« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月23日 (火)

2015年のマーケットを展望する
アート写真の格差拡大が進行?

2014年に私が最も注目したのは7月のクリスティーズ・パリで開催された「Photographs Icon & Style(イコン&スタイル)」オークションだった。通常7月にはメジャーなアート写真オークションは開催されないが、パリコレ期間を意識してあえて夏休み前の時期に行われたようだ。
売上総額約253.2万ユーロ(約3億5325万円)、落札率約74%とオフシーズンにしては極めて好調な結果だった。最高額はアーヴィング・ペンのダイトランスファー「Gingko Leaves, NY, 1990」。これは写真集「Passage」(Alfred A. Knopf 1991年刊)の表紙作品で、285,000ユーロ(@140、約3990万円)で落札された。

以前も指摘したが、ポートレート、ヌード、スティル・ライフを含む広義のファッション系分野が注目され相場が上昇した背景には現代アートが市場を席巻して従来の写真市場を飲み込んでしまったことが関係している。
つまり、現代アートでは時代の持つアイデア、コンセプトを重視するが、ファッション系では時代の持つ気分や雰囲気が作品に反映されている点を評価する。イコン&スタイル系作品は単にブランド写真家の代表作というだけではないのだ。またイコン的とファッション系の写真がそれぞれ売れているという意味でもないので、注意が必要だろう。この両方の要素を兼ね備えた作品が売れるのだ。クリスティーズはこの点を意識して、極めて綿密に出品作のセレクションと編集作業を行っていた。
12月にニューヨークのボンハムス(Bonhams)で開催された「The Art of Fashion Photography(ジ・アート・オブ・ファッション・フォトグラフィー)」はこのイコン&スタイル系作品の意味を勘違いをした例だろう。一部には優れたアートとして通用するファッション系作品も見られたが、多くは単に洋服を撮影したモード写真、ファッションショーのドキュメント写真、有名人を撮影しただけのポートレート写真、現代アート風に大判サイズで制作されたインテリア系の写真だった。ただファッション、セレブリティ―風の写真を集めてきたという印象が強い。大手と中堅とのオークションハウスの実力の違いが強く感じられた。
イコンの意味の中には写真家自身のブランドも含まれる。知名度が低い写真家の作品にコレクターはあまり興味を示さないのだ。写真家が有名でないと、どうしても被写体が撮影の主導権を握る状況になる。撮る側の作家性や時代性が反映された作品にはなり難いのだ。また戦前のファッション写真も、知名度の高いホルストは苦戦していた。いままでに相場は大きく上昇しているので、明らかに最低落札価格が高すぎたのだと思う。
落札予想価格が一番高かったのがアーヴィング・ペンの"Women in Wartime (Dorian Leigh and Evelyn Tripp), New York, 1950"(4~6万ドル)。有名作家の作品だが、有名イメージでないことから不落札。最終的な落札率は約32.6%、非常に厳しい結果だったといえよう。
しかし、イコン&スタイル系はアート写真の中でも富裕層が多い現代アートのコレクターが興味もつ分野である。優れた作品さえ提供できれば将来性が高いといえよう。来年も営業力のある大手オークション・ハウスは力を入れてくると思われる。この分野、いまや人気のカテゴリーとなり、かつてのような割安感は完全に無くなってしまった。コレクターにとっては、適性レベルの相場ならばドル資産を持つと考えて有名作品をコレクションするのは悪くない選択だと思う。

今年は為替レートが大きく円安に動いた年だった。円は最も高かった時期と比べて約50%も価値が落ちている。日本人写真家の作品のドル建ての価値が減少し、外国人写真家の円貨の価値が上昇したということだ。あまりにも短期間の急激な変化なので、どうしても購入心理に影響を与えてしまう。
円高時には、外国人の若手・新人写真家が割安感から買われことがあったが、今後は多少高くても本当に資産的な価値のある作品の方が選ばれるようになるだろう。この傾向は洋書フォトブック市場にも出てくると思う。いまや主流購入先となったネット・ショップでは、常にその時点での為替レートが円価格に反映される。円高時のように、面白そうだからと気軽に新人・若手のフォトブックを買う人は間違いなく減少していくだろう。しかし、ずっと主張しているように写真集のなかのフォトブックはアート写真作品の一つの形態なのだ。多少輸入価格が上昇しても、作品として中身を吟味して優れたものはコレクションしていきたい。

