy of GIP

ブリッツ・ギャラリーは9月27日~30日まで開催される「東京フォト2013」に参加する。
昨年はJpads(ジャパン・フォトグラフィー・アート・ディーラース・ソサイエティー) のメンバーとして参加したが、今年はギャラリー単体での参加になる。会場は東京ミッドタウンから増上寺に変更されている。お寺で開催と説明すると、まるど4月に行われた「京都グラフィー」のように境内の中に写真を展示すると勘違いする人が多い。しかし、ここにはちゃんとしたイベント・スペースがあり、通常の見本市のように展示ブースが造作される。じつは私もまだ会場内部をみていないので具体的なイメージは描き切れていない。
プレスリリースによると、東京をはじめ、ニューヨーク、パリ、ベルリン、アムステルダム、マドリッドなど世界の主要10都市より約23のトップギャラリーが参加するとのことだ。非常に分かりやすいのだが昨年作品が売れたギャラリーが今年も参加している。
また、5周年記念企画として英国国立美術館テートモダン(TATE MODERN)のフォト・キュレーター、サイモン・ベーカー氏による企画展、東松照明追悼展、ウィリアム・クライン「東京」展、「日中未来の子ども100 人の写真展」を同時に併設するとのことだ。

ブリッツは、「Paris Fashion」、「Michael Dweck」、「New Japanese Abstruct Photography」
の3つのテーマで作品を展示する予定だ。
「Paris Fashion」では、芸術とファッションの都であるパリで撮影されたファッション写真を紹介する。展示するのは、ホルスト、ロベルト・ドアノー、ピーター・リンドバーク、リチャード・アヴェドン、ジャンルー・シーフ、メルヴィン・ソコルスキー、デボラ・ターバヴィル、トミオ・セイケなど。
「Michael Dweck」では、人気米国人写真家マイケル・デウィックの代表シリーズ"The End:Montauk"、"Mermaids"、"Habana Libre"から有名作品をセレクションする。
「New Japanese Abstruct Photography」では、写真表現を使い、様々な独創的アプローチで抽象作品を制作している日本人写真家に焦点を当てた。丸山晋一、高橋和海、芦谷淳、石川和人、三善チヒロを展示する。

ぜひご来場ください!

9月27日~9月30日
会場 増上寺 港区芝公園4-7-35
12:00~19:00
一般 1,300 円/学生 1,000 円/前売り 1,000 円

http://www.tokyophoto.org/2013/

| | トラックバック (0)

2013年9月17日 (火)

2013年秋のアート写真シーズン到来
最新オークション・プレビュー

夏休みが終わり、いよいよ2013年秋のアート写真シーズンが到来した。今月末から始まる秋の海外オークションの出品情報も揃ってきたのでプレビューをお届けする。

まずシーズンに先駆けて、9月10に米国フィラデルフィアのフリーマンズ(Freeman's)で"Photographs And Photobook"オークションが開催された。これはフォトブックを含むほとんどが1万ドル以下の低価格帯作品オークション。
注目されたのは、化粧品会社AVONの女性アーティストによる作品コレクションの売却と、バート・スターンによるマリリン・モンローの死直前に撮影された10枚ポートフォリオ・セットの"MARILYN MONROE: THE LAST SITTING,1962"の出品だった。
最高額は上記のモンロー作品で落札予想価格を大きく上回る、$41,250.(約412万円)で落札されている。全体の落札率は順調と言える約70%だった。しかし今回のAVONコレクションからの売却87点のうち約67点余りが最低落札価格が設定されていない成り行き販売だった。
以上から、最近ずっと続いている、需要が強い貴重作品、弱い平均的作品という相場基調はまだ続いている印象だった。NYダウ株価は4月よりは高いものの、チャート的には中期の取引レンジの上限に近い。 さらに上昇するエネルギーはなさそうだ。いままで続いてきた市場の流れに変化の兆しがみられるのか、月末から始まるニューヨークの主要オークションが注目される。

・"Kate Moss From The Collection of Gert Elfering"
クリスティーズ・ロンドン 
9月25日

ニューヨークでの定例オークションの前に、スーパーモデルのケイト・モスをフィーチャーしたオークションがクリスティーズ・ロンドンで開催される。彼女は多くの有名写真家やアーティストの創造力を刺激し続けてきた時代のミューズ。 著名なコレクターGert Elferingのコレクションから、ヨーガン・テラー、マリオ・ソレンティ、ニック・ナイト、アニー・リーボビックらによる写真作品、ペインティング、コラージュ、彫刻、タペストリーなど計58点が出品される。

