« ギスバート・ハイネコート写真展
「70’s Rock Photography
(70’s ロック・フォトグラフィー)」
| トップページ | セレブリティ―の写真はアート作品に
なり得るのか?
アート写真の新ジャンル誕生の予感 »

2015年1月27日 (火)

フォトブック・コレクション指南
写真家評価リスト利用のすすめ

ゼロ年代になってからフォトブックの出版数が非常に増えている。販売チャンネルも洋書店だけでなくなった。規格品なのでネット通販と相性がよく、国内外の大小様々なオンライン・ブックショップで売られている。
新刊の情報収集は、多くの人が出版社やネット書店のメール・マガジンなどで行っているだろう。しかし、いまや発信される情報量は膨大で、忙しい日々を過ごしている個人では彼らが推薦している全てをフォローするのは不可能になっている。フォトブックもまるで新譜の音楽CDと同じような状況になってしまった。

膨大なフォトブックの中から、どのように自分の求める1冊を選んでコレクションしていくか? いままで何回も取り上げてきたテーマだが、今回は少し違う視点からアドバイスを行ってみたい。
フォトブックは、本を通して提示される写真家のテーマ、コンセプト、スタイルの創造性が、フォトブック史、写真史、アート史と照らし合わせて評価されることになる。キャリアを積んだ写真家の場合、過去に評価が繰り返し行われている。その結果、すでにある程度の順列が出来上がっている。より高評価の写真家のフォトブックの方が内容が優れている可能性が高いと想像できる。

以下に、写真家の評価レベルを推しはかるための参考基準を点数化して提示してみた。最も重要なのは、その写真家がそれまでに制作した作品やフォトブックのアート市場での評価だ。情報は写真家のプロフィールをネットで検索すれば容易に入手できる。 オークションの実績もいまやネットで調べられる。リストで算出した得点が高い人、つまり作品に市場性がある人が新作フォトブックを出版した場合は内容をチェックした方がよいだろう。

フォトブック購入時の写真家評価リスト

・主要オークション会社での取引実績がある。
(クリスティーズ、ササビーズ、フィリップス)
--- 5点
・主要美術館で個展、回顧展の開催実績がある。
--- 5点
・主要都市の老舗アート・ギャラリーで個展開催がある。
--- 4点
・過去のフォトブックにプレミアムが付いている。
--- 3点
・美術館で開催された企画グループ展の参加実績がある。
--- 3点
・美術館で開催された新人グループ展の参加実績がある。
--- 2点
・主要都市の中堅アート・ギャラリーで個展開催がある。
--- 1点

しかしこれらの基準に当てはまる写真家はかなりの数に上る。人間は様々な価値基準を持っており、自分が好きでないものを無理して買っても興味が続かない。最終的な判断は、まず自分が好きで興味を持てるテーマを持つフォトブックを選び、その中で自分に新しい視点を与えてくれるコンセプトや、デザインが斬新と感じるスタイルのものを選べばよいだろう。

上記の基準に合致するのは、だいたい写真史、アート史で評価が定まっている写真家になる。これ以外の、新人・若手のフォトブックの場合、写真家の評価が未確定なので上記のリストに該当しないことが多い。当然、全ての人は自分が価値ある仕事をしていると思っているのだが、実際に彼らが提示しているテーマとコンセプトが時代に合致しているかどうかはその人のその後のキャリア展開を見ないと判断できない。つまり初期の仕事は、その後にその人がキャリアを積み重ねた段階で評価が確定する。 キャリア展開に失敗すれば忘れ去られてしまう。それゆえ、新人・若手のフォトブックの評価では、テーマとコンセプトは評価者の個人的好みに偏りがちになり、どうしても外見のスタイル面に目がいきがちになる。つまりポートフォリオ構築の方法論、ブック・デザインの評価に重点が傾いてしまうのだ。
したがって、新人・若手のフォトブックの評価は、将来的に歴史に残る可能性がある写真家の一人であるという評価者の予想なのだ。いま世界中で数多くのフォトブックの新人賞が企画されている。写真家が作家活動を継続する動機づけを与えるためにこのような賞は重要な意味を持つ。 しかし、若い受賞者が勘違いして、方法論の繰り返しに陥るリスクもはらんでいる。
「FIRST PHOTOBOOK」などの各種新人賞は出版界の活性化のために関係者によって行われる業界振興策的な面もあるので、くれぐれも絶対的な評価と勘違いしないでほしい。

私はアート・フォト・サイトで毎週1冊の新刊フォトブックを紹介している。候補をリストアップするときは、上記の「フォトブック購入時の写真家評価リスト」を大まかな基準にしている。 膨大なフォトブックの中から自分のための1冊を見つける参考になれば幸いだ。

|

« ギスバート・ハイネコート写真展
「70’s Rock Photography
(70’s ロック・フォトグラフィー)」
| トップページ | セレブリティ―の写真はアート作品に
なり得るのか?
アート写真の新ジャンル誕生の予感 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170909/61044450

この記事へのトラックバック一覧です: フォトブック・コレクション指南
写真家評価リスト利用のすすめ
:

« ギスバート・ハイネコート写真展
「70’s Rock Photography
(70’s ロック・フォトグラフィー)」
| トップページ | セレブリティ―の写真はアート作品に
なり得るのか?
アート写真の新ジャンル誕生の予感 »