いまフランス人経済学者トマ・ピケティの著書「21世紀の資本論」が日本でも話題になっている。彼は歴史的に労働者の収入の伸びよりも、資産が生む収益の伸びが大きい事実を膨大な資料分析から明らかにしている。最近の格差拡大は資本主義システムに内在する要因により引き起こされており、グルーバル資本主義の先に中間層のさらなる減少の可能性を示唆している。
最近のアート写真市場をみるに作品間の価値格差が広がっており、ピケティの主張とかなり重なっている印象がある。先週紹介した、極めて貴重なヴィンテージ作品が数多く出品された"175 MASTER WORKS TO CELEBRATE 175 YEARS OF PHOTOGRAPHY"は、総額の売り上げが2132万ドル(約25億5900万円))、落札率も90.3%。まさに驚異的な好結果だった。最近は、高額価格帯作品が出品されるオークションの落札率が高い一方で、低価格帯作品のものになると落札率が極端に低くなる傾向がある。これはオークションハウスの格差拡大とも重なってくる。大手のブランド・ハウスのササビーズ、クリスティーズ、フィリップスと比べて、それ以外の中小ハウスでのオークションは総売り上げが100万ドル(1.2億円)以下で、不落札率が高いのだ。そして中小ハウスでの低価格帯の出品作品数が増加傾向にある。中間層の没落がいわれているが、いままでアート写真をコレクションしていた中間層が高齢化して資金的な余裕がなくなり作品を手放しているのではないだろうか。
またギャラリーの店頭市場の規模はオークション市場の約1倍~2倍といわれている。上記状況は、店頭での低価格帯作品の売り上げ減少を示唆している。今後は、ギャラリー格差、アーティスト格差も拡大していく可能性が高いのではないか。現代アート分野ですでに始まっているギャラリー淘汰の波が写真分野にも訪れるかもしれない。新興のギャラリー、若手・新人の写真家には厳しい環境が続くだろう。
この環境では、コレクションの方向性が決まっていない人は作品購入の判断が難しいだろう。ただし何を買うかを明確に認識している人には掘り出し物を見つけるチャンスでもある。
2015年には、為替レートを見ながら、低価格帯の作品群の中から将来性のあるイコン&スタイル系作品を探していきたいと個人的には考えている。

| | トラックバック (0)

2014年12月16日 (火)

アート写真コレクションのオークション
世界最高売り上げ記録を達成!
"175 MASTER WORKS TO CELEBRATE 175 YEARS OF PHOTOGRAPHY"
ササビーズNYで開催

2014年12月11~12日にササビーズ・ニューヨークで市場が注目していた"175  MASTER WORKS TO CELEBRATE 175 YEARS OF PHOTOGRAPHY"開催された。

175_masterwork
ササビーズの豪華なオークションカタログ

これはアート写真の振興のために活動をおこなっている"Joy of giving something foundation(JGS)"コレクションからのセール。元々はハワード・ステイン(Howard Stein)が80年代から行っていた世界的な写真コレクションがベースになっている。1998年のJGS創設に際して、主要なコレクションが寄贈されのだ。内容は、銀塩写真だけでなく、ダゲレオタイプ、ダイトランスファー、デジタル写真までを含む、19世紀中盤から現代までの写真史を包括的に網羅する多様なセレクションになっている。

貴重な、アルフレッド・スティーグリッツ、ギュスターブ・ル・グレイ、ウージェーヌ・アジェ、エドワード・スタイケン、エドワード・ウェストン、ポール・ストランドなどの20世紀写真の珠玉のヴィンテージ・プリントが複数点出品。日本人では森山大道の作品が1点含まれていた。
ササビーズの写真部門チェアマンDenise Bethelは、自身の25年以上のオークションハウスのキャリアの中でも最高のコレクションと語っている。まるでフォトブックのような豪華なカタログが彼らのコレクションに対する高いリスペクトを感じられる。全368ページ、透明のダストジャケット付きで、ほとんどのロットが見開き2ページで紹介。ある専門家は、貴重なヴィンテージ作品が見られるオークション・プレビューはまるで美術館クラスの展示に匹敵すると指摘していた。
落札予想価格は、175点のうちなんと100点が5万ドル(約600万円)超という、アート写真オークションとしては異例の高額作品が中心。上限が50万ドル(約6000万円)を超える作品も多数ある。