・"Photographs"
フィリップス(Phillips de Pury & Company)、ニューヨーク
9月30日、10月1日

フィリップスでは2日にまたがって約264点が出品される。注目されているのは、リチャード・アヴェドンのローリング・ストーン誌に掲載された69点のポートフォリオ"The Family,1976"。落札予想価格20万~30万ドル(約2000~3000万円)。 ロバート・フランクの70年代にプリントされた代表作"Parade Hoboken, New Jersey, 1955"は落札予想価格10万~15万ドル(約1000~1500万円)。ヘルムート・ニュートンの1.5X2メートルの大判作品"Parlour games, Munich, 1992"と"Nude and Police Dog, St.Tropez,1975"の落札予想価格15万~20万ドル(約1500~2000万円)。
日本人では荒木経惟の"101 works for Robert Frank(Private Diary),1993"と杉本博司の建築シリーズからの"United Nations Headquaters, 1997"がともに落札予想価格8万~12万ドル(約800~1200万円)となっている。

・"Photographs"
ササビーズ、ニューヨーク
10月2日

ササビーズは232点が出品される。注目作品は、アンセル・アダムスの"WINTER SUNRISE, SIERRA NEVADA FROM LONE PINE, CALIFORNIA,1944"。72.1X101cmの大判作品で、落札予想価格は15万~25万ドル(約1500~2500万円)。同じくアダムスの"THE TETONS AND SNAKE RIVER, GRAND TETON NATIONAL PARK,WYOMING,1942"。これはさらに大きい100.3X130.8 cm。落札予想価格は25万~35万ドル(約2500~3500万円)。
アルフレッド・スティーグリッツのオキーフのヌード作品"GEORGIA O'KEEFFE: A PORTRAIT-TORSO"。これはパラディウム・プリントで、落札予想価格は30万~50万ドル(約3000~5000万円)。
カタログの表紙を飾る、ラースロ・モホリ=ナジの40X30.2cmの大判フォトグラム作品、同じく"Fotogramm(Hand)"は、ともに落札予想価格20万~30万ドル(約2000~3000万円)。

・"Photographs"、"Into Africa: Photographs by Peter Beard"
クリスティーズ、ニューヨーク
10月3日

Blog2

クリスティーズは"Into Africa: Photographs by Peter Beard"という、ピーター・ベアードの単独オークションと複数委託者のオークションを開催する。ベアード・オークションには28作品が出品される。ハイライトは人気作の"Orphaned Cheetah Cubs, Mweiga, Kenya, 1968"。これは約160X220cmの大作。落札予想価格は15万~25万ドル(約1500~2500万円)。またシート・サイズが304X177cmもある巨大な"Tsavo Tusker, on the Athi-Tiva River, 1965"の落札予想価格は20万~30万ドル(約2000~3000万円)。

Blog1

複数委託者では約243作が出品される。注目作は、ウィリアム・エグルストンの写真集カヴァーに掲載されている"Memphis (Tricycle), c. 1970"。本作は1980年に制作されたエディション20点のダイ・トランスファープリント。落札予想価格は25万~35万ドル(約2500~3500万円)。エドワード・ウェストンの抽象的ヌード作品"Nude, 1925"は落札予想価格15万~25万ドル(約1500~2500万円)。ラースロ・モホリ=ナジのフォトグラム"Untitled, Dessau, 1926"は落札予想価格20万~30万ドル(約2000~3000万円)。
エドワード・カーティスの貴重な全作揃いのポートフォリオ"The North American Indian, Portfolios 1-20; and Text Volumes 1-20"は、落札予想価格100万~150万ドル(約1億~1億5000万円)となっている。100万ドル越えの入札があるか注目されている。
カタログ表紙は、アーウィン・ブルメンフェルドのシルバー・プリント"New York, ca. 1948"。こちらの落札予想価格は4万~6万ドル(約400~600万円)。その他、ブルメンフェルドの美しいファッション系作品が複数出品される。

(為替レートは1ドル100円で換算)

| | トラックバック (0)

2013年9月10日 (火)

「TIMELESS TIME」トミオ・セイケ写真展
デジタル写真独自のアート性を問う

Blog
ⓒ Tomio Seike

ブリッツでの次回展、トミオ・セイケ"タイムレス・タイム"が今週末より始まる。今回はセイケがデジカメのカタログの仕事で訪れたプラハで2012年に撮影された写真を展示する。
カタログはカラ―だが展示作はモノクロ。カタログ未発表作が数多く紹介される。カタログ掲載イメージのアザー・カットは見る側にとって親しみやすいだろう。実は、ファッション写真でも仕事の後に同じモデル、ファッション、ロケーションでパーソナルワークが撮影されることがある。写真家本人の意図が、広告の仕事と隔てられていれば作品として成立するのだ。これは決して珍しいことではない。

