« 横木 安良夫 写真展
『Day by Day( デイ・バイ・デイ )』
ヴィンテージと最新ラムダ・プリントを見比べる
| トップページ | 「ジ・エマージング・フォトグラフィー・アーティスト2015」
グランプリは韓国出身のイ・スジンに決定! »

2015年10月13日 (火)

「ジ・エマージング・フォトグラフィー・アーティスト2015」 10月18日まで開催中!

"ジ・エマージング・フォトグラフィー・アーティスト2015"「新進気鋭のアート写真家展」が10月13日から六本木のAXISビル地下1階のシンポジアでスタートする。今年の参加者は以下の12名。学校による推薦はすべて個別の先生によるものだ。

小池 莉加(東京工芸大学)、今野 竣介(東京工芸大学)、吉田 麻美(岡山県立大学)、毛 宣惠(日本大学)、陳 程(日本大学)、山本 圭一(東京ビジュアルアーツ)、馬場 さおり(九州産業大学)、イ・スジン(大阪芸術大学)、岩佐・ジェームズ・スワンソン(大阪芸術大学)、松本 典子(飯沢耕太郎)、浅田 慧子(公募)、橋岡 慶嵩(公募) 

2012年に始まった同展も今年で第4回目を迎える。グループ展は仲間同士で開催することが多いので緊張感がない場合が多い。しかし本展では写真の専門家により推薦された若手写真家がオリジナリティーを競うことになる。参加者だけではなく、推薦者の指導力も同時に問われることになる。さらに来場者や関係者による人気投票によるグランプリ選出を行っている。露骨に参加者の人気度の順位までつけているのだ。

この投票については様々な意見がある。本展にはアーティストを目指すつもりの人たちが参加しているから、アート作品としてのオリジナリティーを評価しなくてはならない。 参加者がその本来の意味を理解しているかはともかく、それにはアート写真の理解力を持った観客が、各人の発信するメッセージを読み解いて評価してもらうことが必要だ。残念ながら今の日本では、アートと認識して作品に能動的に対峙する人は非常に少ないだろう。特に写真に関してはその傾向が顕著で、多くは表層だけをみて、自分の好き嫌いを述べるだけだ。
ところが、実に不思議なことに過去2回の結果を見るに、投票結果は写真の表層というよりも内容がかなり的確に評価されたものだった。ヴィジュアル重視の作品は、予想通りに上位にはくるのだがトップにはなれないのだ。


Blog_2
 
2013年グランプリの三善チヒロ(左の作品)や、2014年グランプリの重松駿(右の作品)のメッセージは決して単純で表層的ではない。かなり玄人受けするような内容だった。理由を色々と考えてみた。
投票用紙には自分が優れていると評価する1位から3位までを書いてもらうのがこのような興味深い結果を生んでいるのではないだろうか。1位だけの記載だとヴィジュアル面の好みだけを書く人も、3人となると違う基準で選ぶのではないだろうか。つまり、ヴィジュアル感覚は好きか、嫌いかなので、2番目に感覚的に好きという評価はないのだと考えられる。それゆえ2位と3位は、表現が面白いとか、テーマが興味をそそられるとか、別の基準で決めているのではないか。それは表層の好き嫌いというよりも、内容の評価に近くなってくると考えられる。ヴィジュアル面の好みと比べて、一般の人の内容の評価はそんなにばらけないのではないだろうか?
もう1点気付いたのは、会場で行ってくれた、自作を語るアーティスト・トークが前記の二人とも非常にわかり易かったことだ。多くの人が、他人の作り上げたテーマとコンセプトを自作に当てはめて語ることが多い。 しかし、二人は決して洗練されてはいないものの自分で考えて導き出されたメッセージを伝えようとしていた。作家のメッセージが本人の言葉で多くの人に伝わったことが投票数に影響したことは十分に考えられる。
注目の参加者のギャラリー・トークは、今年も10月17日と18日に予定している。写真が売れないといわれる日本でも、アーティストの可能性を追い求めている優れた新人が存在する。アーティストを目指す人、写真コレクションに興味ある人、新人を探しているギャラリーなどは必見の展示だと思う。
今年は13日~18日までの1週間の開催。注目のグランプリ発表は18日の午後4時を予定している。私はだいたい会場にいるので、見つけたら遠慮なく声をかけてほしい。

“The Emerging Photography Artist 2015”
(ジ・エマージング・フォトグラフィー・アーティスト 2015)
 -新進気鋭のアート写真家展-
 2015年10月13日(火)~10月18日(日)
 午後 12時 ~ 7時 (最終日5時) / 入場無料
 会場:シンポジア
 六本木 アクシスビル 地下1階
http://www.axisinc.co.jp/building/eventdetail/436

|

« 横木 安良夫 写真展
『Day by Day( デイ・バイ・デイ )』
ヴィンテージと最新ラムダ・プリントを見比べる
| トップページ | 「ジ・エマージング・フォトグラフィー・アーティスト2015」
グランプリは韓国出身のイ・スジンに決定! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170909/62467678

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジ・エマージング・フォトグラフィー・アーティスト2015」 10月18日まで開催中!:

« 横木 安良夫 写真展
『Day by Day( デイ・バイ・デイ )』
ヴィンテージと最新ラムダ・プリントを見比べる
| トップページ | 「ジ・エマージング・フォトグラフィー・アーティスト2015」
グランプリは韓国出身のイ・スジンに決定! »