なぜこの時期に特別のアート写真オークションが開催されたのだろうか?
たぶん、春・秋の定例オークションやフォト・フェアのように中堅ディーラーやバーゲン狙いの個人コレクターを買い手とまったく想定していないのだ。美術館、潤沢な資金を持つ個人や企業コレクション、富裕層が多い現代アートコレクターを念頭に置いているのだろう。

注目度が高かったことから、オークションは近年まれに見るような活況を呈し、なんと総額の売り上げは2132万ドル(約25億5900万円)。落札予想価格の上限総額約2000万ドル(約24億円)を上回る驚異的な数字だった。ササビーズによると、写真単独コレクションのオークション世界最高売上とのことだ。 これは、2014年秋のNYオークション・シーズンでの主要ハウス3社とスワン・オークションの売上総合計を上回る。また2000年代前半の写真オークション年間総売り上げ額に匹敵する。落札率も90.3%と極めて高かった。

最高価格は、アルヴィン・ラングドン・コヴァーン(Alvin Langdon Coburn)のガム・プラチナ・プリントによる代表的なピクトリアリズムの抽象作"Shadows and Reflections, Venice,1905"。落札予想価格をはるかに超える96.5万ドル(約1億1580万円)で落札。もちろん作家のオークション最高落札記録となる。これは2004年のクリスティーズで約36.5万ドルで落札された作品。10年で約2.6倍の価値になっている。

175masterwork1_new
Lot 11、Alvin  Langdon Coburn

2位はアルフレッド・スティーグリッツ(Alfred Stieglitz)の"Evening, New York from the Shelton、1931"。落札予想価格上限の3倍近い92.9万ドル(約1億1148万円)で落札。カタログ・カヴァー掲載作品だ。(上記カタログ画像の写真作品)

3位はラースロー・モホイ=ナジ(Laszlo Moholy-Nagy)の"Photogram with pinwheel and other shape,1929"と、ギュスターブ・ル・グレイ(Gustave Le Gray)の"The pont du carrousel seen from the pont royal, circa 1859"。ともに77.3万ドル(約9276万円)だった。

5位はアウグスト・ザンダー(August Sander) "Handlanger, Porteur de Briques(The Bricklayer),1927"で、74.9万ドル(約8998万円)。カタログの裏カヴァーにもなっているザンダーの代表作品で、作家のオークション最高落札記録となった。

175_masterwork2_new_2
Lot 16,August Sander


6位は再びギュスターブ・ル・グレイ(Gustave Le Gray)。"The pont du carrousel seen from the pont des art, circa 1859"が72.5万ドル(約8700万円)。

7位はエドワード・ウェストン(Edward Weston)の"Charis, Santa Monica(Nude in Doorway),1936"で、65.3万ドル(約7836万円)。ウェストンの代表作で、息子コールが制作・サインしたエステート・プリントの相場は約1万ドルくらいだ。ヴィンテージプリントはその65倍もすることになる。

8位はウージェーヌ・アジェ(Eugene Atget)の"Corsets(Boulevard de Strasbourg),1912"。落札予想価格上限15万ドルの3倍以上の50.9万ドル(約6108万円)で落札。

なんと本オークションでは、8作品が節目となる50万ドル(6000万円)以上で落札されている。ちなみに2014年秋のNYオークション・シーズンの高額落札は、クリスティーズのエドワード・ウェストン"Nautilus Shell, 1927"が46.1,万ドル、ササビーズのマン・レイ"Lee Miller, c1930"が45.5,万ドルだった。今回のオークションにどれだけ驚くべき貴重な高額作品が複数点も出品されていたかがわかる。

現代アート系では、シンディー・シャーマン、ベッヒャー夫妻、、ジョン・バルデッサリ、トーマス・ルフ、トーマス・シュトュルート、フィリップ・ロルカ=ディコルシア、アダム・フス、ヴィック・ムニーズが出品され、全て落札されている。最高額はシンディー・シャーマンの"Untitled Film Still #2,1977"で、31.7万ドル(3804万円)だった。