今回の写真展、セイケはデジカメを使うアマチュア写真家の来場を意識しているようだ。まず撮影機材を一通り紹介しておこう。カメラはシグマのDP3メリル。RAWからシグマのソフトでモノクロ現像し、エプソンのPX-5002で出力。用紙はハーネミューレとキャンソンだ。
アマチュア写真家でも、プラハに赴いて撮影し、同じ条件で作品制作することは可能だろう。しかし、多くの人は決してセイケのように撮れないと感じるのではないか。これこそがセイケが本展で見て欲しいプロとアマチュアとの作家性の違いだ。これは2010年に開催した「Untitled」から続いているメッセージ。ぜひ来場者自身の目で作品を見て判断してもらいたい。

今回はA2(420×594mm)とA3ノビ(329×483mm)のモノクロ作品21点が展示される。すべてエディション15点、英国での価格が基準で販売される。作品サイズはセイケにしては大判だ。彼は銀塩のファインプリントの場合、両手を伸ばして持って全体が視野に入るサイズが適当としている。それは大体11x14"(279X356mm)くらいになる。彼のいままでの銀塩写真はだいたいこのサイズまでだ。
しかし、今春のライカ・ギャラリーでの個展の際もA2サイズだった。これはデジタルプリントの特性を顧客に見せるために確信犯で行っている面があると思う。銀塩写真ではモノクロの抽象的なメリハリを直感的に認識できる。大判カメラなどでの撮影を除いて、近くで見て細部の表現を愛でるようなことはあまりしない。一方、インクジェット写真は銀塩と比べると一見フラットに感じるが近くで見ると細部まできれいに表現されている。小さなシグマのDP3メリルで撮影され、A2サイズで出力された写真は、画面細部のクオリティーに関して全く表現力不足を感じない。 銀塩写真とデジタル写真は全く別物なので、デジタルに関しては大判サイズが相応しいということなのだろう。

最近の流行にデジタル・ゼラチンシルバーモノクロプリントがある。これはデジカメで撮影したデジタル画像から銀塩モノクロ印画紙をプリントする技法だ。 巷では関連したワークショップが頻繁に行われている。私はこのアプローチは、デジタル写真でオリジナル作品を安定したクオリティーで制作可能にすることがメリットだと理解している。
この技法についてセイケが興味を持ち、盛んに情報収集していることが写真愛好家の間で話題になっている。今回の個展開催に際して、多くの人から、今回はついにセイケ氏もデジタル・ゼラチンシルバーモノクロプリントで個展開催を行うのか、という質問を受けた。これは非常に重要なことなので、その可能性についてセイケ本人に聞いてみた。彼の現時点の見解は、いまやインクジャット作品でも十分に銀塩写真と遜色がないプリントが制作できるようになった。問題は、銀塩かデジタルかではなく、撮影者の作家性なのだ、とうことだった。
もし将来的にセイケが、デジタル・ゼラチンシルバーモノクロプリントを考えているのなら、ギャラリーとして、いまなぜインクジェット作品を販売するかをコレクターに説明する義務があるだろう。しかし、現時点ではセイケはデジタル・ゼラチンシルバーモノクロプリントでの
情報収集はするものの、作品制作は考えていないと断言した。二つは別物なので、デジタルで銀塩を目指すのではなく独自の道を追求するべきという見解だ。今回、デジタル作品の販売価格を銀塩写真と同じにしたこともその現れだと思う。

写真のデジタル化進行で、ここ10年で作品の制作フローが様変わりした。様々な表現方法と解釈が生まれ、それらの成否が市場で問われることになった。現代アートのコレクターにとって銀塩とインクジェットとの違いはなくなりつつある。 彼らは技法よりも作家のメッセージ性の方を愛でるのだ。しかし従来のファイン・アート写真分野、特にモノクロではデジタル撮影・インクジェット出力に対する評価は定まっていない。今後、この分野は現代アートの一部に取り込まれるのでなく、デジタル写真独自の展開があるかもしれない。セイケはここ数年に渡りでその実験を試みており、本展もその延長上にある。結果は、長い時間の検証が行われ、最終的に市場の判断にゆだねられるのだろう。コレクターや関係者の反応が非常に楽しみな今回の写真展だ。

「TIMELESS TIME」トミオ・セイケ写真展
9月14日(土)より開催
ブリッツ(目黒)
13:00~18:00/ 入場無料
日曜、月曜、9月24日~28日は休廊

| | トラックバック (0)

