« トミオ・セイケ(Tomio Seike)
「ウエスト・ピア(West Pier)」
抽象化されたタイポロジー的な作品
| トップページ | TOKYO PHOTO 2014(東京フォト)
アジア市場における独自フォトフェアの可能性 »

2014年9月30日 (火)

TOKYO PHOTO 2014(東京フォト)
ブリジッド・バルドーとテリー・オニールの
ダブル・サイン作を世界初公開!

Blog_2
"Bardot, Spain, 1971" (C) Terry O'Neill / Iconic Images 禁無断転載

今年で第6回目となる東京フォト2014が丸の内の東京ビルTOKIAで10月3~6日に開催される。

従来はギャラリーによる作品展示・販売がメインであったが、今年からは東京フォト自体がコンテンツを創り上げそれを海外に発信していくことも行うとのこと。文化庁の「優れた現代美術の海外発信促進事業」支援を意識した3つの特別企画である「日本の写真って何ですか?」展、「国際メディア・フォト」エキシビション(プレミア)、「カレッジ・コンテスト、アジア」が展示面積の約50%を占める会場構成になっている。
参加ギャラリー数も昨年と比べてかなり減少している。海外ギャラリーの減少は9月に大々的に開催された第1回「フォト上海」の影響があると思われる。
しかしこの新しい方向性は現実を見据えたフォトフェアの健全な進化と評価したい。過去5回の東京フォトで明らかになったのは日本には欧米的なアート写真市場が十分に育ってない事実だろう。回を重ねるごとに特に日本のギャラリーのコンテンツの貧弱さが露わになっていった。そのことはフェアの現場に立つ主催者が一番肌で感じていたと思う。正しい現状認識の上での様々な新しい方法の実践はフェア継続のための賢明な対応だと思う。
日本人写真家が育たないことには市場の活性化やフォトフェアの継続はない。日本のアート写真界の将来を見据え、東京フォトもそのための貢献を行うということだろう。
まだ具体的な展示は見てないので判断できないのだが、過去に何度も行われている多文化主義の視点を持つ外国人の好みを意識した作品や、表層だけ現代アートのようで実際はデザイン・コンシャスな作品などの展示の繰り返しにならないでほしい。東京フォトらしい新しい日本写真の評価軸の提示に期待したい。

今回ブリッツは英国人写真家テリー・オニールの作品をメインに展示する。2015年4月にインスタイル・フォトグラフィー・センターで行われる写真展の予告を意識している。展示作品の中で注目してほしいのは、今年80歳になるフランス人女優ブリジット・バルドーとテリー・オニールのダブル・サイン作品だ。8月の下旬にサントロペにいるバルドーがサインしたばかり、なんと世界に先駆けての作品の展示販売となる。(上部に掲載のイメージ)テリー・オニールは以前に、米国人女優フェイ・ダナウェイとのダブル・サイン作品を発表。それらは瞬く間に完売した。今回の作品も非常に資産価値が高いと思われる。サイズは50X60cmと写真としては大きい。販売価格は会場で発表するが思いのほか高くない。

もう一つフィーチャーしているのはデビッド・ボウイだ。彼は多くのデザイナー、写真家、アーティストとコラボして時代の最先端のヴィジュアルを創り上げてきた。その偉大な実績を紹介する「David Bowie Is 」展がロンドンのヴィクトリア&アルバート美術館で開催されて大人気だった。9月23日からはシカゴ現代美術館で巡回展が開始された。東京フォトでも、テリー・オニールが撮影した「Bowie, Diamond Dog, 1975」「David Bowie and Elizabeth Tylor,1975」、ブライアン・ダフィーが撮影した「ALADDIN SANE, 1973」、また日本で初公開となるオランダ人写真家ギズバート・ハイネコートによる「ABBA...ZAPPA Seventies Photography」からの作品を展示する。
その他、私たちの専門のファッション系のハーブ・リッツ、マイケル・デウイック、ジャンルー・シーフなども展示予定だ。いま市場で注目されている「Icon & Style」を意識した作品展示になる予定だ。
ギャラリー在庫もできるだけ持ち込むので興味のある作品がある人はぜひ声をかけてほしい。

・東京フォト 2014
10月3日(金)12:00 - 18:00
10月4日(土)12:00 - 19:00
10月5日(日)12:00 - 19:00
10月6日(月)12:00 - 19:00
*レセプション:10月3日(金)ご招待者のみ

東京ビル TOKIA (西側ガレリア):
100-0005 東京都千代田区丸の内2-7-3

一般 1,300 円/学生 1,100円/前売り 1,000円
*10月3日(金)のみ学生600円

http://www.tokyophoto.org/2014/information/index.php

|

« トミオ・セイケ(Tomio Seike)
「ウエスト・ピア(West Pier)」
抽象化されたタイポロジー的な作品
| トップページ | TOKYO PHOTO 2014(東京フォト)
アジア市場における独自フォトフェアの可能性 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170909/60399995

この記事へのトラックバック一覧です: TOKYO PHOTO 2014(東京フォト)
ブリジッド・バルドーとテリー・オニールの
ダブル・サイン作を世界初公開!
:

« トミオ・セイケ(Tomio Seike)
「ウエスト・ピア(West Pier)」
抽象化されたタイポロジー的な作品
| トップページ | TOKYO PHOTO 2014(東京フォト)
アジア市場における独自フォトフェアの可能性 »