不落札作品はわずか17点だった。その内訳を見てみよう。
知名度の低い写真家、またスティーグリッツ、ウェストン、フランクでも人気度の高くないイメージはヴィンテージ作品でも不落札となっている。一方で20世紀後半の現代写真や現代アート系はすべて落札されている。古いという骨董的な価値だけでは現代のコレクターは高額を支払わない傾向が読み取れる。落札予想価格が高額になってくると、作品のアイコン的な価値も必要になってくるのだろう。従来、貴重なヴィンテージ作品は中間層であるアート写真のコレクターが買っていた。 しかし最近の中間層の没落と相場上昇によって彼らは手が出せなくなってしまったのだ。

ちなみに12月11日には、スワン・オークションNYで"Vernacula Imagery, Photobooks, Fine Photographs"のオークションが開催された。これは、古写真、フォトブック、アート写真などの低価格帯の写真作品を取り扱う、ササビーズとは対極のオークションだ。結果は、トータルの落札率が約62%、アート写真243点の落札率が約55.9%と低迷していた。
12月の同時期に開催された二つのオークションは、ここ数年続いている高価格帯セクターの好調、低価格帯セクターの低迷のトレンドを改めて印象付けられる結果だったといえよう。

(為替レートは1ドル120円で換算) 

| | トラックバック (0)

2014年12月 9日 (火)

1年間頑張った自分へのご褒美
アート写真のクリスマス・プレゼント

有名アーティストの作品は値段が高いのが当たり前だと思われている。しかし、必ずしもすべてが高額ではない。知名度と比べて相場が安い人や、エディション数の関係でお手頃価格で買える作品もあるのだ。
年末とクリスマスのショッピング・シーズンが近いことから、今回は約10万円(税別)以下で買えるお値打ちアート写真をギャラリーの在庫から選んでみた。ただし、誰かへのプレゼント用にはあまりお薦めしない。自分の気にいった写真を買ってプレゼントしても相手の趣味が違う場合が多いのだ。また一般商品と違い、情報を持たない人にアート作品の相場は全くわからない。大枚をはたいても感謝されない悲しいこともある。アートは極めて高度で難しい贈りもの、自分が欲しいものを、1年間頑張ったご褒美として買うのがよいのではないだろうか。

1.ハービー・山口
ライカ・カメラのマニア、福山雅治などのミュージシャンのファンに圧倒的に支持されているハービー山口。多くの人の幸せを願って書かれるエッセーには写真作品とともに根強いファンがいる。
彼のアナログ銀塩写真は、11X14"サイズのオープン・エディションなら86,400円(税込)で買える。できるだけ多くに人に自分の作品を持ってほしいという本人の希望で、作品に限定枚数を設定していないことからこの値段が実現しているのだ。知名度が高い人気写真家のアナログ銀塩写真は、かなり魅力的だと思う。
「代官山17番地」、「ロンドン・アフター・ザ・ドリーム」からの代表作の在庫は数多くある。

Biglove_london_94s
"Ever, South Bank, 1975" (C) Herbie Yamaguchi

2.トミオ・セイケ

欧州中心に活躍する日本人作家。ロンドンの老舗ギャラリーのハミルトンの契約作家として知られている。先週末に「West Pier」展が大盛況のうちにが終了したばかりだ。
同展の一部として出品された、デジタルデータから制作された銀塩モノクロプリント(DGSM Print)なら額装込みで10万円以下で購入可能だ。ただし写真展で展示した限られた数のプリントしかない。セイケのアナログ銀塩写真は20万円~、インクジェット写真も18万円~。いつかはトミオ・セイケの作品と思っている人は検討してみるとよいだろう。彼の作品価格は外貨建てなので、最近の円安で円貨の店頭価格は上昇が見込まれている。