2013年9月 3日 (火)

日本のファッション系フォトブック・ガイド
(第7回)
小林響「tribe」(1998年、光琳社出版刊)

Blog1

1990年代前半の欧米ファッション・ヴィジュアル分野では、フランス人アート・ディレクターのファビアン・バロンが大活躍していた。彼は1988年にイタリアン・ヴォーグの刷新を成功させ、1992年にはマドンナのヌード写真集「SEX」(スティーブン・マイゼル撮影)を制作したことで一躍時代の寵児となっていた。1992年9月には米国版ハーパース・バザーのリニューアルをリズ・ティルベリス編集長とともに手がける。モダンでシンプルな余白を生かしたスペース使いと、大胆かつ巧みなタイポグラフィーで低迷していた同誌を復活させた。40~50年代に同じく同誌で活躍した名アート・ディレクター、アレクセイ・ブロドビッチの再来とも呼ばれていた。

日本にも、ブロドビッチとバロンに魅了された編集者の林文浩(1964-2011)がいた。彼は雑誌シンクの編集者を経て、やがて独立系のハイ・ファッション誌「リッツ」、そして「デューン」を創刊させる。ブロドビッチといえばリチャード・アヴェドンを見出したことで知られている。バロンはパトリック・デマルシェリエやピーター・リンドバークを起用して雑誌を改革した。林も自分が憧れるバロン風の、シンプルでモダンな表現ができる写真家を探していた。

彼が目をつけたのが小林響(1955-)だった。小林は世界中の消えゆく少数民族のポートレート撮影プロジェクトに取り組んでいた。 彼はどんな遠隔地にも白バックを持参し、野外簡易自然光スタジオを設営して中判カメラで撮影を行っていた。それらはリチャード・アヴェドンが行った"In the American West"プロジェクトを思い起こす写真だった。当時はポストモダンの過剰なデザインが中心だったので、彼の白バックのシンプルなモノクロ写真は非常に魅力的に感じられたのだ。林は彼の作品を一種のファッション写真と評価した。かつてヴォーグ誌のアレキサンダー・リーバーマンがアーヴィング・ペンを起用して世界中の少数民族を現地の簡易スタジオで撮影したことを意識したのではないだろうか。
林はみずからが編集長を務める雑誌「デューン」のファッション・ページやポートレート撮影で小林を起用するようになる。「デューン」2号のニューヨーク特集で、林は憧れのバロンにインタビューしている。バロンのポートレート撮影はもちろん小林が担当。ちなみにバロンはこの中で、写真を選ぶ基準を発言している。それは、"Strength(強さ)"、"Directness(直接さ)"、"Quality(高い質)"、"Impact(衝撃性)"だという。これは人の感動を呼ぶ写真が一番重要だという意味で、アート写真の基準にもつながってくる。

Blog2

90年代前半の日本のアート写真業界はいまよりもはるかに活気があった。1991年に東京都写真美術館が開館したこともあり、写真がアートとして扱われることをマスコミが非常に珍しがった。アート写真に関する新聞での記事掲載、雑誌での特集がかなり頻繁に行われていた。当時はテレビ東京の「ファッション通信」やNHKーBSの「東京発エンターテインメント・ニュース」で、写真展をニュース・トピックとして紹介していたほどだ。
ビジネス面でも、流通業の伊勢丹やパルコが写真専門ギャラリーを実際にオープンさせ、デパートでも頻繁に写真展が開催されていた。写真展のコンテンツも外国人作家の海外ギャラリーからの巡回展などが多く、いまよりも内容レベルが遥かに高かった。活気があった背景には、写真を含むアートビジネスが将来的により活況になるという予感があったからだ。
そんな明るい未来像が、そうなったときに恩恵を被るだろうと考えられる、カメラマン、ギャラリー、キュレーター、流通業者、イベント業者、デザイナー、マスコミ、編集者、コレクターのあいだで共有されていたのだ。ネットが普及する前だったので、人同士のコミュニケーションがいまより広範囲に、また頻繁に行われていた。林文浩や小林響もその流れの中で活動が注目されたのだ。 いま思い返せば、当時はまだバブル時の残り香が残っていたのだろう。景気は循環し、再び良くなるとまだ信じられていたのだ。現実には長期不況の失われた20年が始まったばかりの時期だった。

1990年のケニアから始まった小林の少数民族撮影プロジェクト。多分野の人からの作品に対する高い評価が彼の背中を押した。ちなみ1993年夏には、当時代官山にあったブリッツでも彼の個展を開催している。最終的に、彼は約5年間でアジア、中近東、アフリカ、ニューギニア、アマゾンを旅し3000人以上のポートレートを撮影することになる。
1998年ついに彼の少数民族ポートレートが京都の光琳社出版から「tribe」として写真集化される。ADはあのファビアン・バロンが担当、小林とバロンは「デューン」誌でのインタビューで知り合ったのだろう。二人の付き合いはいまでも続いているという。序文はアフリカ像の乱獲をテーマにした写真集「The End of the Game」の著者で有名アーティストのピーター・ベアード(1938-)。モノクロ図版が100以上収録された35.5X28.5cmの大判サイズのハードカバー。タイトルが印刷された透明ラミネート製ダストジャケット付きの豪華本だ。国内価格は9800円(税別)。この本は世界同時発売を前提に編集制作されている。文字はすべて英文で、光琳社版ではベアードと小林のメッセージの日本語訳のブックレットと帯が付く。米国では"powerHouse Books, NY"、フランスでは "Edition Assouline, Paris" から刊行されている。本書は世界最高峰のクリエーター、アーティストが関わった、グローバルに通用する高いクオリティーを持つ日本発のフォトブックだったと思う。当時の光琳社には、アート系の写真集で世界市場に挑戦するという意思があったことは間違いないだろう。

ベアードの以下から始まる文章は15年以上たった今でも示唆に富んでいる。
「小林響の作品には、読者にフェアであることについて考えさせる何かがある。それは、尊大さ、純粋さ、平穏さ、辛抱強さ、そして他者への思いやりといった、複雑な人間の交わりのなかで、あたたかく受け入れられるもの全てであり、現実にいま、この地上で起きている事柄とは正反対の事柄である」。彼は現実に絶望しているかのように「人間は、強欲で狡猾なこの人口爆発・汚染爆発という代表的な一例を、従来にも増して、みずからが造出した破壊機構の中にひたすら形を整えながらも取り組んでいるのである」と続ける。
最後に「結局のところ、人間が団結するには。地球外からの侵略が必要なのではないだろうか? 確実にいえることは、小林響のこの本に含まれているような作品、より多くの謙虚さと寛大さをもつ作品こそが、我々人間のグローバルな戦略、つまり地球に住む目的を再考するチャンスをあたえてくれる、ということである」とまとめている。

小林響の写真、ファビアン・バロンのアート・ディレクションとともに、このピーター・ベアードの序文により本書は優れたフォトブックになっている。写真のシークエンスはベアードの文章が見事に反映されている。まず20あまりのtribeたちの写真を大胆な裁ち落としのレイアウトで連続して見せ、いったん見開きの全黒ページで流れを止め、最後にオレンジ色の帯状のデザイン・スペースの手が入った頭骸骨のポートレートで終わらせている。これは、ボルネオ奥地に住む首狩り族の犠牲者の頭蓋骨だ。最後に「死」の象徴を入れることで消えゆく少数民族の「生と死」を表現しているのだろう。それはもちろん私たち全人類のことでもある。
刊行された1998年以降、ベアードの思いとは裏腹にグローバル化経済がさらに進行していく。90年代に撮影されたtribeたちの多くはいまやそのシステムに取り込まれてしまったのではないか。それゆえに、写真集「tribe」の当時のメッセージはいまでも十分に有効だと思う。

残念なことに光琳社は本書が刊行された翌年に倒産してしまった。優れた写真集が正当な評価を受けるのには時間がかかる。もしかしたら、同社の倒産により写真集「tribe」は多くの読者の手に行き渡る前に処分されてしまったかもしれない。
作家として認められた小林は、その後ファッション、広告写真家として成功する。しかし、写真集「tribe」以降の新作はまだ完成していないようだ。「tribe」のテーマがあまりにも壮大で、また被写体たちが強烈な存在だったので、それ以上の、"Strength(強さ)"、"Directness(直接さ)"、"Quality(高い質)"、"Impact(衝撃性)"を持った対象に出会えてないのだろう。

本書の国内古書市場での相場は4,000円~。流通量は少ないのは版元の倒産が影響しているのだろう。ネットではときに低価格で売られていることもあるが、透明カヴァー、帯、ブックレットの有無は要確認だ。海外では米国版中心に普通状態のものが50~75ドルで販売されている。ベアードが文章を寄せて、バロンが手掛けた90年代の優れたフォトブックとして認知されているようだ。
この写真集がレア・ブックとして更に高く評価されるかどうかは小林の次回作にかかっていると思う。彼はまだ50歳代後半、作家としての今後の展開をおおいに期待したい。

| | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »