« 2015年秋のNYアート写真シーズンが到来! 最新オークション・レビュー | トップページ | コレクションの基礎(3)
インテリア向け写真作品の現状 »

2015年11月10日 (火)

テリー・オニール「All About Bond」展が
香港で開催
ザ・ペニンシュラ・ホテルなどで展示

ジェームス・ボンドの新作映画「007 スペクター」現地公開に合わせて、香港でテリー・オニールの「All About Bond」展が開催された。

Blog1
The Cat Street Galleryの外観
香港島の骨董品店やギャラリーが集まるハリウッド・ストリートにあるザ・キャット・ストリート・ギャラリーで、写真家本人も参加してレセプションが11月3日に行われた。香港は家賃が極端に高いので、会場は日本のようにコンパクトな広さだった。しかし、メインストリートに接した面はすべてガラス張りで、天井も高く、狭い感じは全くしない。ここは写真専門ではなく、普段は現代アート系を幅広く取り扱っている。
Blog2

会場では、テリー・オニール撮影の歴代ボンド作品が展示されるとともに、ボンドが愛したとされるカクテルのドライ・マティーニが、物語と同じように実際にシェイクされて招待客に振る舞われたりしていた。来場者は西洋人が中心で、非常に華やかな雰囲気だった。中国経済の減速と通貨高から、現地の景気はかなり悪いとのこと。しかし富裕層にはあまり関係ないようで、特に高額作品の売り上げが好調のようだった。 こちらは、11月8日までの開催。

なお、テリー・オニールのボンド作品は、ザ・ペニンシュラ香港でも展示されている。 実は同ホテルは1974年公開「007 黄金銃を持つ男」(The Man with the Golden Gun)のロケで実際に使用されている。ボンドの敵であるスカラマンガの美しい愛人、アンドレア・アンダースが宿泊していたホテルという設定だ。
こちらの有名フレンチ・レストランのガディス(Gaddi's)につながる2階廊下に多数のフレーム入り作品が12月10日まで飾られている。この期間に同地に旅行される人はぜひ立ち寄って欲しい。
Blog3
The Penninsula Hong Kong

香港といえば日本人にとってかつては買い物天国だった。久しぶりに香港に行って感じたのは値段や商品面で物欲を刺激するものがないことだった。
理由はいくつかあるだろう。まず昨今の円安だ。香港ドルは米国ドルとリンクしているのでホテル代から食事、お土産品まですべてが割高だ。そして長く続いたデフレのせいで日本の方が商品の品揃えが多く、また割安になっている。もはや多くの日本人にとって大中で売っているような雑貨に興味はないだろう。
免税店の洋酒や化粧品類は日本よりも高い。免税の洋酒が近くの信濃屋よりはるかに高いのには驚いた。また売れないからだろう、帰りの飛行機でもカートでの免税品の機内販売がなかった。
人はなんで旅で何かを買おうとするのか。それは、自国では高額なものが旅先では大幅に安いからだろう。中国人の日本での爆買いもまさにそのことによる。
来日経験がある英国人に"日本の方が食事もおいしいし、物価も安いだろう?日本人が香港に来る理由は何かあるか?"と聞かれて答えに窮してしまった。いろいろ考えて"夜景"としか答えられなかった。私たちにとって、香港は何度も行くような魅力的な旅先ではなくなったようだ。

さて日本でも12月4日の新作映画「007 スペクター」公開にあわせてテリー・オニール「All About Bond」展が東京広尾のインスタイル・フォトグラフィー・センターで12月4日から20日まで、2016年1月~2月にかけて、下目黒のブリッツで開催される。
カラー・モノクロを含む約30点の作品が展示予定。ショーン・コネリー、ロジャー・ムーアから、最新作のダニエル・クレイグまでの5名の正式なボンドとともに、ウルスラ・アンドレス、オナー・ブラックマンなどの美しきボンド・ガールも含まれる。またオフィシャルなものから、非常に珍しい映画のオフ・ショットや、出演者のパーソナルな瞬間をとらえたイメージもある。「All About Bond」は、テリー・オニールの写真でシリーズ50年の歴史を振り返ることができる、ボンド・ファンはもちろん、アート写真ファンにとっても必見の写真展といえるだろう。

会期(1):インスタイル・フォトグラフィー・センター
2015年12月4日(金)~ 12月20日(日)
1:00PM~6:00PM / 休館 月曜日 / 入場無料

〒106-0047 東京都港区南麻布5-2-9
東京メトロ日比谷線 広尾駅下車 徒歩7分
--------------------------------------------------------------------
会期(2):ブリッツ・ギャラリー
2016年1月8日(金)~ 2月6日(土)
1:00PM~6:00PM/ 休廊 日・月曜日 / 入場無料

〒153-0064  東京都目黒区下目黒6-20-29
JR目黒駅からバス、目黒消防署下車徒歩3分 / 東急東横線学芸大学下車徒歩15分

|

« 2015年秋のNYアート写真シーズンが到来! 最新オークション・レビュー | トップページ | コレクションの基礎(3)
インテリア向け写真作品の現状 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170909/62652439

この記事へのトラックバック一覧です: テリー・オニール「All About Bond」展が
香港で開催
ザ・ペニンシュラ・ホテルなどで展示
:

« 2015年秋のNYアート写真シーズンが到来! 最新オークション・レビュー | トップページ | コレクションの基礎(3)
インテリア向け写真作品の現状 »