Westpiers2
"West Pier, Snow(2), 2008" (C) Tomio Seike

3.マイケル・デウィック
先月、フリップス・ロンドンで開催されたオークションで"Surf'up 1,Montauk,NY, 2006"のエディション5/5、67X91cmサイズ作品が3万ポンド(約570万円)で落札されたデウィック。現在は初監督映画の制作に打ち込んでいる。
彼の作品は最低でも24万円以上するのだが実はぎりぎり10万円以下で買える作品もある。それは、プリント付の限定写真集だ。"Mermaid"、"Habana Libre"(各限定100部)の在庫がわずかだけ残っている。

Tropicana4
"Club Tropicana dancer, Habana, 2010" (C) Michael Dweck

4.ブライアン・ダフィー
ダフィーといえばデビッド・ボウイのLPジャケットの写真が有名。中でも1973年の"アラジン・セイン(Aladdin Sane)"はロックアルバム史上に残る名作だ。ダフィーはすでに亡くなっているのだが、今年は被写体のボウイのサインが入った100㎝四方の巨大作品が約180万円で売りに出されて大きな話題になった。しかし、この代表作のダフィー・アーカイブスのエンボスが入った小ぶりのエステートプリン(サインなし)なら、フレーム付で34,560円(税込)で入手可能だ。多少の在庫があることを先ほど確認している。

Duffy1
"David Bowie, Aladdin Sane, 1973" (C) Duffy Archive

5.フランス・ベルエポック時代のファウンドフォト
戦前のフランスで撮影された写真家不詳の写真作品のコレクションからだ。この時代の写真はジャック・ヘンリ・ラルティーグが有名なのだが、同じような富裕層の人が撮影したプライベート写真だと思われる。ファウンドフォトはどのように作品を選んで見せるかがポイントなる。私どもは当時の時代性が反映されたファッション性が高い写真をセレクションして小ぶりの木製フレームに入れてみた。これらは作家性が強くない、お洒落な雰囲気の写真なのでプレゼントにも向いていると思う。販売価格は10,800円(税込)~。ファウンドフォトという写真の性格上すべてが1点ものだ。

6.サイン入り限定版フォトブック
フォトブックの中で、出版社が差別化して制作するのは、アーティストのサイン入りスリップケース入り限定フォトブックだ。価格的にはプリント付限定版と通常版の中間となる。だいたい500ドル(約6万円)以下で購入できる。本として考えると高価だが、視点を変えてアート写真のマルチプルと考えると割安と感じるだろう。

・ライアン・マッギンレイ(Ryan Mcginley)
「You and I」
Twin Palms Publishers, 2013
限定150部

・メルヴィン・ソコルスキー(Melvin Sokolsky)
「Paris 1963 / Paris 1965」 Paris Signiture edition
Leafcar Editions, 2011
限定800部

・ウィリアム・エグルストン(William Eggleston)
「5X7」
Twin Palms Publishers, 2006
限定150部

現在ギャラリーは、先週末に写真展が終了して不定休の営業となっている。
もしご興味のある作品やフォトブックがある人は、メールで確認してから来てほしい。
info@artphoto-site.com

現在、スケジュールを調整中だが、12月の週末に上記作品を展示する期間限定のクリスマス・フェアを開催するかもしれない。詳しくはアート・フォト・サイトとブリッツ・ギャラリーのウェブサイトで告知する予定だ。

| | トラックバック (0)

2014年12月 2日 (火)

欧州アート写真オークション結果
コレクションの歴史が作り上げた多様で
重層的な市場

ここ数年はパリ・フォトが行われる11月中旬に合わせて欧州各都市でアート写真オークションが活発に開催されている。ついに今年は以下のような凄まじい過密スケジュールになっている。出品作の種類も、19世紀写真、20世紀写真のヴィンテージ・プリントやモダン・プリントから現代アート系まで本当に雑多。大手業者は、クリスティーズが  "Kaspar M. Fleischmann"コレクションの単独セール、 ササビーズがマン・レイ作品に絞ったセール、フィリップスが現代アート系のエマージング作家を中心にした"Ultimate  Contemporary"を開催するなどかなり力を入れている。中小業者は、大手が扱わない知名度の低い作家の作品、サインがないヴィンテージ作品やフォトブックなども出品。
全体を俯瞰するに、富裕層から中間層までのあらゆる種類のコレクター向けの多種多様な作品が提供されている印象だ。

Phillipsldn2014
Phillipsロンドンのカタログ
*11月中旬に欧州各都市で行われたオークションのリスト
11.13 Christie's Paris
        "Collection of Kaspar M. Fleischmann" 148点、70%
11.14 Christie's Paris
        "New York par Berenice Abbott Collection
          Kaspar M. Fleischmann" 67点、76%
11.14 Christie's Paris "20/21" 113点、76%
11.14 Sotheby's Paris "Photographies" 196点、57.6%
11.15 Sotheby's Paris "MAN RAY" 272点、65%
11.14 Artcurial Paris
        "Andre Kertesz: An Important French Collection" 
    99点、69%
11.14 Artcurial Paris "Photography" 142点、58%
11.18 Phillips London
    "Photographs from the Collection of the
         Art Institute of Chicago" 86点、64%
11.18 Phillips London
    "Photography" 122点、62%
11.21 Dreweatts & Bloomsbury London
    "Photographs & Photobooks" 224点、47%
11.21 WestLicht Vienna
    "Photographica" 191点、75%

(記載の数値は、出品作品数、落札率)

高額落札は、やや場違いの感じがする現代アートの巨匠アンドレアス・グルスキー(Andreas  Gursky)の"Sans titre、2006"が、ササビーズ・パリで落札予想価格上限の2倍を超す409,500 ユーロ(約5937万円)で落札。
Dreweatts & Bloomsbury・ロンドンでは、イアン・マクミラン(Ian Macmillan)がビートルズのアルバム・アビーロードを撮影した"The Abbey Road Session, The Complete Set、1969"が、驚異の179,800ポンド(約3326万円)で落札された。作家の知名度は低いものの、イコン的な作品への強い需要が改めて印象付けられた。
フィリップス・ロンドンでは、ロドニー・グラハム(Rodney Graham)の"Welsh Oaks、1998"が122,500ポンド(約2265万円)で落札されている。

Sothebys2014_new
ササビーズパリのカタログ
単純に計算すると上記オークションの平均落札率は約64%。もちろん最近はネットが普及したことで中心市場の米国のコレクター、業者も参加している。しかし米国と比べて低成長が続く欧州で、約1週間強の期間中に約1000点もの写真作品が活発に売買され、約19億円を売り上げたことになる。
興味深いのは、中小業者開催のオークションでは地元密着の写真家の作品が数多く出品されていることだ。世界的に知名度がない写真家は高額落札されることはないが、重要なのはローカルの写真家の作品でさえ市場で流動性のあることだ。たぶん買い手は地元欧州のコレクター・業者と思われる。
オークションのセカンダリー市場は、これまでのギャラリー店頭で売買された膨大な写真作品の積み上げがあるから成立している。セカンダリー市場の存在は、ギャラリー店頭で購入する写真作品は資産価値を持ち、将来的にオークションなどで売却できることを意味する。フォトフェアやギャラリーで写真が売れるのは、このような重層的なセカンダリー市場が背景にあるからだともいえる。
翻って日本には、日本人写真家のセカンダリー市場自体が存在しない。過去にギャラリーで売られた作品でも、写真家が世界的に知名度のないと相場が存在しない。売ろうとしてもネット・オークションくらいしかなく、値段がついても二束三文のことが多い。ギャラリーで高い写真が売れないのは当然のことなのだと思う。
 
さて次のマーケットの関心は12月11~12日にササビーズ・ニューヨークで開催される"175 MASTER WORKS TO CELEBRATE 175 YEARS OF PHOTOGRAPHY"となる。これはアート写真の振興のために活動を行っている"Joy of giving something foundation"コレクションからのセールとなる。内容は、銀塩写真だけでなく、ダゲレオタイプ、ダイトランスファー、デジタル写真までを含む写真史を包括的に網羅する多様なコレクション。非常に貴重な、アルフレッド・スティーグリッツ、エドワード・スタイケン、エドワード・ウェストン、ポール・ストランドなどの20世紀写真の珠玉のヴィンテージ・プリントが複数点出品される。落札予想価格の上限が50万ドル(約6000万円)を超える多数作品もあり、年末の市場にどれだけのエネルギーが残っているかが試されることとなる。

(1ユーロ/145円、1ポンド/185円、1ドル/120円で換算) 

| | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »