« 2015年の日本マーケットを振り返る
市場の二極化が進行する
| トップページ | 村上隆のスーパーフラット・コレクション
―蕭白、魯山人からキーファーまで―
横浜美術館
展覧会レビュー »

2016年1月26日 (火)

2015年アート写真オークション
高額落札ベスト10

最近はオークションでの高額落札のランキングの集計が複雑化してきた。写真と広く定義すると現代アート系・オークションに出品される写真表現による作品が含まれてくる。アート写真と比べて、1点ものの絵画などを含む現代アート市場は値段スケールが格段に高いのだ。100万ドル(約1.15億円)を超えるケースは珍しくない。ちなみに2015年にアート写真でこの大台を超えた作品はない。100年前の有名写真家の貴重なヴィンテージ・プリントよりも、エディションがついた現存作家の巨大デジタル写真の方がはるかに高額で落札されるのは珍しくない。それゆえ、ここではオークションのなかの、アート写真関連、つまり"Photographs"と区分されるからカテゴリーから高額落札を選んでみた。
しかし、最近はさらに状況を複雑化しているオークションも散見される。アート写真系でも一部の落札予想価格が高額な作品が現代アート系オークションに出品されることがある。(ダイアン・アーバスやウィリアム・エグルストンなど。)それらも今回の集計に含めることにした。

このような紛らわしい様々な解釈があるのは、現在のオークション・カテゴリーが過渡期を迎えていることの表れだろう。実際に、最近のオークションには、複数ジャンルにまたがるものが急増している。クリスティーズ・パリの「アイコンズ&スタイルス」、ササビーズ・パリの「Now!」、Bloomsburyロンドンの「Mixed Media: 20th Century Art」、ササビーズ・ロンドンの「Made in Britain」、ササビーズ・ニューヨークの「Contemporary Living」などだ。いずれも"Contemporary Art"、"Photographs"、"Prints"、"20th Century Design"のカテゴリーなどの、現代アート、写真、版画、家具、オブジェなどが企画趣旨によって同時に出品されている。以前も触れたが、いま大手オークションハウスは新しいカテゴリー分けの実験を世界各地で行っているのだ。

さて高額落札だが、現代アート系オークションで落札された写真作品を含めると、
1位 シンディー・シャーマン
"Untitled Film Still #48, 1979" 
  US$2,965,000(約3.4億円) 
2位 トーマス・シュトルート 
"Thomas Struth, Pantheon, Rome, 1990" 
  US$1,810,000(約2.08億円)
3位 アンドレアス・グルスキー
"Shanghai, 2000" 
  £1,109,000(約1.94億円)となる。

この3人と、現代アート系アーティストのリチャード・プリンス、ギルバート&ジョージ、ゲルハルト・リヒター、ジョン・バルデッサリを除外。また、リー・フリードランダーの38点の"The Little Screens Series,1961-70"、ニコラス・ニクソンの40点の"The Brown Sisters  Series,1975-2014"  はポートフォリオなので除外している。
以上の条件で集計したアート写真の高額落札ベスト10は以下の通りになった。

1.ヘルムート・ニュートン  
"Walking Women, Paris,1981"(3点組み作品) 
  US$905,000(約1.04億円)
2.ダイアン・アーバス 
"Child with a toy hand grenade in Central Park, N.Y.C.,1962" 
  US$785,000(約9027万円)
3.ロバート・メープルソープ
"Man in Polyester Suit,1980" 
  US$478,000(約5497万円)
4.アルフレッド・スティーグリッツ 
"From the Black-Window,-291",1915" 
 US$473,000(約5439万円)
5.ロバート・メープルソープ 
"Man in Polyester Suit,1980"
 £361,500(約4699万円)
6.ダイアン・アーバス 
"A Family on their Lawn one Sunday in Westchester, NY, 1968" 
US$365,000(4197万円)
7.リチャード・アヴェドン 
"Dovima with Elephants,1955" 
  US$341,000(約3921万円)
8.マン・レイ 
"Reclining Nude with Satin Sheet,1935" 
  US$329,000(約3783万円)
9.ウィリアム・エグルストン 
"Memphis, 1969-1970" 
  US$305,000(約3507万円)
10.ハーブ・リッツ 
"Versace Dress, Back View, El Mirage, 1990" 
  £158,500(約2773万円)

(1ドル/115円、1ユーロ/130円、1ポンド/175円で換算)

しかし、写真作品といっても巨大サイズの現代アート的な要素を持つ作品が特にファッション系で増えている。いわゆるラグジュアリー商品化したといわれている種類のアート写真だ。1位のフィリップス・ニューヨークのイーブニング・セールでのメイン作品だったヘルムート・ニュートンの"Walking Women, Paris, 1981" 。これは、171.5 x 149.5 cmサイズの巨大な銀塩写真の3枚組みセット。
Blog

Phillips New York, 2015, April 1 "Photographs"

また7位のリチャード・アヴェドン"Dovima with Elephants,1955"は、125.8X101.6cm、 10位のハーブ・リッツ"Versace Dress, Back View, El Mirage, 1990"も、134.5X107cmの超巨大作品なのだ。
かつては、銀塩写真の巨大作品は、アナログ写真の引き伸ばしには限界があることからアート写真コレクターにはあまり好まれなかった。これらの巨大作品の高額落札は、明らかに違う価値観を持つ現代アート系コレクターが購入しているのだろう。アート写真としては高額だが、現代アートの相場からすると魅力的な値段に見えるのではないか。

|

« 2015年の日本マーケットを振り返る
市場の二極化が進行する
| トップページ | 村上隆のスーパーフラット・コレクション
―蕭白、魯山人からキーファーまで―
横浜美術館
展覧会レビュー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/170909/63125315

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年アート写真オークション
高額落札ベスト10
:

« 2015年の日本マーケットを振り返る
市場の二極化が進行する
| トップページ | 村上隆のスーパーフラット・コレクション
―蕭白、魯山人からキーファーまで―
横浜美術館
展覧会レビュー »