« INFINITY VS ~僕らと、たった一人のモナ~
パルコミュージアム渋谷
| トップページ | ジ・エマージング・フォトグラフィー・アーティスト2014展
グランプリの発表! »

2014年2月25日 (火)

ジ・エマージング・フォトグラフィー・アーティスト2014展
公募作品のレビュー

ジ・エマージング・フォトグラフィー・アーティスト展は3月2日(日)まで開催中だ。
12名の新進気鋭の写真家が参加しているが、そのなかで10名は写真教育機関の先生方の推薦による。会場内にはその推薦文が掲示してあるのでぜひ読んでもらいたい。
公募で選ばれたい高橋正典、伊藤雅浩の2名には推薦文がないのでここで簡単に作品解説を行っておきたい。

・高橋正典「In camera obscura -暗い部屋の中-」
Emerging2014press9

カメラ・オブスクラ(カメラ・オブスキュラも同じ意味)は写真の起源のようなもので、暗い部屋の中に小さな針穴から入った光で、その向かい側の壁面に外界の世界を反転して映し出す仕組みだ。
高橋は、自らカメラ・オブスクラの仕組みをホテルの部屋の中に作り作品を制作している。彼は映し出された反転した外界の像を、現実の室内の調度品などと組合わせて中判カメラで撮影。一種の抽象作品といってもよいだろう。フイルムに映像が記録されるまでに約4時間もシャッターを開けっ放しにしているという。カメラ自身のシルエットが写り込んでいる上記作品には、背景に複数の横線の束が見て取れる。それらはすべて壁紙の質感が反映されているとのことだ。

彼のテーマは現実ように見える世界の危うさの提示だ。都市が魅力的に感じるのは、見る人がそこに様々な幻想を抱くからだ。そしてその幻想は都市に対しての様々な思い込みを生み出し、場合によっては私たちを不幸にすることもある。客観的な都市の魅力などはない、目の前に見えるシーンはすべて見る人の認識によって違って見えている。彼はその事実を私たちに気付かせるために、外の風景を室内に再現している。私たちが現実だと信じているシーンも実は彼の写真のように実態のないものなのだ。

彼は以前、2枚の写真を絶妙にパソコン上で貼り合わせて1枚の都市風景を制作していた。 一見、何気ない普通のイメージなのだがよく見ると左右対象になっている。その作品はテーマ性よりも画像処理の技術を目的化した作品と勘違いされがちだった。 作品サイズがやや変形であったことから展示しにくい点もあった。旧作と新作は方法アプローチが違うものの全く同じテーマを扱っている。

新作の作品テーマと制作方法は共に面白い。これから意識的に様々なビジュアル作りに挑戦してほしい。今後も見る側の思い込みを撃つユニークな作品アイデアを考えて欲しい。

・伊藤雅浩「東京オベリスク-case02:排気所(首都高速道路)-」
Masahiroito_01

伊藤は首都高速トンネル内の二酸化炭素を外に出す排気所を撮影している。
一見すると普段見なれた都市風景なのだが、その中でビルや塔のよう見えるものが排気所なのだ。周りの都市環境と違和感がないようなデザインが心がけられているそうだ。
東京の街はよく統一感がなく醜悪だなどといわれる。それはそれぞれの建物がまわりの環境を無視して個性的であろうとしているからだろう。これを否定的にとらえる人は多いのだが、伊藤は逆にこれは東京の多様性と自由の表れととらえている。そのなかであえて周りの環境に配慮した存在であろうとする排気塔に魅力を感じているのだ。

伊藤は都市風景の構図を都市生活者の生き方に置き換えている。都市で魅力的であろうとする方法は、なにも個性を主張するだけではない。重要な役割を果たしている排気所は周りの環境に配慮をしながらも見る人が見れば重要な存在感を発揮しているのだ。人間も世の中でキャラをたてるために神経をすり減らすだけでなく、まわりの人たちに配慮しながらも重要な仕事を行うことが可能なのではないかということだ。
もちろんこれは、伊藤が自分自身に語りかけているメッセージでもあるのだろう。

本作は彼が取り組んでいるシティースケープ写真シリーズの新作。
前作では公共スペースに鎮座しているパブリック・アートの野外彫刻などを撮影し続けていた。普段はあまり意識されないそれらの無名作品を通して、私たちがアート作品の本質を見ているのではなく、ただ作家のブランドを確認している事実を明らかにいる。
東京という巨大都市で作品を制作するのは容易ではない。その中で野外彫刻や排気所という意識されない存在を通して作品テーマを模索する姿勢は好感が持てる。
ぜひそれらのドキュメント作品をインテリアでも飾れるように、作品提示方法も色々と探求して欲しい。

“The Emerging Photography Artist 2014”
(ジ・エマージング・フォトグラフィー・アーティスト 2014)
 -新進気鋭のアート写真家展-
 2014年2月18日(火)~3月2日(日)
 午後 1時 ~ 6時 (最終日5時)/ 入場無料
  週末にはトークイベントを開催します!
 会場:インスタイル・フォトグラフィー・センター
 東京都港区南麻布5-2-9
 東京メトロ日比谷線 広尾駅下車 徒歩7分

>

|

« INFINITY VS ~僕らと、たった一人のモナ~
パルコミュージアム渋谷
| トップページ | ジ・エマージング・フォトグラフィー・アーティスト2014展
グランプリの発表! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170909/59197755

この記事へのトラックバック一覧です: ジ・エマージング・フォトグラフィー・アーティスト2014展
公募作品のレビュー
:

« INFINITY VS ~僕らと、たった一人のモナ~
パルコミュージアム渋谷
| トップページ | ジ・エマージング・フォトグラフィー・アーティスト2014展
グランプリの発表! »