« 日本のファッション系フォトブック・ガイド
(第8回)
ホンマタカシ「ウラH ホンマカメラ」
(1998年5月、ロッキングオン刊)
| トップページ | 2013年アート写真市場を振り返る »

2013年12月17日 (火)

「クリスマス・フォトグラフィー・ショー2013」
アート写真のフリーマーケットが開催!

Exhi_032

いよいよ12月18日(水)から23日(月・祝)まで、広尾のインスタイル・フォトグラフィー・センターで年末恒例の「クリスマス・フォトグラフィー・ショー2013」が開催される。
これはアート写真のフリーマーケットを意識した一種のフォト・フェア。いまでこそ大仰なフォトフェアだが、もともとは複数の古写真などの取り扱い業者が在庫を持ち寄って販売した蚤の市が原点。今回も会場の壁面いっぱいに幅広い価格帯の多数の作家による大量の写真作品を展示する。エドワード・ウェストンのヴィンテージ・プリント、アジェの鶏卵紙プリント、アンセル・アダムス、岡田紅陽など鑑賞目的でも十分に楽しめる貴重作品が展示される。
また購入目的で来る人には、自分の予算内で好きな作品を数多く見比べてもらうことを目指している。気になる写真家がいれば、その他の写真が買える可能性もある。わからないことは遠慮なく会場スタッフに質問して欲しい。もし気に入った写真があれば買おうという姿勢で臨めばフォトフェアのワクワク感は倍増する。自分の部屋のどのスペースに写真を飾るかをイメージするとさらに真剣に展示作を見るようになるだろう。

今回テーマを風景、つまりランドスケープ、シティースケープとした。最もインテリアに飾りやすいモチーフだ。制作方法も、プリントは伝統的な銀塩写真からデジタル・アーカイヴァル・プリントまで、カメラも8X10"、ライカ、デジカメまでと多様だ。それぞれの違いを見比べる絶好の機会だと思う。誰でも知っている有名写真家の高価な作品だけでなく、販売価格2万円程度からの新人写真家6人のブース、絶版写真集コーナーも設置される。 かなりマニアックな商品も出品される予定。
年末の忙しい時期だが、1年間頑張った自分へのご褒美や、また写真好きな大事な人へのプレゼント探しに来てほしい。

Exhi_032_1

「クリスマス・フォトグラフィー・ショー2013」
インスタイル・フォトグラフィー・センター
東京メトロ日比谷線 広尾駅下車7分
12月18日(水)~23日(月・祝)
午後1時~6時まで(最終日5時まで)、入場無料、期間中無休。
会場地図
http://www.instylephotocenter.com/Information.html

(主な展示予定写真家)
ウージェーヌ・アジェ、アンセル・アダムス、ハリー・キャラハン、ポール・カポニグロ、アナトリー・チェルカソフ、マイケル・デウィック、マイケル・ジョンソン、エドワード・ウェストン、ブレット・ウェストン、ジャンルー・シーフ、植田正治、トミオ・セイケ、ハービー・山口、岡田紅陽、横木安良夫、中村ノブオ、高橋和海、舞山秀一、百瀬俊哉、芦谷淳など、その他多数を予定。

(絶版写真集)
ウィリアム・クライン(New York 1956年版、Rome, Moscow, Tokyo)、高梨豊(都市へ)、ブルース・ウェーバー(O Rio de Janeiro)、東松照明(<11時02分>長崎)、岡田紅陽(富士)、杉本博司(HIROSHI SUGIMOTO 限定版)、木村伊兵衛(パリ)、ホンマ タカシ(NEW WAVES 限定版)など

Exhi_032_3

|

« 日本のファッション系フォトブック・ガイド
(第8回)
ホンマタカシ「ウラH ホンマカメラ」
(1998年5月、ロッキングオン刊)
| トップページ | 2013年アート写真市場を振り返る »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170909/58772762

この記事へのトラックバック一覧です: 「クリスマス・フォトグラフィー・ショー2013」
アート写真のフリーマーケットが開催!
:

« 日本のファッション系フォトブック・ガイド
(第8回)
ホンマタカシ「ウラH ホンマカメラ」
(1998年5月、ロッキングオン刊)
| トップページ | 2013年アート写真市場を振り返る »